2012年7月7日 第2回若手研究者セミナー「<サバルタニティ>の射程」のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2012年06月14日

東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会を開催いたします。

万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください。
※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は要りません。

2012年度FINDS第二回若手研究者セミナー
タイトル:<サバルタニティ>の射程――インド社会における被抑圧世界の断片から
日時:7月7日(土)13:00~17:00
場所:東京外大本郷サテライト3Fセミナールーム
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

ラナジット・グハを編者として『サバルタン研究』が刊行されてから今年で30年の節目となる。既存の歴史叙述をエリート主義であると批判し、「下からの歴史」を目指したサバルタン研究グループの初期のアプローチは、その後ポストコロニアル批判へと転回していった。そこでは、「サバルタン」を自律的な被抑圧層として固定的にとらえる視点は破棄され、特定の事象のミクロな分析から抽出される権力的・抑圧的な力学を捉える方向、すなわち「サバルタニティ(サバルタン性)」を捉える視点へと転化していったのである。しかしながら、「サバルタン」を「被抑圧層」や「大衆/民衆」などの同意語として実体的に捉える状況も依然として存在する。

本研究会では、歴史学、社会学、人類学などの学際的な視点を盛り込みつつ、トライブ、不可触民、ムスリムなど多様な主体を対象とすることで捉えることのできる被抑圧的状況の断片をつなぎ合わせ、今一度「サバルタニティ」という語の可能性と不可能性を浮き彫りにしたい。

発表者

杉本浄(東海大学)
「サバルタニティの空間: オリッサ州鉱山開発の過程と被開発者」

鈴木真弥(中央大学)
「『ポスト』ガンディー/アンベードカルの『不可触民』: 『ハリジャン』と『ダリット』の交錯

小西公大(東京外国語大学)
「欲望は歌にのせて: タール沙漠ムスリム芸能集団にみる「語り」の可能性」

木村真希子(明治学院大学)
「環境のガーディアンか、森林の破壊者か:アッサムの森林地帯における先住民族『不法居住者』の事例より」

コメンテータ
粟屋利江(東京外国語大学)
押川文子(京都大学)

FINDAS International Workshop “Alternative Public Sphere?: Dalit Praxis and Gender”(12th May)のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2012年04月05日


5月12日にダリット・フェミニズム及びダリト文学に関する国際ワークショップを開催いたします。
会場は東京外国語大学府中キャンパス本部管理棟「大会議室」になります。
皆様の参加を心よりお待ち申し上げております。
タイムスケジュールは以下のようになっております。

※詳細なタイムスケジュールはこちらのPDFファイルをご覧ください。
※各登壇者のアブストラクトがダウンロードできます。各登壇者のタイトル下の「Abstract」をクリックしてください。
※ポスターのダウンロードは右クリックから「名前を付けて画像を保存」を選択してください。
We are pleased to announce an international Workshop on ‘Dalit Feminism and Literature’ held by FINDAS on May.12th(Sat.), 2012, as follows;
(Detailed time schedule will be available. click here)
*Abstracts of speakers are available. Click the “Abstract” shown below the speaker’s title.

FINDAS:International Workshop
(The Program of Contemporary India Area Studies at Tokyo University of Foreign Studies)

Title;
Alternative Public Sphere?: Dalit Praxis and Gender

Venue: Tokyo University of Foreign Studies
Large Conference Room @Honbu Kanri Tou

(http://www.tufs.ac.jp/english/access/)

Date: 12th May, 2012

Time: 10:00-

Opening Address
Toshie AWAYA (Director of FINDAS)

Session 1: Translating Caste, Transcending Caste
Chair: Kiyoshi SUGIMOTO (Tokai University)

1. Rita KOTHARI (Indian Institute of Technology, Gandhinagar)
‘Caste in a Casteless Language? : A translation view of Dalit literature in India’
Abstract_Rita Kothari

2. Sharmila REGE (Krantijyoti Savitribai Phule Women’s Studies Centre,University of Pune)
‘Dr. B.R Ambedkar: A feminist reclamation’
Abstract_Sharmila Rege

Comment: Kenta FUNAHASHI (Kyoto University)
Discussion

Session 2: Literature, Activism, Gender
Chair: Kensaku MAMIYA (Tokyo University of Foreign Studies)

1. Ji Eun, LEE (Sogang University, Seoul)
‘Female Sexuality at Large?: Reading Dalit masculinity in the contemporary texts’
Abstract_JELee

2. Hideaki ISHIDA (Daito Bunka University)
‘Women in Hindi Dalit Literature’

3. Anandhi S. (Madras Institute of Development Studies)
‘Discrimination and Development: Dalit women’s activism in rural Tamilnadu’
Anstract_Anandhi S

Comment:
Miwako SHIGA (Senshu University)
Hisae Komatsu (Slavic Research Center, Hokkaido University)

Discussion

General Discussion

Closing Remarks
Kodai KONISHI (Research Fellow of FINDAS)

Reception (18:30-)

2012年度 第1回FINDAS若手研究者セミナー<教育とポリティクス>のお知らせ(4月28日(土))≪終了しました≫

掲載日 | 2012年04月04日

FINDAS外大拠点では、今年度第1回目の若手研究者セミナーを下記の日程で行います。

皆様のご参加をお待ちしております。

——————————————————————————–
日時:4月28日(土) 13:00~17:00
場所:本郷サテライト3F セミナールーム
(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
——————————————————————————–

