2011年2月11日 第5回FINDAS若手研究者セミナー 「南アジア系ムスリム移民・国家・ジェンダー」《終了しました》

掲載日 | 2011年01月13日

第5回FINDAS若手研究者セミナー
テーマ:「南アジア系ムスリム移民・国家・ジェンダー」
期日:2011年2月11日(金)
時間:13:00~17:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト7階会議室(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

発表者:
工藤正子(京都女子大学)
発表タイトル:
「ムスリム移民の家族形成とジェンダー:パキスタン人男性と日本人女性との国際結婚の事例から」
発表要旨:
 ムスリム移民の家族とジェンダーの関係性について、パキスタン人移住者と日本人との結婚の事例を中心に検討する。1980年代以降、日本では就労目的で来日したパキスタン人男性と日本人女性の結婚が増加した。これらのトランスナショナルな家族の形成プロセスを検討し、そのジェンダー関係に宗教やその他の諸要因がいかに関与しているのかについて、異なる移住の歴史をもつ英国のパキスタン系移民の状況とも比較しつつ、考察したい。

発表者:
斎藤紋子(東京外国語大学)
発表タイトル:
「ミャンマーにおけるイスラーム教徒の位置づけ:法律・制度の運用実態から」
発表要旨:
 ミャンマーは100以上の民族を抱える多民族国家を標榜するが、英植民地時代の移民の子孫は「土着民族」の枠外に置かれたままである。本報告では、インド系の祖先を持つがミャンマー文化の受容で土着化したと主張するムスリムへの調査から、彼らが同化を志向しながらもミャンマー国民の周縁に留め置かれる要因を検討する。

コメンテーター:
萩田 博(東京外国語大学)
粟屋利江(東京外国語大学)

2010年12月9日 第4回FINDAS研究会 “Domestic Workers in India: Feudal Contracts or Flexible Workers?” 《終了しました》

掲載日 | 2010年11月12日

 第4回FINDAS研究会

期日:2010年12月9日(木)18:00より
発表者:Rajni Palriwala (University of Delhi)
発表タイトル:“Domestic Workers in India: Feudal Contracts or Flexible Workers?”
コメント:押川文子(京都大学)/ 幅崎麻紀子(山形大学)
場所:本郷サテライト7階会議室(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

2010年12月4・5日(土・日) INDAS 国内全体集会 《終了しました》

掲載日 | 
ポスター

クリック!

FINDAS外大拠点では、MINDAS国立民族学博物館拠点との合同で、「社会変容とメディア:グローバル・インドの諸相」をタイトルに、本年度の国内全体集会を開催いたします。  

現代インドにおける社会変動とメディアのかかわりを歴史的、多角的に検討するために、「プリント・メディアと社会運動」、「文化産業とメディア」、「宗教とメディア」、「南アジア系ディアスポラとメディア」の4つのセクションを設けて12名の方にご発表いただきます。  

国内全体集会プログラム  

要旨集はこちらをクリック→全体集会要項集(PDFファイル)  

期日:2010年12月4・5日(土・日)  

全体テーマ:「社会変容とメディア:グローバル・インドの諸相」 

場所:東京外国語大学  本部管理棟2階 大会議室  

アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/  

*1日目——————————————–  

12:30 受付開始  

13:00~13:30   

学長あいさつ  

人間文化研究機構 機構長あいさつ  

趣旨説明 粟屋利江(東京外国語大学)  

総合司会:水野善文(東京外国語大学)、三尾稔(民博)  

第1セッション  プリント・メディアと社会運動   

司会:押川文子(京都大学)  コメント:井坂理穂(東京大学)  

13:30 安永有希(東京外国語大学)  

「ヒンディー語の娯楽小説と印刷・出版」  

14:00 舟橋健太(京都大学)  

「現代インドにおけるダリト運動の展開とメディア―ウッタル・プラデーシュ州における仏教改宗運動の事例から―」  

14:30 志賀美和子(龍谷大学)  

「非バラモン/ドラヴィダ運動とメディア」  

15:00~15:45 コメント・討論  

コーヒー・ブレイク 15:45~16:00  

第2セッション 文化産業とメディア  

司会:土佐桂子(東京外国語大学)   コメント:杉本星子(京都文教大学)  

16:00 五十嵐理奈(福岡アジア美術館)  

「文化産業としての現代アート―商業ギャラリーの美術マーケット戦略」  

16:30 井上貴子(大東文化大学)  

「グローバル化時代のインドの音楽産業とメディア」  

17:00 山下博司・岡光信子(東北大学)  

「グローバル化のなかのインド・映像メディア産業-人材育成とメディア教育の現況にも触れて-」  

17:30~18:15 コメント・討論  

懇親会  18:30~20:00 (大学会館1Fにて)  

*2日目—————————————–  

第3セッション  宗教とメディア  

司会:高島淳(東京外国語大学)  コメント:松川恭子(奈良大学)  

10:30  池亀彩(民博)  

「グルは電子メディアの夢をみるか?現代インドにおける宗教権威の増幅、即時性、そして異議申し立て」  

11:00  鈴木晋介(民博)  

「スリランカにおける布袋塑像の普及とグローバル風水ビジネス」  

11:30  福内千絵(民博)  

