【お知らせ】 『FINDAS International Conference Series 1: Women’s Work in South Asia in the Age of Neo-liberalism』を刊行しました!

掲載日 | 2017年07月06日

2017年1月8日に開催いたしました国際ワークショップの成果として、プロシーディングス『FINDAS International Conference Series 1: Women’s Work in South Asia in the Age of Neo-liberalism』を刊行しました。下記の「研究成果」のページからダウンロードすることができます。

研究成果

製本冊子をご希望の場合には、送料着払いにてお送りいたします。FINDAS事務局のメールアドレス findas_office[at]tufs.ac.jpまで、メールにてお知らせください。

 

We have published the 2017 international conference proceedings, “FINDAS International Conference Series 1: Women’s Work in South Asia in the Age of Neo-liberalism”. The conference was held on 8th of January 2017 and 6 South Asia specialists from India, Pakisthan, Bangladesh and Japan contributed their research articles.

Please click here for downloading:     http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/production

 

【終了】 2017年度 TINDAS/FINDAS共催セミナー TINDAS/FINDAS Seminar (7/3)

掲載日 | 2017年06月14日

 

TINDAS/FINDAS Seminar
July 3rd (Mon), 2017.  18:30-20:30
Collaboration Room 3, 4F, 18 Building, Komaba Campus, University of Tokyo
Language: English
2017年度 TINDAS/FINDAS共催セミナー 
日時:2017年7月3日(月) 18:30~20:30
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム3
使用言語:英語
※本セミナーは予約不要で、どなたでもご参加いただけます。

◆Hanna H. Kim (Associate Professor of Anthropology, Adelphi University, New York)

“Embedded Meanings and Relations: Reckoning Swaminarayan Akshardham Temple Complexes Through Material and Devotional Tracings”

 

The striking visibility and monumental dimensions of Swaminarayan Akshardham temple complexes have provoked curiosity and raised questions about the community responsible for their construction.  Who has constructed the Akshardham temple complexes in India; what connections are there between Akshardham, religious nationalism, and the globalisation of Hinduism; why does Akshardham appear to support the branding and commodification of religion?  These questions, asked by analysts of Akshardham, suggest that knowledge about the temple complex builders and their motivations can be acquired by probing the overlapping arenas of religion, politics, migration, and economic liberalisation in modern India.  While not discounting the historical and political economic contexts out of which the Akshardham complexes emerge, this presentation explicitly focuses on the materiality of the Swaminarayan Akshardham temple complexes: what do these architectural and spatial sites accomplish?  As built objects, the temple complexes engender, provoke, and nurture responses; they create relationships, initiate self-transformations, and offer avenues by which their publics, including their builders and Swaminarayan followers, interpret the spaces of their everyday lives.  By looking more closely at what Akshardham accomplishes, it is possible to trace the links between the material and relational, between objects and peoples, and between the builders of Akshardham and their publics.  Tracing these connections, the Swaminarayan Akshardham complexes are sources of discursive assemblages, no less significant for their devotional importance as they are spaces that support the materialisation of relationships, power, and sentiments.  As with the story of any large-scale architectural project, understanding the Akshardham temple complexes rests on connecting multiple discourses and exploring how these relations are enmeshed in materialities that are neither static nor homogeneous.

 

◆ディスカッサント/Discussant:
小牧幸代 (高崎経済大学)/Sachiyo Komaki (Takasaki City University of Economics)

 


 

The University of Tokyo, Integrated Area Studies on South Asia (TINDAS)

The Center for South Asian Studies, Tokyo University of Foreign Studies (FINDAS)

【終了】 2017年度 第二回FINDAS共催研究会 「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」 (7/1)

掲載日 | 
2017年度 第二回FINDAS共催研究会
科研基盤研究(B)研究代表:水野善文
「南アジア多言語社会における複合文化のなかの文学伝承」共催
日時:2017年7月1日(土) 13:00~18:00予定
場所:東京外国語大学 本郷サテライト 8階・セミナー室

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、7月1日(土)に、
東京外国語大学本郷サテライトにて、下記のとおり研究会を開催いたします。