テーマ:
<教育とポリティクス――現代南アジアの教科書にみる言語・歴史・宗教>

報告者1.澤田彰宏(東洋大学東洋学研究所)
タイトル:「近年のインドにおける歴史教科書をめぐって」

要旨:
インドでは先のインド人民党を中心とする連立政権時に、公教育においては、国家機関(NCERT)のナショナル・カリキュラム作成や歴史教科書の書き換えなど、政府からの介入などが起きた。それはヒンドゥー・ナショナリズムにもとづく国づくりの一環であったともみなせる。その後、現国民会議派中心の政権に移行したことで、再度新たなカリキュラムと教科書がつくられた。
本発表では、この2つ政権時の歴史教科書の内容、特に宗教に関する記述を比較して、何がどうかわったのかを検討する。また、新しい教科書で示そうとしているインド史・インド社会象がどのようなものであるのかを考えてみたい。

報告者2.須永恵美子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
タイトル:「多民族国家パキスタンの歴史観と国民像:学校教育において共有される言説の事例を通して(仮)」

要旨:
2012年3月、パンジャーブ州南部とスィンド州北部にまたがるサラーイキー語話者を中心とした、州自治権獲得要求が国民議会にかけられた。このニュースの背景には、パキスタンが1947年の独立当初より民族ごとの独立を妨げるため、民族と州/言語と州の線引きを意図的にずらしていたことがあげられる。この他にも、隣国インドとの差異化をはかり、東パキスタン独立による国家崩壊の危機を乗り越えるため、政府主導の国民統合政策が繰り返されてきた。
本発表では、これらの国民統合の結果、どのようなパキスタン人像が共有されているのかを明らかにする。分析対象は、初等・中等教育で使われているウルドゥー語の教科書とし、この中で細切れに語られる歴史を、ムガル朝史、独立闘争史、現代史などに整理した上で、そこで語られるパキスタン史の特徴や言説の潮流を明らかにする

——————————————————————————–

2012年度 第1回FINDAS研究会のお知らせ(4月15日(日))≪終了しました≫

掲載日 | 


ショートノーティスとなってしまい申し訳ございませんが、FINDAS外大拠点では研究会を下記の日程で行います。

今回の研究会は、5月12日に行われるFINDAS国際ワークショップ「Alternative Public Sphere?: Dalit Praxis and Gender」のプレ報告会という位置づけです。

(国際WSに関しましては追って詳細をご連絡差し上げます)
また本研究会は、インド文学史科研(「多言語重層構造をなすインド文学史の先端的分析法と新記述 (基盤A)」)との共催となります。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

***************

4月15日(日)13:00~17:00
場所: 東京外国語大学サテライト 7F会議室
(住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-10 03-5805-3254)
(アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html )

***************

テーマ:ダリト・フェミニズムの現在―文学の視角から

発表者1:粟屋利江(東京外国語大学)
タイトル:「グローバル状況下のダリト運動概観:ダリト文学・フェミニズム研究動向を中心に」

発表者2:石田英明
タイトル:「ヒンディー・ダリト文学と女性」

——————————————————————————–
万障お繰り合わせのうえご来場ください。

FINDAS事務局

FINDAS 第七回研究会「非暴力運動の射程:ガーンディーからアラブの春」(1月25日)≪終了しました≫

掲載日 | 2011年12月26日

現代インド地域研究事業、外大拠点FINDASでは、今年度7回目となります研究会を開催いたします。
今回はトロント大学から著名な論客ラミーン・ジャハーンベーグルー氏をお呼びし、ワークショップを行います。
希少な機会となりますので、万障お繰り合わせのうえ足をお運びください。

日時: 2012年1月25日(水)10:40-12:20

場所: 東京外国語大学府中キャンパス 研究講義棟406室
http://www.tufs.ac.jp/access/

テーマ:
非暴力運動の射程―ガーンディーからアラブの春

趣旨:
イランの緑運動および「アラブの春」民衆運動など近年の非暴力的反抑圧運動を、ガンディーの非暴力論の観点から議論するトロント大政

治哲学教授、ラミーン・ジャハーンベグルーを迎え、現代における非暴力論の射程を多方面から議論する。

講演者略歴
ラミーン・ジャハーンベグルー(Ramin Jahanbegloo)
トロント大学政治学科准教授(政治哲学)。1956年イラン・テヘラン生まれ。
滞仏歴20年ののち、1997年からと2003年から数年ずつイランで教べんを取る。2005年から2007年まではインド滞在。2006年にテヘラン空港

で逮捕され、政治犯として4ケ月抑留される。非暴力と寛容を説く論者として著名。
著書に『アイザイヤ・バーリンとの対話』、『ガンディー』、『暴力を超えて』など。
http://jahanbegloo.com/

コメンテーター:
伊勢崎賢治(東京外国語大学)
長崎暢子(龍谷大学)

※科学研究費「紛争国における政治的・外交的寛容育成のための民族融和教育手法の確立」(代表:伊勢崎賢治)との共催です。
※主要言語:英語(通訳なし)
※26日(木)10:40-12:20 には研究講義棟227室にて同講演者の学生向きの特別講義もございます。こちらも合わせてご参加ください。
※一般参加歓迎!事前のご連絡は必要ございません。

15 / 20« 先頭...10...1314151617...20...最後 »