2012年12月23日 第4回FINDAS若手研究者セミナー「ディアスポラ文学と<オーセンティシティ>への挑戦―現代英国インド系作家を読む―」のお知らせ<終了しました>

掲載日 | 2012年12月01日

 

東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領でディアスポラ文学に関する研究会を開催いたします。

※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。

 

 

***************************
2012年度 第4回FINDAS若手研究者セミナー
「ディアスポラ文学と<オーセンティシティ>への挑戦―現代英国インド系作家を読む―」

日時:2012年12月23日(日)13:00~17:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト 7階会議室

発表者 1:
松木園久子(大阪大学)
「Salman RushdieまたはJoseph Anton ―オーセンティシティを問いかける名前」

本発表では、Salman Rushdieが駆使する名前に焦点を合わせ、彼が描き、また生きている世界に迫りたい。彼の小説は、登場人物の名前が非常に寓意に富んでいる点が特徴的である。先ごろ出版された自伝のタイトル“Joseph Anton”も、ホメイニ師による死刑宣告を警戒して実際に用いられた彼自身の偽名を示している。人の名前は一般に、生まれた文化や社会、そして言語によって規定され、翻訳不可能なものといえるだろう。しかし移民先あるいは他言語においては、たとえば姓が示す信仰や出自などは理解されず、誤った発音で呼ばれるなどして、本来のオーセンティシティを保てなくなる。これはアイデンティティをも揺るがす象徴的な異文化体験だが、さらに興味深いのは、改名したり、別名や匿名を用いることにより、アイデンティティが操作される側面である。たとえば“The Satanic Verses”(1988)では、一人の人物に対してSaladin Chamcha、Spoono、Salahuddin Chamchawalaなどの名前が使い分けられている。Rushdieの小説や自伝に描かれた名前にまつわる事例を通して、オーセンティックなインド性が定められ、求められ、また変質する過程を考察していく。

発表者 2:
小松久恵(北海道大学スラブ研究センター)
Too Asian, not Asian enough ―「ディアスポラ文学」を考える

本報告は現代英国で活躍中の若手インド系作家を取り上げ、彼らの文学活動に常につきまとう「オーセンティシティ」について検討するものである。2000年代に入り、特に9.11以降英国において南アジア系の作家(ブリティッシュ・エイジアン)による文学は、「隠された世界を明らかにする内側からの発信」として大きな注目を集めるようになった。しかし彼らの文学作品は常に、その作品内容に関わらず「エイジアン」あるいは「インド系」という帰属レッテルに基づいて評価され、書き手には「オーセンティシティ」が要求される。移民2世、3世にあたる彼らはそのレッテルや期待にどのように向き合い、対処しているのか。日本ではまださほど馴染みのない若手インド系作家を複数紹介しながら考察する。

コメンテーター:
井上暁子(北海道大学スラブ研究センター、移民文学研究)

2012年度第3回FINDAS研究会(11月17日(土))「インド、『食』をめぐる断章」のご案内≪終了しました≫

掲載日 | 2012年11月01日

東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会を開催いたします。

ショート・ノーティスとなり、申し訳ございまえん。
万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は要りません。

***************************
2012年度第3回 FINDAS研究会

日時:2012年11月17日(土)13:00~17:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーション3室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

テーマ:
「インド、「食」をめぐる断章」

発表者:
■小磯千尋 Chihiro KOISO(大阪大学)
「マラーティー語料理本に見るヒンドゥー儀礼食と『マハーラーシュトラ料理』」
要旨:
1990年代以降、マラーティー語で書かれた料理(レシピ)本が数多く出版されている。それらの本で紹介されている料理は全インド的になってはいるが、必ず「ウプワース(断食)」用の食事の章がある。マハーラーシュトラのヒンドゥー教徒にとっての断食の意味とその食事内容について、実際の儀礼食を通して考察したい。
■井坂理穂 Riho ISAKA(東京大学)
「植民地期インドのミドル・クラス家庭における『食』」(仮)
要旨:
本報告は、植民地期インドのミドル・クラス家庭において、食のあり方や料理方法をめぐり、どのような変化が生じていたのか、また、それらの変化に関して、ミドル・クラスの人々の間でどのような議論が展開されていたのかを検討するものである。そこには、ミドル・クラスが理想とする家庭のあり方(とりわけ女性のあり方)や、彼らがどのように自らの社会的地位やアイデンティティを規定しようとしたのかが表れている。本報告では、インド西部の知識人たちの記述に焦点をあてながら、植民地統治下でのミドル・クラスの自己認識と食の変化との関連を、同時代の政治的・社会的文脈から考察する。

