2018 The 10th INDAS-South Asia International Conference, “Inclusive Development in South Asia” (12/15-16)

掲載日 | 2018年11月07日

The 10th INDAS-South Asia International Conference
“Inclusive Development in South Asia”

 

【Date】Saturday, December 15 – Sunday, December 16, 2018

【Venue】Large Conference Room 303, Research Institute for Languages and
Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies (TUFS), Japan

【会場】東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所 大会議室

http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/tama.html

NIHUseminar2018

【Program】
The Latest Program[PDF]

 

【Language】 English(通訳なし)

 

 

 

 

Day 1 — December 15, 2018 (Sat.)

9:00 – 9:30 Registration
9:30 – 9:45 Opening Remarks
Nobuhiro Kishigami (Vice-Director, NIHU Executive Director, Japan)
Toshie Awaya (Tokyo University of Foreign Studies, Japan)
____________________________________________________________________________
Session 1: Spatial Dimensions
9:45 – 12:40 Chair: Hidenori Okahashi (Nara University, Japan)
____________________________________________________________________________
9:45 – 10:10 Kentaro Kuwatsuka (Ryukoku University, Japan) (25 min)
Regional Diversity of Work Opportunities and New Economic Space
in India

10:10 – 10:35 Eric Denis(French National Center for Scientific Research, France)(25 min)
When the Rise of Subaltern Urbanization in India Questions the Current
Development Model

10:35 – 11:00 Tatuya Kusakabe(Hiroshima University, Japan(25 min))
Decadal Transitions of the Institutionalization of the School Education System in Rural Bangladesh: Two Cases of Villages in Remote and Suburban Rural Settings

11:00 – 11:25 Kazuo Tomozawa(Hiroshima University, Japan)(25 min)
The Three Spatial Layers of the National Economy in Contemporary India: Regional Disparities, Industrial Locations, and Labor Markets

11:25 – 11:40 Coffee & Tea Break (15 min)
11:40 – 12:40 Comments by Maharjan Keshav Lall(Hiroshima University, Japan)

Discussion

12:40-13:40 Lunch

____________________________________________________________________________
Session 2: Labor Dimensions
13:40 – 17:30 Chair: Hisaya Oda (Ritsumeikan University, Japan)
____________________________________________________________________________
13:40 – 14:05 Shuji Uchikawa (Senshu University, Japan) (25 min)
Migration and Labor Market in India

14:05 – 14:30 Junko Kiso(Ferris University, Japan)(25 min)
Mobility between Formal and Informal Sectors

14:30 – 15:55 Binod Khadria (Jawaharlal Nehru University, India)(25 min)
International Migration of Skilled Workers from India and the GCM: Are there Conflicts of Inclusion versus Exclusion for South Asia?

15:55 – 16:20 Md Mizanur Rahman(Qatar University, Qatar)(25 min)
Making of Bangladeshi Immigrant Enterprises in Canada

16:20 – 16:35 Coffee & Tea Break (15 min)

16:35 – 17:30 Comments by Etsuro Ishigami(Fukuoka University, Japan)

Discussion

18:00 – 20:00 Reception at TUFS University Hall

Day 2 — December 16, 2018 (Sun.)
___________________________________________________________________________
Session 3: Social Dynamics
9:30 – 12:25 Chair: Naonori Kusakabe (Tokyo University of Foreign Studies, Japan)
____________________________________________________________________________
9:30 – 9:55 Kazuyo Minamide(St. Andrew’s University, Japan)(25 min)
Inclusivism with Inequality: Ideology vs. Practical Effectiveness of Education

9:55 – 10:20 Satish Deshpande(University of Delhi, India)(25 min)
Higher Education and the Future of Social Inequality in India

10:20 – 10:45 Sae Nakamura(Kyoto University, Japan)(25 min)
Destitution in Old Age: Living through Asymmetrical Relationship

10:45 – 11:10 Tatsushi Nemoto(University of Tsukuba, Japan)(25 min)
Disjuncture and Collaboration: Buddhists’ Drinking Water Purification Project and Inter-caste Marriage in a Village near Nagpur

11:10 – 11:25 Coffee & Tea Break (15 min)

11:25 – 12:25 Comments by Fumiko Oshikawa (Professor Emeritus Kyoto University, Japan)

Discussion

12:25-13:25 Lunch

____________________________________________________________________________
Session 4: Gender Dynamics
13:25 – 15:40 Chair: Takako Inoue (Daito Bunka University, Japan)
____________________________________________________________________________
13:25 – 13:50 Nivedita Menon(Jawaharlal Nehru University, India)(25 min)
Universal Basic Income: An Anti-capitalist Critique

13:50 – 14:15 Ai Sugie(JSPS / Tokyo University of Foreign Studies, Japan) (25 min)
Do Islamic Norms Impede Inclusive Development of Women? : A Case Study of Islamic Education for Women in Rural Bangladesh

