2018年度 FINDAS共催 南アジア映画上映 『あるがままに』(6/9)

掲載日 | 2018年05月23日

2018年度 東京外国語大学主催、FINDAS共催 

南アジア映画特集『あるがままに』上映会

日時: 2018年6月9日(土)14:00開映(13:30開場)

会場: 東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール  http://www.tufs.ac.jp/access/

入場無料、申込み不要(先着501名)、一般公開

 

プログラム:

『あるがままに』本編上映
解説:石田英明(大東文化大学 教授)

 

主催:東京外国語大学
共催:東京外国語大学拠点南アジア研究センター(FINDAS)
協力:Gauurikaa Films / Dr. Mohan Agashe / Ms. Kyoko Dan / Ms. Meenakshi Shedde / Dr. Mizuho Matsuo / Prof. Hideaki Ishida

 

作品紹介:

インド/2013年/マラーティー語/123分
日本語・英語字幕付き(日本語字幕:藤井美佳)

監督:スミットラー・バーヴェー、スニール・スクタンカル

 

【あらすじ】
父が忽然と姿を消した。
町の雑踏を悠然と歩く美しい象。一人の老人が、その象に心を奪われ、ひたすらにあとを追う。象使いは見知らぬ老人を追い払おうとするが、老人は少年のように無邪気にほほ笑むばかりで、そばを離れようとしない。困り果てた象使いは、妻の待つ川辺のテントに老人を連れて帰る。老人は、安住の地を見つけたかのように、象のそばで安らぐのであった。
舞台は西インドのマハーラーシュトラ州プネー。インド古典文学と哲学の権威シャストリ博士は、かつて東洋学研究所の長であった。二人の娘はそれぞれ独立し、博士は自宅で書生と暮らしていたが、アルツハイマー型認知症の兆候が現れ、記憶が失われつつある。娘夫婦が同居を試みるも、育児と介護の両立はたやすいことではなかった。父が姿を消したのは、そんなある日のことである。
偶然が引き合わせた二つの家族。誰にでも等しく訪れる老い。父の不在で立ち現れてきたものとは。

2013年 インド国家映画賞脚本賞受賞作。

https://tufscinema.jp/180609-1/

 

【お問い合わせ】
東京外国語大学 総務企画課広報係( 土日祝をのぞく 9:00-17:00)
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
Tel: 042-330-5150

[南アジア映画特集Facebook]
https://www.facebook.com/TUFScinemaSouthAsia/
[TUFS Cinemaウェブサイト]
https://www.tufscinema.jp
[東京外国語大学ウェブサイト]
http://www.tufs.ac.jp

【お知らせ】南アジア民俗写真データベースを公開しました!

掲載日 | 2018年05月07日

 

 

大学共同利用機関法人人間文化研究機構 地域研究推進事業(南アジア地域研究) 東京外国語大学拠点南アジア研究センター(FINDAS)
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所付属情報資源利用研究センター (IRC)の共催

 

「小西正捷・南アジア民俗写真データベース」の公開

https://southasianfolklore.aa-ken.jp/

 

本プロジェクトは、立教大学名誉教授・小西正捷(こにしまさとし)氏が撮影してこられた約6000点の南アジアの考古学、文化人類学などに関わる写真資料を精査・編集し、広く研究・教育、社会貢献に資する画像資料の情報資源データベースとして、公開しようとするものであります。

東京外国語大学拠点南アジア研究センター(FINDAS)では、2013年度より、小西正捷氏の写真資料、約6000点を受け入れて保存する一方、人間文化研究機構「南アジア地域研究」プロジェクト経費の一部も活用することで、フィルム写真資料の長期保存と研究・活用に資するため、そのデジタル化と資料の年代や位置情報などの関連情報の調査や整理を進めてまいりました。IRC言語文化資料資源化プロジェクトとして公開される本データベースは、FINDASとの連携のもとで、写真アーカイブ資料に関わる関連情報の調査を進め、画像資料の精査と編集を行うことで、南アジア民俗写真データベースとして公開し、その幅広い社会的活用を促進しようとするものであります。

 

◆お問い合わせ◆
東京外国語大学拠点南アジア研究センター事務局 findas_office[at]tufs.ac.jp

 

【終了】 2018 TINDAS・FINDAS Joint International Seminar (5/21)

掲載日 | 2018年04月23日

2018年度 TINDAS・FINDAS共催国際セミナー

(「南アジア地域研究」東京外国語大学拠点、東京大学拠点の共催)