「石版印刷技術の進展と宗教画イメージの変容-20世紀前葉ラヴィ・ヴァルマー・プレスの作品を中心に」  

12:00~12:45 コメント・討論  

昼食  12:45~13:45  

第4セッション  南アジア系ディアスポラとメディア  

司会:寺田吉孝(民博) コメント:岩谷彩子(広島大学)  

13:45  小松久恵(北海道大学スラブ研究所)  

「Mummy’s Boysの奮闘:現代アジア系英国作家が描く親子関係」  

14:15  栗田知宏(東京大学)  

「UKエイジアン音楽の現状とパンジャービー音楽の位置づけ―Jay SeanとImran Khanを中心に」  

14:45  竹村嘉晃(民博)  

「ローカル神とメディアとのつながり―ケーララ州の神霊信仰がグローバルに拡がるとき」  

15:15~16:00 コメント・討論  

コーヒー・ブレイク 16:00~16:15  

全体討論 16:15~17:30  

司会:水野善文(東京外国語大学)、三尾稔(民博)

2010年12月1日 FINDAS講演会 ”Hijacked haikus and muzzled ghazals: Problems in transplanting poetic genres” 《終了しました》

掲載日 | 

FINDAS 講演会  
日時:2010年12月1日(水) 18:00-20:00
発表者:Peter Hook教授(Michigan大学・Virginia大学)
演題:”Hijacked haikus and muzzled ghazals: Problems in transplanting poetic genres”
場所:東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟422(総合文化研究所会議室)

アクセスマップ→(http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/campusmap.html)

なお、開催場所はいつもの本郷サテライトではなく、府中キャンパスですのでご注意ください。
(フック氏のHPはこちら→http://www-personal.umich.edu/~pehook/)

参加自由

2010年11月28-29日 国際ヒンディー・セミナー 《共催》 《終了しました》

掲載日 | 

国際ヒンディーセミナー2010, 大阪大学  

International Hindi Seminar 2010, Osaka University   

11月28日(日)大阪大学コンベンションセンター2階会議室2 
11月29日(月)大阪大学コンベンションセンター1階研修室 

アクセス:http://55099zzwd.coop.osaka-u.ac.jp/convention/map.html
(大阪大学吹田キャンパス千里門から約15分、阪大本部前から約5分)

 【プログラム】  

11月28日(日)  

09:30~ Registration  

10:00~10:30 Inaugural Session  

杉本孝司(大阪大学外国語学部長、教授)、Vikas SWARUP(Consul General of India, Osaka)、田中敏雄(東京外国語大学名誉教授)、高橋明(大阪大学世界言語研究センター長、教授)、Ajay Kumar GUPTA(Indian Council of Cultural Relations, Senior Program Director)、古賀勝郎(大阪外国語大学名誉教授)  

10:40~12:15 Session1: Hindi-Urdu Teaching and its New Technology and  Methods in Japan  

Yogendra Nath SHARMA ‘Aruna’(Principal, Retired, P.G.College,Pilibhit,U.P.)、松木園久子(大阪大学講師)、萬宮健策(大阪大学講師)、高橋明(大阪大学教授)  

13:15~15:00 Session2: Hindi-Urdu : Phases of Development  

 V.P.Muhammad Kunj METHARU(Professor,Retired, Kerala University)、加賀谷寛(大阪外国語大学名誉教授)、Anwaar AHMAD(大阪大学特任准教授)、北田信(東方研究会 研究員)  

15:15~17:00 Session3: Literary Creativity, Translation and Language   Teaching  

Ravinder Kalia(Director, Bharatiya Jranpeeth, New Delhi)、石田英明(大東文化大学教授)、Suresh RITUPARNA(東京外国語大学客員教授)、Harjender CHAUDHARY(大阪大学特任准教授)、三木雄一郎(大阪府立市岡高等学校教諭)  

11月29日(月)   

09:00~ Registration  

09:30~11:00 Session4:Language Teaching and Culture  

Ajay Kumar GUPTA(ICCR)、坂田貞二(拓殖大学名誉教授)、松村耕光(大阪大学教授)、小磯千尋(大阪大学講師)  

11:15~12:30 Session5: Hindi-Urdu Teaching : Japanese Perspective   

Arpana SARASVAT(Professor, Central Institute of Hindi)、溝上富夫(大阪外国語大学名誉教授)、Yasmeen Sultana  Naquvi(元大阪大学特任准教授)、山根聡(大阪大学教授)  

13:30~15:15 Session6: Teaching of Hindi as a Foreign Language and Some  Practical Problems  

長崎広子(大阪大学准教授)、倉橋愛(大阪大学言語文化研究科博士前期課程2年)、中西要(大阪大学言語文化研究科博士前期課程1年)、Lakshmidhar MALAVIYA(元大阪外国語大学客員教授)、西岡美樹(大阪大学講師)  

15:30~16:30 Session7:Open Session  

Mamta Kalia(Editor,“Hindi”)  

16:30~17:00 Closing Addresses  

主催:大阪大学世界言語研究センター(RIWL)  

共催:NIHUプログラム「現代インド地域研究」東京外国語大学拠点(FINDAS)  

協力:大阪大学外国語学部、在大阪インド総領事館  

お問い合わせ:takahasi@world-lang.osaka-u.ac.jp/072-730-5294(Tel&Fax)  

 अंतरराष्ट्रीय हिन्दी सम्मेलन 2010, ओसाका विश्वविद्यालय 

   

ポスター
ポスターは画像をクリック!
15 / 17« 先頭...10...1314151617