2014年11月8日 第2回FINDAS国際ワークショップ ”Rethinking Indian Cinema” の報告

掲載日 | 2014年11月09日

11月8日に開催いたしました、2014年度第2回FINDAS国際ワークショップの報告です。

全体テーマ:”Rethinking Indian Cinema”

アニール・ザンカル(フリーランス、ヴィッディヤ・コミュニケーションズ)
“The Innovative Parallel”

本報告は、メインストリームにあるヒンディー語以外のインド諸語の映画について、具体例を紹介しつつその歴史を描きだすものであった。ベンガル語映画のショトジト・ロイをパイオニアと位置づけ、その後につづく映画監督たちの作品について、それらを変革の歴史と評価した。ただし、その変革の流れは、1980年代半ばまでには収束してしまい、各言語における映画作品のテーマや形式は画一的なものが繰り返されるようになった。しかし、近年新進の映画制作者たちにより、地域映画は新たな展開を見せていることを示した。

押川文子(京都大学)
“Hindi Films in Multiplex Age: Citizenship and ‘Others’”

本報告では、近年ますます台頭しつつあるインドの中間層が、映画というメディアを通して社会をいかに表象あるいは認識しているかが論じられた。この作業を通じて、中間層というものそれ自体について再考することが試みられた。特に、複数のスクリーンを持つ、いわゆるマルチプレックスと呼ばれる複合映画館に焦点を当てた。これらは、地域や視聴者の属性によって差異はあるものの、教育を受けた中間層の若者を中心に、その多様な価値観が表出される場となっていることが論じられた。

ザンカル氏と押川氏の報告の後、コメンテーターの山下博司氏による議論の整理の後、多言語の映画の展開の特徴、中間層による映画の消費・活用のあり方などについて、フロアの参加者を含めて活発な議論が行われた。