2018 TINDAS・FINDAS Joint International Seminar

 

Date and Time: May 21st (Mon.), 2018, 17:30-19:30
Venue: #407 Lecture Room, 4th floor, Building No. 14, Komaba Campus, The University of Tokyo
Access: http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400020146.pdf

 

 

Program:

17:30-18:10

◆Medha Kudaisya (Associate professor/National University of Singapore)
‘India’s Tryst with Prosperity: The Bombay Plan of 1944’

 

This presentation will explore the origins of the idea of partnership between State and business which go back a January 1944 publication titled, A Brief Memorandum Outlining a Plan of Economic Development for India, popularly known as the ‘Bombay Plan.’ A ninety-page document, published in two parts, the Bombay Plan was authored by leading individuals from the world of commerce and brought out in the final years of British rule, just as Indian intellectuals were beginning to contemplate and envisage what an independent India would mean in economic terms. The Bombay Plan was written at, what may be regarded as, a turning point in the story of Indian business. It marked the institutionalization of a long relationship between business and nationalist leadership, a historic moment when business groups, for the first time, unhesitatingly aligned themselves with nationalist aspirations. It also celebrated a moment of great optimism and confidence amongst businesspersons about the economic future of the country and the role that private enterprise would play. Industry in India in the 1940s was experiencing unparalleled prosperity; exports were flourishing, the capital market was booming, there were signs that sections of both urban and rural populations were prospering and business leaders were confident that India would emerge economically strengthened after the war. Much hope came from the spectacular transformation of India’s debt position and the rapidly accumulating sterling balance that could potentially further fuel industrialization.
Imbued with confidence and hope, business leaders and economists put forth their Plan of Economic Development for India. Examining the economic ideas and policy prescriptions of the Plan, this presentation shows how it was Keynesian in its advocacy of state intervention in demand management, resource mobilization for development and investment decisions while invoking the Austrian economist Friedrich Hayek to warn against state planning. Locating their ideas between almost contradictory doctrinal positions, the presentation will argue that the authors tried to chart a distinct economic future for independent India.

Speaker Bio:

Medha Kudaisya teaches economic and business history at the National University of Singapore. She did a doctorate in South Asian history at the University of Cambridge after a Master’s degree at the Jawaharlal Nehru University in Delhi. Her PhD thesis looked at the trading community of the Marwaris, a diasporic mercantile community which moved from the northern hinterland of India to the port cities of Calcutta and Bombay. Her other interest are the origins and trajectory of development planning in India. Her major publications are The Oxford India Anthology of Business History, (edited), (Oxford University Press, 2012); The Life and Times of G. D. Birla (Oxford University Press, 2003) and Chinese and Indian Business: Historical Antecedents (co-edited with Ng Chin Keong), (Brill, 2009). Her study on the Bombay Plan will be published later in 2018 by Penguin.

 

18:10-18:30   Question and Discussion

 

18:30-19:10

◆Gyanesh Kudaisya (Associate professor/National University of Singapore)
‘How Partition Shaped the Polity: Institutions and Governance in India in the 1950s’

 

The discussion will focus on the ways in which the Partition of 1947 cast its long shadows over the emerging institutions and polity in India, particularly in the formative decade after Independence. Partition’s imprint was manifest in many of the debates within the Constituent Assembly between 1947 and 1949. Examples of its impress could be seen in critical areas such as the design of a federal structure which privileged a ‘strong centre’, the ambiguity which came to surround the discourse on minority rights, the challenges faced by the new Republic in the framing of citizenship laws and, not the least, in the cautious, piecemeal approach taken towards the cartographic reconstruction of political space which took place in the late 1940s and mid-1950s.

Speaker Bio:

Gyanesh Kudaisya teaches South Asian Studies at the National University of Singapore. A historian of contemporary India, he was trained at Jawaharlal Nehru University, New Delhi, and the University of Cambridge. He has co-authored The Aftermath of Partition in South Asia (Routledge, 2000, 2002), authored Region, Nation, Heartland: Uttar Pradesh in India’s Body-Politic (Sage, 2006) and co-edited the three volume Partition and Post-Colonial South Asia (Routledge, 2008). His most recent work is A Republic in the Making, India in the 1950s (OUP, 2017).

 

19:10-19:30   Question and Discussion

 

Language: English
Contact: officetindas[at]gmail.com

*This seminar is free of charge and everyone is welcome.

【新刊のお知らせ】 粟屋利江・井上貴子編2018『インド ジェンダー研究ハンドブック』東京外国語大学出版会が刊行されました!