14:15 – 14:40 Seika Sato(Teikyo University, Japan)(25 min)
From “Failed Development” to “Inclusive Development” ? : Views of Ethnic/Caste Minority Women

14:40 – 15:40 Comments by Toshie Awaya (Tokyo University of Foreign Studies, Japan)

Discussion

15:40 – 15:55 Coffee & Tea Break (15 min)

15:55 – 16:55 General Discussion (60 min)
Chair: Hisaya Oda (Ritsumeikan University, Japan), Naonori Kusakabe (Tokyo University of Foreign Studies, Japan)

16:55  Closing Remarks
Kazuo Tomozawa(Hiroshima University, Japan)

2018年度 第四回FINDAS研究会「南アジアの社会福祉」 11/17

掲載日 | 2018年10月24日

2018年度 第四回FINDAS研究会
「南アジアの社会福祉」

 

【日時】 2018年11月17日(土) 13:00~16:45
【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト8階会議室
アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

 

【報告者・題目】

 

◆登利谷 正人 (上智大学)

「パキスタンにおける政治動向と社会福祉」

政治的・社会的に大きな変容を遂げつつあるパキスタンにおける社会福祉に関して、最近の政治・社会動向について
概観した上で、隣国アフガニスタンとの関係や難民問題、さらに福祉に焦点を当てて、その状況について報告する。

 

◆中村 沙絵 (京都大学)

「少子高齢化時代におけるスリランカの社会福祉」

「福祉国家」とも評されるスリランカでは、社会福祉の供給主体としてしばしば国家の役割が強調されてきた。しかし近年、例えば少子高齢化などに対する施策においては、東南アジア諸国と同様に家族主義(/―と自由主義の結合)が主流になりつつあることは明確である。家族も流動化しており、またケアサービスを購入できる人口も限られている状況下では、社会的弱者のセーフティネットとしてCBOや地域住民、聖職者、ボランティアなどがつくる領域が重要な役割を担っていることが推察される。本発表では、スリランカの社会福祉の潜在力や課題を、以上の多様なアクターのせめぎあいや協働といった視点から考えてみたい。

 

◆日下部 尚徳 (東京外国語大学)

「バングラデシュにおける民間開発組織の活動変遷――ソーシャルワークからソーシャルビジネスへ」

本研究は、バングラデシュのNGOの活動変遷をたどり、市民社会論における位置づけを再検討することを通じて、同国の社会福祉政策の課題を明らかにすることを目的とする。バングラデシュにおいては、BRACやグラミン銀行などの民間開発組織が貧困削減に大きな役割を果たしてきた。これら民間開発組織の活動が福祉的な活動からソーシャルビジネスにシフトすることで、バングラデシュの社会福祉にどのようなインパクトがあったのか、検討を加えたい。

 

主催: 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)

【使用言語】 日本語
【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
[E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp
[HP] http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/

【終了】 2018年度 第二回FINDAS若手研究者セミナー「パキスタンのジェンダー・名誉・法制度」  11/11

掲載日 | 2018年10月04日

 

2018年度第二回FINDAS若手研究者セミナー

「パキスタンのジェンダー・名誉・法制度」

 

【日時】 2018年11月11日(日)13:00~17:00

【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 3階セミナー室

アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

 

 

【報告者・題目】

 

◆岡本 友

(東京外国語大学総合国際学研究科博士前期課程世界言語社会専攻修了)

 

パキスタンにおける「名誉殺人」と法規制の変遷 Changes of the law against “Honour Killing” in Pakistan

 

西・南アジアを中心に世界中に広がる「名誉殺人」は、厳しく糾弾される一方でその発生件数はなかなか少なくならない。本発表では「名誉殺人」多発地帯ともいえるパキスタンにおける事件例に触れながら、「名誉殺人」と法規制が互いにどのように作用してきたかを考察する。

 

◆劉 高力

(京都大学大学院人間・環境学研究科文化人類学博士後期課程在籍/日本学術振興会特別研究員DC2)

 

第三の性の人と共同生活の「断片」 ”Fragments” of the life with the third gender

 

現代パキスタンは、南アジア諸国の中で最も早く第三の性を承認した国である。第三の性というのは、男、女と男女の範疇にはない、パキスタンでは「ハワージャ・サラー」と呼ばれる性である。発表者は、2012年から2018年まで、合計21ヶ月間パキスタンで現地調査を行い、第三の性と共同生活した。本発表は2016年に作成した「断片」という映像作品から、当時の第三の性の生活現場と最新事情を紹介する。

 

主催: 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)

 

【使用言語】 日本語

 

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局

[E-mail]   findas_office[at]tufs.ac.jp

 

 

【終了】2018年度 第三回FINDAS研究会(INDAS国際シンポジウム事前研究会)  10/14

掲載日 | 2018年09月13日

 

