• トップページ
  • »
  • 活動報告
  • »
  • 2019年度 第五回FINDAS共催研究会「バングラデシュで考える開発NGOと現地の人々」の報告

2019年度 第五回FINDAS共催研究会「バングラデシュで考える開発NGOと現地の人々」の報告

掲載日 | 2019年12月18日
2019年11月27日 第五回FINDAS共催研究会

2019年度 第五回FINDAS共催研究会「バングラデシュで考える開発NGOと現地の人々」の報告

 

2019年11月27日(水)14:30~18:00

東京外国語大学 本郷サテライト8階会議室

参加者数: 15名

 

報告1:

山田 翔太(立命館大学大学院)

 

バングラデシュ沿岸部農村における飲料水としての雨水利用――NGOの活動と村民の受動的姿勢

Rainwater Harvesting as Drinking Water in Coastal Bangladesh: Activity of NGOs and Passive Behaviour of Villagers

 

本発表では、塩害による飲料水問題が深刻なバングラデシュ沿岸部農村(サツキラ県、シャムナゴール郡、ムンシゴンジ・ユニオンのJ村内に位置するP集落)で、雨水を貯水するタンク(以下、タンク)が普及しない理由と、タンクが普及するための要因を解明するために行った発表者の現地調査の結果を報告した。

まず、発表者から村民が開発援助により建設・設置された給水施設に対して、村民がその安全性に関して信頼を置くとともに、タンクが開発援助機関から提供されることを期待しているため、タンクを入手するという点では受動的な姿勢を示すことを指摘した。また、NGOが事業化しタンクの販売を行うことで、経済的に貧困でありタンクを購入することができない貧困層がその活動の対象となっていない可能性を指摘した。そして、タンクを普及させるためには開発援助機関が村民のタンクの入手に関する受動的な姿勢を能動的な姿勢に導くような対策が求められるとともに、貧困層が開発事業の対象から排除されることを防止する必要があることを指摘した。対策の具体案としては、タンクの無償リース(一定期間の使用後に購入か返却かを村民が決定)や最貧困層に対する無償提供が挙げられた。

質疑では、本発表で調査を行ったサツキラ県が貧困度の高い地域であるために、調査結果をどの程度一般化することが可能かという点、対策として提示した無償リース・無償提供は反って援助に対する依存を高めてしまうのではないか、また無償提供するのであればその対象をどのように選定するのかといった点、所得のみがタンクの入手に関する決定要因なのかという点、などが挙げられた。

In this presentation, I analysed and reported the results of a field survey to reveal the reasons why villagers do not have rainwater harvesting tanks (hereinafter: RWHTs) and factors to distribute RWHTs in the coastal village of Bangladesh (P hamlet, J village, Munshiganj Union, Shyamnagar Upazila, Satkhira District).

Firstly, it was pointed out that villagers remain passive to obtain RWHTs because they have trust in the quality of water from the facilities that have constructed by development agencies and await support from development agencies to be distributed RWHTs. Moreover, it was pointed out that poor villagers may not be covered by the activities of NGOs because they have become commercialization recently. In this situation, this study proposed that development agencies should take notice of the villagers’ passive attitude and adapt their strategies with an eye toward changing them. Also, it is required to give RWHTs freely for extreme poor.

In the Q&A session, the questions I got were, for example, how I can generalize my cases because Satkhira District is a place of high poverty rate, whether the proposal to solve this problem as giving RWHTs feely strengthens the mindset of aid dependency of villagers or not, and how development agencies decide the target to distribute RWHTs freely.

 

報告2:

鈴木 亜望(神戸大学大学院)

 

女性たちの仕事と支援の利用―ダカにおける手工芸品生産を事例として

Women’s work and using help: Case study of handicrafts production in Dhaka

 

バングラデシュの首都ダカにあるシルクスカーフ生産工房を対象に、支援と関わりながら仕事が創造、維持される工房における、女性たちの支援と仕事に対する視座に関して議論した。その際に、ベンガル語で助けることを意味するサハッジョ(sāhāja’)と、仕事を意味するカジ(kāj)という二つのローカルタームに着目し、工房のオーナー、従業員といった女性たちが行うサハッジョとカジをめぐる重層的な解釈と実践に関して報告した。具体的には、オーナー女性が中心となり、外国人支援者たちが行う資金援助、技術指導、販売場所の提供などをサハッジョと呼び好ましいものと捉え、積極的に利用しようとしていた。このことから、被支援者としての従属的な関係だけではないサハッジョの能動的な側面を提示した。さらに、サハッジョによって維持される工房は、女性たちに賃金労働やグローバル市場との接触をもたらした。それに対して従業員の女性たちが社会規範や家族と交渉をしながら望ましいカジを実践し、またふさわしいカジの場を作り出そうとしていることを明らかにした。

質疑応答では、様々な分野のインドおよびバングラデシュ研究者から的確な指摘があり、特にサハッジョに関して議論を深めることができた。サハッジョのベンガルにおける伝統的あるいは日常的な用法とヘルプと置き換え可能な英語の用法および工房の人々が使う用法それぞれの差異に関する意見、支援を戦略的に利用するオーナー女性の特質、開発援助における手工芸品生産の位置付け等に関して貴重な意見が上がり、有意義な議論の時間となった。

 

This presentation discussed the meaning and practice of help and work from women’s point of view who work at a silk scarf handicraft studio in Dhaka, a capital city of Bangladesh. It focuses on two local terms sāhāja’ and kāj which means help and work respectively in Bangla language. Women in the studio which its work is made and maintained by foreign and domestic help organizations show multilayered interpretations and practices of sāhāja’ and kāj. Women in the studio, especially the manager think various kinds of sāhāja’ from foreigners positively and use it proactively. It’s one aspect of help that aid recipients are not only passive but also active as using help. These sāhāja’ have had women contact to the global market and engage in paid work. In this new economic situation, which may cause contradictions with traditional norms, employee women look for suitable kāj negotiating families, social norms and other women, and to make comfort workplace for them.

At the question and answer session, researchers of India and Bangladesh raised interesting comments especially regarding sāhāja’, for instance, the difference of meaning of sāhāja’/help between Bengali peasants using, English meaning and women in the studio using. They also discussed that Manager woman’s character to maintain the studio and the possibility of handicrafts as a developing project. These were very helpful and had an interesting discussion.