2015年度 第一回FINDAS若手研究者セミナーの報告

掲載日 | 2015年06月15日

研究会の様子

研究会の様子

5月24日に開催いたしました、第1回FINDAS若手研究者セミナーの報告です。

「近年のヒンディー語映画に見るナショナリズムの形態」と題する倉田報告では、前半に、国民国家概念に関する先行研究を検討し、電子メディアに属するとされる映画作品をつうじて、そこで喚起される国民国家のありようと、それを志向する観客の特性を考察した。参加者からは、議論の枠組みに関する質問、映画分析の手法、経済自由化以降のヒンディー語映画の独自性など、幅広い観点から今後の研究の進め方について論じられた。
 続く須永報告は、「マウラーナー・マウドゥーディーと東パキスタン独立」という題目で、マウドゥーディーの東パキスタン独立に関する思想形成について、マウドゥーディーの著作および東パキスタン独立に関する著作を概観したうえで、自著、講演録、新聞投稿記事など様ざまな史資料から、ベンガル語、東パキスタン独立運動前後にかんする発言を詳細に紹介した。マウドゥーディーがベンガル語の国語化に賛同していたこと、関心の推移と変わらぬ立場(バングラデシュの承認を否定)を指摘し、歴史社会的文脈を分析した。質疑応答では、当時の国際社会情勢など多くの質問が提起され活発な議論が行われた。

参加者18名