 

 

2018年度 第三回FINDAS研究会

(INDAS国際シンポジウム “Inclusive Development in South Asia”事前研究会)

【日時】 2018年10月14日(日)13:00-16:30予定

【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 7階会議室
http://www.tufs.ac.jp/abouttufs/contactus/hongou.html

※本研究会は、予約不要でどなたでもご参加いただけます。

 

【報告者・題目】

 

◆中村 沙絵(京都大学)
“Destitution in Old Age: Living through Asymmetrical Relationship”

 

◆根本 達(筑波大学)
“Disjuncture and Collaboration: Buddhists’ Drinking Water Purification Project and Inter-caste Marriage in a Village near Nagpur”

 

◆杉江 あい(日本学術振興会特別研究員PD/東外大AA研)
“Do Islamic Norms Impede Inclusive Development of Women? : A Case Study of Islamic Education for Women in Rural Bangladesh”

 

◆佐藤 斉華(帝京大学)
“From “Failed Development” to “Inclusive Development” ? : Views of Ethnic/Caste Minority Women”

 

主催: 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)

 

【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
E-mail: findas_office[at]tufs.ac.jp

 

【終了】 2018年度 FINDAS×社会連携シンポジウム 「ロヒンギャ問題ーー私たちに何ができるのか」 10/7

掲載日 | 2018年09月12日

2018年度 FINDAS×社会連携シンポジウム

ロヒンギャ問題ーー私たちに何ができるのか

【趣旨】
バングラデシュの難民キャンプには100万人以上のロヒンギャが生活をしており、現在にいたるまで、ミャンマーからの流入が続いています。本シンポジウムでは、問題の背景や構造を見据えつつ、ロヒンギャの人々の現状と今後の見通しを、多角的な視点から検討します。また、企業、ソーシャルビジネス、開発コンサルタント、NGOなど、多様な民間アクターによるこれまでの支援を振り返ることから、民間の立場から苦しい立場に置かれたロヒンギャの人びとに対して何ができるのかを考えていきたいと思います。

【日時】 2018 年10月7日(日)13:30~16:50 (受付開始13:00)
【会場】 東京外国語大学(府中)留学生日本語教育センター さくらホール
【アクセス】 西武多摩川線多磨駅下車、徒歩約 8分
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

入場無料、申込み不要(先着90名)、一般公開

【プログラム】

13:00 受付開始

13:30

開会挨拶: 粟屋 利江(東京外国語大学)
司会: 日下部 尚徳(東京外国語大学)

13:35~14:05

問題提起
◆日下部 尚徳
「ロヒンギャ問題への対応はなぜ難しいのか――国際支援と国内政治をめぐる一考察」

活動報告(14:05~15:35)

14:05~14:35

◆末木 綾(株式会社ユーグレナ 海外事業開発部 海外事業開発課係長)
「ロヒンギャ難民へ特製ユーグレナクッキーを配布」

当社は2014年4月よりバングラデシュのスラムに住むこども達へ栄養改善を目標にユーグレナ入りビスケットを配布しています。昨年100万人以上のロヒンギャ難民がバングラデシュへ流入した問題に対し、2017年12月に難民キャンプで20万食の特製ユーグレナクッキーを配布しました。本シンポジウムでは、当社が行った活動内容の報告とあわせ、民間企業としてロヒンギャ難民問題と取り組むべき今後の展望について説明いたします。

14:35~15:05

◆稲田 菜穂子(アイ・シー・ネット株式会社 コンサルタント 専門:農村開発、人材育成)
「ロヒンギャ難民を受け入れるバングラデシュの人たちの声」

バングラデシュでも豊富なODA事業の実績を持つアイ・シー・ネットは、ロヒンギャ難民危機発生以来、3回の現地調査を行いました。その中で、大量の難民を受け入れるバングラデシュのコミュニティの厳しい状況を知りました。過酷な状況の中、それでも前向きに生きるバングラデシュの人たちのたくましい姿に胸を打たれ、現在、魚の養殖などの技術支援を通じて、受け入れコミュニティの人たちの生活改善、収入向上が出来ないかと活動準備を始めています。

15:05~15:35

◆下澤 嶽(ジュマ・ネット共同代表、静岡文化芸術大学教授)
「元アナン国連事務総長の88の提言は何をもたらすか?」

ロヒンギャ問題の解決を考える場合、ロヒンギャの市民権の議論が欠かせない。2017年8月にミャンマー政府に提出された元アナン国連事務総長の88の提言がどういった意味を持ってくるのかを考えてみたい。

15:35~15:50 休憩

15:50~16:20

全体討論 ◆討論者: 日下部 尚徳

16:20~16:50 質疑応答

主催: 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)

【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
E-mail: findas_office[at]tufs.ac.jp