***************************

以上、よろしくお願い申し上げます。

2012年10月27日 第3回FINDAS若手研究者セミナー<コロニアル状況と知の力学>のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2012年10月03日

東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会を開催いたします。

万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください。

※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は要りません。

*************

2012年度 第三回FINDAS若手研究者セミナー<コロニアル状況と知の力学>

日時:2012年10月27日(土)13:00~17:00

場所:東京外国語大学本郷サテライト4階セミナールーム

コロニアル状況下に生産された大量の資料の精査から、当時の知の力学を明らかにします。今回は若手3人にご登壇いただき、それぞれ刑罰制度史、「ヴァナキュラー」をめぐる言語問題、国勢調査の問題を取り上げ、多様な主体による植民地的「知」の創造過程とポリティクスの輪郭を浮き彫りにしていきます。

■それぞれのタイトルと要旨

発表者1:宮本隆史(東京大学)

タイトル:

「英領インドの刑罰制度史における規律と抵抗の再考察―監獄の比較制度史に向けて」

要旨:
19世紀の英領インドにおける監獄は、植民地統治の諸技法が試された「実験場」、そして囚人による諸実践の行なわれた空間として、研究者に 注目されてきた。特にフーコー派の規律権力論とサバルタン研究の強い影響のもとに開始された「植民地監獄」研究の路線では、植民地当局が「規律化」のプロジェクトとして監獄を導入したと位置づけると同時に、囚人を一方的な被支配の対象ではなく折衝能力をもった主体として描くという叙述パターンがみられた。しかし他方で、制度がなぜ特定の経路を通って変化したのかについて説明することは中心的な問題とされてこなかった。この報告では、英領インドの海峡植民地と北西州というふたつの領域における監獄制度の変化の経路を比較することを通じて、その変化の要因を考察する。そのうえで、統治思想や囚人の行動選択といった諸要因を、制度変化との関連において位置づけなおす必要があることを論じる。

発表者2:足立享祐(東京外国語大学)

タイトル:

「近代インドの言語問題における「ヴァナキュラー」――植民地形成期のマラーティー語論を事例として」

要旨:
近代インドを特徴付ける一つの命題は、統治者の言語として圧倒的な卓越を示すこととなった英語と、「ヴァナキュラー」として位置づけられたインド諸語との関係性がもたらす言語問題である。インド諸語が果たしてきた歴史的な役割については、言語別州再編に代表されるようなアイデンティティの形成、或いはより近年では公共圏や印刷文化という近代的な場の構築と云った観点から論じられてきたが、本報告ではそれらの原点とも云うべき、植民地形成期におけるインド諸語の地位、規範そして学習といった言語計画の観点から、「ヴァナキュラー」であることが持つ意味を改めて問い直すものである。具体的な事例として、東インド会社資料並びにインキュナブラを用いつつ、英領インドボンベイ管区が実質的にインド西部を統治していく過程の中、知印派東インド会社職員と現地知識人の間で繰り広げられた「マラーティー語」論の歴史的な展開を取り上げたいと考えている。

発表者3:三瀬利之(清泉女子大学)

タイトル:

「<インド>を数量化する――帝国主義期の英領インド国勢調査プロジェクト」

要旨:

