【終了】2019 FINDAS International Workshop on “Gender and Ethnicity in Bangladesh: Life as a Rohingya Refugee” 1/17

掲載日 | 2019年01月07日

2019 FINDAS International Workshop
“Gender and Ethnicity in Bangladesh: Life as a Rohingya Refugee”

2019 FINDAS国際ワークショップ
「バングラデシュにおけるジェンダーとエスニシティ――ロヒンギャ難民として生きること」

Date and Time: January 17 (Thur.), 2019. 4 pm – 6 pm
Venue: kenkyū kōgitō Rm. 214, Tokyo University of Foreign Studies (TUFS)

【日時】 2019年1月17日(木) 16:00~18:00
【場所】 東京外国語大学 研究講義棟214室

【アクセス】 西武多摩川線多磨駅下車、徒歩約 8分
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

入場無料、一般公開

Chair ◆Naonori Kusakabe (Tokyo University of Foreign Studies)

16:05 – 16:35 (incl. 5 mins Q&A)
◆Abantee Harun(University of Liberal Arts Bangladesh)
“Regarding the Pain of being Rohingya Woman: Gender and Ethnicity issues of the Rohingya Community”

16:35 – 17:05 (incl. 5 mins Q&A)
◆Hasan A. Shafie(Department of Anthropology, University of Dhaka)
“Living on the Edge: History and Life of Rohingya People”

17:05 – 17:20 
Comments ◆Masaaki Ohashi (University of the Sacred Heart,Tokyo)

17:20-18:00 Discussion

【Language】 English
【Contact】 findas_office[at]tufs.ac.jp

主催: 平成30年度ダイバーシティ研究環境実現イニシアティヴ(牽引型)東京外国語大学 女性研究者による国際共同研究
共催: 人間文化研究機構 南アジア地域研究 東京外国語大学拠点南アジア研究センター(FINDAS)