2019年度 第八回FINDAS研究会「ダリトは語ることができるか」 2/17

掲載日 | 2020年01月15日
2019年度 第八回FINDAS研究会
( AA研・共同研究課題、基幹研究人類学班、科研・基盤A[19H00554] と共催)

  「ダリトは語ることができるか――南アジアの民族誌的研究の課題」  
 

【日時】  2020年2月17日(月)13:00-17:30
【場所】東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所・304MM会議室
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/about/access

※予約不要、一般公開
 

趣旨文:

ベンガルのある農村社会では、村のダリトを代表するドム・カーストが村落祭祀を主宰するバラモンに儀礼的な戦いを挑み、最後に剣を措いて恭順の意を示すという儀礼が行われる。年に一度の大祭で、ドムの人々は常に戦いを挑むのだが、しかし彼らは、毎年、バラモンに負け続けている事になる。ドムの人々は、なぜ、従属的な位置づけを導く村落儀礼に、自ら参与してきたのだろうか(『ヒンドゥー女神と村落社会』外川昌彦, 2004年, pp.224-5.)。ヒンドゥー社会研究では、このような儀礼のイデオロギー性を明らかにする多様な研究がなされてきたが、ダリトを含むカーストに関わる既存の階層関係は、むしろその前提として描かれてはこなかっただろうか。近年では、しかし、社会変革に向けた政治動員とは別に、バラモン的理念に対してその当事者として異を唱え、「ヒンドゥー教」への帰属を否定するダリト知識人も現れている。南アジアの民族誌的研究は、その多様な階層にかかわる人々の声をすくい上げることができるのだろうか。
本セミナーは、南インドのダリトの人々の女神儀礼との関りと、ムスリム社会に埋め込まれたカースト的差別的にある人々の事例を通して、この問題を考えてみたい。

 
研究報告
◆池亀 彩(東京大学)
「南インドのダリトによる水牛供犠の拒絶――人類学的研究はどう彼らの声を聞き損ねたか」

インド村落の女神信仰は、寺院エリート中心のバラモン的伝統とは異なり、土着文化に根ざす非排他的な民衆文化と見なされてきた。だからこそ、カルナータカ州最大ダリトのマディガの一部が女神祭祀に欠かせない水牛供犠を拒絶しはじめたことは、支配カーストだけでなく、ダリトの不満に気づかなかった人類学者等にとっても衝撃的である。本発表では、1970-80年代の構造主義的な女神信仰理解が20世紀初頭のキリスト教宣教師たちの民族誌的記述に大きく依拠し、その記述の取捨選択の中でダリトの声が無視されてきたことを明らかにする。さらに19世紀中葉以降のネーションとしての「ドラヴィダ」概念がダリト知識人の中に生き続け、現在の政治・文化運動に繋がっていることを議論する。
 
 
◆杉江 あい(名古屋大学)
「ムスリムの被差別集団を何と呼ぶか?――バングラデシュ農村における楽師集団の事例から」

南アジアではヒンドゥー以外の宗教徒の間でもカーストと類似した被差別集団が見られる。ムスリムのそうした集団に対し、学術研究では統一された見解や用語はないが、近年では「ダリト」という名称を使用する市民団体も見られる。本発表では、バングラデシュの農村社会において「シャナイダル」と呼ばれる楽師を(伝統的)職能とする集団が、どのように差異化・序列化されているのか、またシャナイダルら自身がどのように名乗り、自らの系譜を主張しているのかを明らかにすることから、民族誌的研究がムスリムの被差別集団をいかに記述しうるのかを考察する。  
 
ディスカッサント:
◆田辺 明生(東京大学)
 
 
【使用言語】 日本語
【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局       
[E-mail] findas_office[at]tufs.ac.jp      
[HP] http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/
次の記事