掲載日 | 2018年04月11日

新刊案内

 

新刊のご案内

粟屋利江 井上貴子 【編】
『 インド ジェンダー研究ハンドブック』
【2018年3月26日発売】
A5判・並製・336頁・定価:本体2200円+税
ISBN 978-4-904575-67-3 

 

http://www.tufs.ac.jp/blog/tufspub/

インドからジェンダーの地平を拓く激動するインド社会を理解するのにジェンダーの視角は必須である。カースト、宗教、階層、エスニシティ、言語、都市と農村、歴史的変化。さまざまな位相とジェンダーの規範とが複雑に絡み合い、多元的なインド社会を形成している。インドの女性をめぐって流布されてきた画一的なイメージから思考を解き放ち、ジェンダー研究の新たな地平を切り拓く画期的な入門書。

 

【 本書の構成 】
はじめに ――インドのジェンダーを学ぶ人々のために
第1章 政治と開発
第2章 経済と労働
第3章 環境
第4章 家族
第5章 信仰と儀礼
第6章 歴史
第7章 表象文化
キーワード解説 事項編/人名編

*7つの章と19のコラム、キーワード解説により、各分野における研究動向と主要な論点を整理。多角的なアプローチから、インドにおけるジェンダー問題の諸相を浮き彫りにする。

【編者紹介】
粟屋利江 (あわや としえ)
東京大学教養学科卒業、同大学院人文科学研究科在学中に、インド、デリー大学に留学。東京大学文学部助手を経て、現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。専門は南インドのケーララを中心とする近現代史およびジェンダー史。主要著書に『現代インド5 周縁からの声』(共編著、東京大学出版会、2015)、『ジェンダー史叢書7 人の移動と文化の交差』(共編著、明石書店、2011)、『イギリス支配とインド社会』(山川出版社、1998)など。

井上 貴子 (いのうえ たかこ)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後、インド、デリー大学音楽芸術学部に4年間留学、南インドの古典声楽を専攻、修士課程を修了して帰国。2005年、東京大学大学院総合文化研究科より博士(学術)取得。現在、大東文化大学国際関係学部教授。専門は南インドの芸能文化史。研究の傍ら演奏活動も行う。主要著書に『近代インドにおける音楽学と芸能の変容』(青弓社、2006)、『ビートルズと旅するインド、芸能と神秘の世界』(柘植書房新社、2007)など。

2018年度 第一回FINDAS若手研究者セミナー「南アジア系移民の文化と社会」  5/26

掲載日 | 2018年04月05日

2018年度 第一回FINDAS若手研究者セミナー「南アジア系移民の文化と社会」

 

【日時】 2018年5月26日(土)13:00~17:00
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 4階セミナー室(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

【報告者・題目】

◆栗田 知宏(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター・客員研究員)

「イギリスのエイジアン音楽産業におけるサブ・エスニシティの力学」
“Dynamics of sub-ethnicity in the British Asian music industry”

イギリスでは「エイジアン音楽」と呼ばれる南アジア系ポピュラー音楽においては、バングラーに代表されるパンジャービー音楽が常に中心的な実践として位置づけられてきた。インド本国や他国出身のパンジャービーのアーティストによる楽曲も人気を博しており、トランスナショナルなパンジャービー音楽の存在感はさらに増してきている。一方、グジャラーティー、ベンガーリー、タミルなどの音楽的要素を含んだ楽曲はほとんど制作されておらず、一般的に注目される機会も非常に少ない。こうしたアンバランスな状況は、エイジアン音楽産業内部のサブ・エスニシティをめぐるいかなる力学によってもたらされているのだろうか。本発表では、グジャラーティー、南インド・スリランカ系、バングラデシュ系の業界関係者へのインタビューなどをもとに、この問いにアプローチしたい。

◆東 聖子(近畿大学国際学部・講師)

「トロント市周辺の南アジア系移民による社会形成と文化的紐帯に関する考察」
“The cultural tie and socialization of South Asian migrants in the Greater Toronto Area”

本発表では、カナダのトロント市周辺に暮らす南アジア系移民が、自身の文化的共通性を介した繋がりをもとに、移民社会を形成し、その一員として生活を営んでいるさまを考察する。出身地、エスニシティ、世代など、様々な差異を横断し人々に共有されるその文化的紐帯が、南アジア系移民による社会形成や社会参画意識などを牽引している様子を、トロント市周辺の事例より報告する。

【使用言語】 日本語

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

1 / 1912345...10...最後 »