英領インドの国勢調査といえば、植民地政府によるインド社会の定量化プロジェクトの金字塔ともいうべき存在である。なかでも「カースト・部族・人種統計」は、分割統治や支配の道具を象徴する代表的事例として語られてきた。しかしこれまで、その情報生産において働く具体的な力学についての学術的な解明は、関連資料の膨大さゆえにか、十分におこなわれてきたとはいい難い状況である。本発表では、おもにインド国立公文書館所蔵の「稟議」段階での資料にもとづき、とりわけ内務省における事案の策定原理、国勢調査長官職や事務次官職などの人事過程、現地人協力者やインフォーマントの特徴などに注目して、従来の通説ではあまり光があてられてこなかった、帝国主義期の国勢調査が有していた独特の性格について議論してみたい。

*************

2012年10月13日 第2回FINDAS研究会「草の根の女性運動からみる現代インド」のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2012年09月23日
2012年度第二回FINDAS研究会のお知らせ
東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会を開催いたします。
万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください。
※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は要りません。
***************************
<草の根の女性運動からみる現代インド>
日時:2012年10月13日(土)13:00~18:00
場所:東京外国語大学本郷サテライト7階会議室
(https://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=200522744642110342136.0004bc83a563d350057bd&msa=0)
現代インドにおける女性の草の根運動から、開発および政治参加の可能性を探る。
発表者:
■菅野美佐子 KANNO Misako(日本学術振興会)
“Politics of Intimacy :Women’s Network and Rural Democracy in Uttar Pradesh”
■喜多村百合 KITAMURA Yuri(筑紫女学園大学)
“Beyond ‘the Politics of Presence’: Women’s Participation in Panchayat Governance in Kerala”
■A. Dhanalakshmi(Acharya Bangalore B School, Bangalore)
“Micro Financial Initiatives of Centre for Rural Health and Social Education (NGO) among Women Self Help Groups in Tamil Nadu”
※使用言語:日本語および英語
***************************

2012年7月7日 第2回若手研究者セミナー「<サバルタニティ>の射程」のお知らせ≪終了しました≫

掲載日 | 2012年06月14日

東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会を開催いたします。

万障お繰り合わせのうえ、ご参加ください。
※どなたでもご参加可能です。事前のご連絡は要りません。

2012年度FINDS第二回若手研究者セミナー
タイトル:<サバルタニティ>の射程――インド社会における被抑圧世界の断片から
日時:7月7日(土)13:00~17:00
場所:東京外大本郷サテライト3Fセミナールーム
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

ラナジット・グハを編者として『サバルタン研究』が刊行されてから今年で30年の節目となる。既存の歴史叙述をエリート主義であると批判し、「下からの歴史」を目指したサバルタン研究グループの初期のアプローチは、その後ポストコロニアル批判へと転回していった。そこでは、「サバルタン」を自律的な被抑圧層として固定的にとらえる視点は破棄され、特定の事象のミクロな分析から抽出される権力的・抑圧的な力学を捉える方向、すなわち「サバルタニティ(サバルタン性)」を捉える視点へと転化していったのである。しかしながら、「サバルタン」を「被抑圧層」や「大衆/民衆」などの同意語として実体的に捉える状況も依然として存在する。

本研究会では、歴史学、社会学、人類学などの学際的な視点を盛り込みつつ、トライブ、不可触民、ムスリムなど多様な主体を対象とすることで捉えることのできる被抑圧的状況の断片をつなぎ合わせ、今一度「サバルタニティ」という語の可能性と不可能性を浮き彫りにしたい。

発表者

杉本浄(東海大学)
「サバルタニティの空間: オリッサ州鉱山開発の過程と被開発者」

鈴木真弥(中央大学)
「『ポスト』ガンディー/アンベードカルの『不可触民』: 『ハリジャン』と『ダリット』の交錯

小西公大(東京外国語大学)
「欲望は歌にのせて: タール沙漠ムスリム芸能集団にみる「語り」の可能性」

木村真希子(明治学院大学)
「環境のガーディアンか、森林の破壊者か:アッサムの森林地帯における先住民族『不法居住者』の事例より」

コメンテータ
粟屋利江(東京外国語大学)
押川文子(京都大学)