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

1)研究報告
◆川村 悠人 (日本学術振興会特別研究員SPD/京都大学)
「直接表示、間接表示、そして暗示―サンスクリット言語論における言葉の三機能 」
 ‘‘Denotation (abhidhā), Indication (lakṣaṇā), and Suggestion (vyañjanā): Three Functions of Words in Sanskrit Linguistic Theories’’
本発表の目的は、サンスクリット伝統文法学と伝統詩学の視点から、文学における言葉の意味表示機能とそれが鑑賞者にもたらす効果の実質を検討、説明することにある。本稿は、文学史書「表現技法の章」(横地教授担当)に企図されているコラム「文学における言葉の機能」の草稿である。
◆手嶋 英貴(京都文教大学・教授)
「祭馬追跡エピソードの起源―『マハーバーラタ』と初期仏典の比較―」
  “Conceptual basis of the “horse-chasing episode” in the Āśvamedhika-Parvan: Revealed in the comparison between the epic and Buddhist texts.”
『マハーバーラタ』第14巻「アーシュヴァメーディカ・パルヴァン」に描かれた、アルジュナによるアシュヴァメーダの祭馬追跡と、それにともなうカウラヴァ側の残敵たちの平定というエピソードの成り立ちを検討する。主な考察の手がかりは、パーリ長部経典『マハースダッサナ・スッタンタ』に描かれている、転輪王による輪宝追跡エピソードである。
◆坂田 貞二(拓殖大学・名誉教授)
「民謡に見られる近代と現代の歴史―ヒンディー語のブンデーリー方言の民謡に詠われたインド大反乱の模様とインド独立への途」
   “Bundeli Folk Songs sung on Queen of Jhansi, Mahatma Gandhi etc. who fought agaist British Rule and brought the Independence of India” 
ジャンスィーの女王が反英大反乱の先頭に立ち、その志を引き継いだガーンディーやネルーらがインドの独立に尽力した。そのさまがジャンスィー地方で話されるブンデーリー方言の民謡でどう詠われているかを、検証したい。
2)討論
諸連絡<文学史科研関係者のみ>
以上

【終了】 2017年度 第一回 FINDAS研究会「ベンガル民衆文化の歴史と祝祭空間」 (6/24)

掲載日 | 2017年05月25日
2017年度第一回FINDAS研究会
「ベンガル民衆文化の歴史と祝祭空間」
日時: 2017年6月24日(土) 13:00~17:00予定
場所: 東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナー室

http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

南アジア地域研究・東京外国語大学拠点(FINDAS)では、2017年6月24日(土)に、
東京外国語大学本郷サテライトにて、下記のとおり共催シンポジウムを開催いたします。
※予約不要でどなたでもご参加いただけます。
________________________________________________________________________________________
◆澁谷俊樹(関東学院大学・非常勤講師)
「ベンガルのガジョン祭祀の変容と民衆文化論」
Transformation of Gajan Festival in Bengal and ‘Popular Culture’

ベンガルのガジョン祭祀は、シヴァを筆頭とした男神を主神とする自傷行為を伴う行事である。本報告はカルカッタのガジョンの現状と歴史を整理し、民衆文化論に位置づけた上で次の三点を明らかにする。一、ベンガルは女神信仰の盛んな地域といわれてきたが、19世紀前半のカルカッタでは男神信仰も非常に盛んだった。二、当時のガジョンは今日聞かれるような単純な「下層民の文化」ではなかった。三、刃物へのジャンプに代表される儀礼の解釈は、有力市民と儀礼の担い手との歴史的な鬩ぎ合いのなかで構築されている。

◆臼田雅之(東海大学名誉教授)
「ガジョン祭祀の変容をめぐる歴史的考察」
Historical Analysis of the Transformation of Gajan Festival

澁谷報告の所見に基づき、またそれを敷衍し、ガジョン祭祀の近世・近代における変容について歴史的に考察する。はじめに、近世末期のコルカタにおいて、ガジョン祭祀がドルという近世的組織と密接な関係を持っていた点を指摘する。つづいて、近代になって、1865年の鉤吊の法的禁止から1880年までの短期間に、ガジョン祭祀が急激に後景化することを明らかにし、その同じ時期にドルが消滅することを指摘し、両者がベンガル近代における下層民の後景化と密接に結びつくと論じる。

【終了】 2017年度 FINDAS共催 南アジア映画上映 (6/10)

掲載日 | 2017年04月28日

2017年度 東京外国語大学主催、FINDAS共催 南アジア映画特集

『わな おじいちゃんへの手紙』上映会

14:00開演(13:30開場)

会場: 東京外国語大学府中キャンパス アゴラ・グローバルプロメテウスホール

http://www.tufs.ac.jp/access/

入場: 無料、先着順(501名)、申し込み不要

2015年|インド|マラヤーラム語81分|日本語・英語字幕付き(*日本語字幕はTUFS Cinemaオリジナルです。)|監督:ジャヤラージ|原案:チェーホフ『ワーニカ』

【あらすじ】
薄暗い寝床で手紙を書く少年。彼が思いを馳せるのは、水と緑の豊かな南インドの村。8歳で両親を亡くした少年クッターパーイは、大好きなおじいちゃんに引き取られ、入り江でカモを育て、漁をしながら平和に暮らしていた。彼は、裕福な家庭の子供と友達になり、やがて学校へ行きたいという思いを抱くようになる。永遠に続くかに見えた平和な暮らし。だがいつしか、その生活に暗雲が垂れ込める。チェーホフの『ワーニカ』を翻案、ケーララの美しい自然とともに、貧困と格差という残酷な現実を描き出す。2016年ベルリン国際映画祭クリスタル・ベア(Generation Kplus)受賞作品。

1 / 1612345...10...最後 »