2014年2月11日 第3回FINDAS若手研究者セミナー「南アジアにおける女性参加の可能性」<終了しました>

掲載日 | 2014年01月22日

20140211(womens empowerment) poster
東京外国語大学拠点FINDASでは、下記の要領で研究会「南アジアにおける女性参加の可能性」を開催いたします。

※本研究会はどなたでもご参加可能です。事前のご連絡は不要です。

*************************************************
2013年度 第3回FINDAS若手研究者セミナー

「南アジアにおける女性参加の可能性――主体化・ガバナンス・エンパワーメント」

日時:2014年2月11日(土)13:00-16:00
場所:東京外国語大学 本郷サテライト 4Fセミナールーム
(http://p.tl/p5yo)

発表者1
中村雪子(お茶の水女子大学)
タイトル「インドにおける開発プログラムとしての女性酪農協同組合の再検討:ガバナンスとエンパワメントの視点から」

要旨
本報告では、報告者が調査を続けてきたラージャスターン州において実施された2005年と2010年の酪農協同組合組織選挙のプロセスとその結果を取り上げる。近年、組合法改正や社会の変化によって、農村女性が生産者としてだけではなく、酪農協同組合のガバナンスの表舞台に登場し始めている。報告者は、女性が選挙において選出されていく過程をめぐって組合組織内外の多様なアクターによってなされる実践を、選出された女性の語りからそのコンテクストに着目して検討する。そのうえで、ラージャスターン州において、酪農協同組合組織と女性のエージェンシーをめぐって、開発プログラムとしての女性酪農協同組合が想定していた「農村女性のエンパワメント」の様態とは異なる新たな展開が生じている可能性を提示する。

発表者2
Momotaj Begum (Hiroshima University)
Title: “Creative Subject and Collective Agency among the Female Tablighi Activists in Bangladesh”

Abstract:
Women’s growing participation in Islamic movements and their mobility for such movements have increased the possibility for creating new space and leadership among Muslim women. By taking into account the Female Tablighi Jamaat, known as Masturat-e Jamaat, a faith-renewal Islamic movement originated in India, this paper intends to examine the detail mechanism of Tablighi women’s subject formation process. The paper critically analyzes and illustrates the principles, structure, and ideology of Female Tablighi Jamaat in relation to the genealogy of its gendered discourse and narratives framed by the male Islamic scholars in the formative period of the movement. Then, the paper examines the agency among female Tablighi activist beyond the dominant theoretical works on gender where the subject is understood in passive term as an effect of discursive structure or action.

[言語:日本語および英語(通訳なし)]