FINDAS 第七回研究会「非暴力運動の射程:ガーンディーからアラブの春」(1月25日)≪終了しました≫

掲載日 | 2011年12月26日

現代インド地域研究事業、外大拠点FINDASでは、今年度7回目となります研究会を開催いたします。
今回はトロント大学から著名な論客ラミーン・ジャハーンベーグルー氏をお呼びし、ワークショップを行います。
希少な機会となりますので、万障お繰り合わせのうえ足をお運びください。

日時: 2012年1月25日(水)10:40-12:20

場所: 東京外国語大学府中キャンパス 研究講義棟406室
http://www.tufs.ac.jp/access/

テーマ:
非暴力運動の射程―ガーンディーからアラブの春

趣旨:
イランの緑運動および「アラブの春」民衆運動など近年の非暴力的反抑圧運動を、ガンディーの非暴力論の観点から議論するトロント大政

治哲学教授、ラミーン・ジャハーンベグルーを迎え、現代における非暴力論の射程を多方面から議論する。

講演者略歴
ラミーン・ジャハーンベグルー(Ramin Jahanbegloo)
トロント大学政治学科准教授(政治哲学)。1956年イラン・テヘラン生まれ。
滞仏歴20年ののち、1997年からと2003年から数年ずつイランで教べんを取る。2005年から2007年まではインド滞在。2006年にテヘラン空港

で逮捕され、政治犯として4ケ月抑留される。非暴力と寛容を説く論者として著名。
著書に『アイザイヤ・バーリンとの対話』、『ガンディー』、『暴力を超えて』など。
http://jahanbegloo.com/

コメンテーター:
伊勢崎賢治(東京外国語大学)
長崎暢子(龍谷大学)

※科学研究費「紛争国における政治的・外交的寛容育成のための民族融和教育手法の確立」(代表:伊勢崎賢治)との共催です。
※主要言語:英語(通訳なし)
※26日(木)10:40-12:20 には研究講義棟227室にて同講演者の学生向きの特別講義もございます。こちらも合わせてご参加ください。
※一般参加歓迎!事前のご連絡は必要ございません。