• トップページ
  • »
  • お知らせ一覧
  • »
  • 2010年11月20日 第4回FINDAS若手研究者セミナー 「女性・政治参加・エンパワメント」《終了しました》

2010年11月20日 第4回FINDAS若手研究者セミナー 「女性・政治参加・エンパワメント」《終了しました》

掲載日 | 2010年10月27日

FINDAS 第4回若手研究者セミナー

期日:2010年11月20日(土)13:00-17:00
テーマ:「女性・政治参加・エンパワメント」
場所:本郷サテライト5階セミナー室(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)

発表者①:
★和田一哉(東京大学大学院人文社会系研究科次世代人文学開発センター・研究員/人間文化研究機構地域研究推進センター研究員)
発表タイトル:「女性の地位と婚姻:インドの家計データの実証分析」
要旨:インド社会における女性の地位は男性に比して低いことが一般的に知られているが、その程度は一律でなく複雑な地域性を示し、その要因もまたきわめて多様である。本報告では2005年のインドの家計データを用い、婚姻の慣習との関連を中心に検討を行う。

発表者②
★菅野美佐子(日本学術振興会・PD特別研究員(東京外国語大学))
発表タイトル:「村落議会と女性の政治参加―パンチャーヤット選挙から見えるもの―」
要旨:1993年の憲法改正案でパンチャーヤットにおける女性の議席数が留保されて以降、インドの村落議会において女性の政治参加が進むようになった。本発表ではウッタル・プラデーシュ州農村社会を事例に、女性の政治参加の現状とその背景としての村落社会の変容について検討する。

発表者③
★幅崎麻紀子(山形大学男女共同参画推進室 助教)
発表タイトル:「夫を亡くした女性たちの「人権」運動と日常的実践」
要旨:「寡婦」であることがカースト・地縁社会・民族を超えて女性たちを結び始めている。本発表では、ネパール全域に広がりつつある寡婦たちの人権運動とその運動に関わる女性たちの生活の変容について考察する。

コメント:八木祐子(宮城学院女子大学)/上杉妙子(専修大学文学部兼任講師)