2014年6月3日 第1回FINDAS研究会「Dalit Studies Today」の報告

掲載日 | 2014年06月04日

2014年6月3日に、科研「近現代インドにおける食文化とアイデンティティに関する複合的研究」(基盤(B)代表:井坂理穂)との共催による、FINDAS研究会「Dalit Studies Today」を開催しました。

発表者1: Ramnarayan RAWAT (University of Delaware)
“Parallel Public and Dalit Genealogies of Indian Democracy”

本発表では、20世紀初頭のダリットの運動組織と思想家の実践に注目しながら、ダリット組織が重要な民主主義的実践の形式を形成するのに重要な役割を果たしたことが示された。様々なダリット運動は、国民会議派のアジェンダに抵抗しつつ、自らの独自のアジェンダを提示した。中でも、アディ・ヒンドゥー・マハーサバーは、権力に対する政治的な批判を、出版物を通じて展開した。こうした運動を、国民会議派を中心としたインドの主流な民主主義と並行して存在した、ダリットの公共的実践として捉え直した。

発表者2: Shahana BHATTACHARYA (Kirori Mal College, University of Delhi)
“Labour as Caste or Caste as Labour?: Tannery workers’ organisations Madras and Calcutta c. 1930-1970”

本発表は、20世紀初頭から1960年代前半にかけての皮なめし産業にみられた政治関係を観察することによって、労働者およびカーストのアイデンティティの錯綜した関連を考察した。具体的には、マドラスとカルカッタという、当時の皮産業の2大中心地における、皮なめし業の労働組合に注目した。これらふたつの地域において、カーストと階級のアイデンティティ、そして労働の過程が相互に影響を与えあった結果、初期の労働組合が形成されたことを論じた。