2021年度 第1回FINDAS若手研究者セミナー 「サバルタン生活世界の実践―労働と信仰」

掲載日 | 2021年04月01日

2021年度 第1回FINDAS若手研究者セミナー

 「サバルタン生活世界の実践―労働と信仰」

【日時】  2021年4月18日(日)13:00-16:30
【場所】 ZOOMによるオンライン開催

※要予約(参加をご希望の方は、ZOOMをインストールの上、下記URLより4月16 日(金)17:00までにご応募ください。)

https://forms.gle/PPXPJZ5gwGYVktnc6

 

【報告者・題目】

鈴木亜望(神戸大学国際文化学研究推進センター)

「都市部における生活のための関係とネットワーク-バングラデシュの手工芸品生産工房で働くこと」

“Relationship and Network for a Living in Urban Area: Working at a Handicraft Studio in Bangladesh”

本発表では、バングラデシュの首都ダカにおける手工芸品生産工房を対象とした民族誌をもとに、仕事を行う女性たちの相互関係を明らかにする。工房においては、オーナー、コルモチャリ(従業員)、カジェルメエ(家事に従事する少女)といった立場の人々がいるが、彼女たちが用いる擬似的な親族呼称や仕事を通じた関係に着目し、ネットワーク構築の実態と都市での生活における意味を議論する。

 

阿部麻美

「現代インドにおけるダリトのキリスト教改宗―タミル農村社会のパライヤルの宗教実践」

“Dalit Conversions to Christianity in Contemporary India: Religious Practice of the Paraiyar in Rural Tamil Society”

ダリトのキリスト教改宗は、経済的恩恵を求めたもの、もしくは抑圧への抵抗であると理解されてきた。本報告では、南インド・タミルナードゥ州における複数の農村での臨地調査をもとに、1950年代以降の社会経済変化と宗教実践の変容に注目しながら、創造的な営為としてのダリトの改宗について考察する。

 

【使用言語】 日本語

【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局

[E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp

 

次の記事