• トップページ
  • »
  • 活動報告
  • »
  • 2013年7月21日 2013年度第2回FINDAS研究会「アンベードカル — そのテクストと実践」の報告

2013年7月21日 2013年度第2回FINDAS研究会「アンベードカル — そのテクストと実践」の報告

掲載日 | 2013年07月23日

2013年7月21日に行われた2013年度第2回FINDAS研究会の報告です。

全体テーマ: アンベードカル―そのテクストと実践

発表者1:桂紹隆
発表者2:根本達

——————————————————————————————————————

発表者1:桂紹隆(龍谷大学)

タイトル:仏教研究者の見たアンベードカルの仏教(navayāna)

本報告では、アンベードカルの「二十二の誓い」の2種類の英文テキスト間の異同を紹介し、私訳を提示して、仏教研究者の視点からテキストの解読を試みた。さらに、アンベードカルは「仏教は科学と矛盾しない」という視点から仏教教理を再解釈しているが、そのうち「四諦」「八聖道」「業報・輪廻」「無我」などに関する彼の解釈を検討した。フロアからは、原文(マラーティー語)テキストから英文テキストへの翻訳という、「英語の介在」にかんする問題が提示された。

 

発表者2:根本達(筑波大学)

タイトル:二つの「反差別」と「脱差別」について ―現代インドの仏教組織SBSと仏教僧佐々井による「社会参加仏教」の比較分析―

本報告では、現代インドのナーグプル市近郊の農村で2000年代後半から社会活動を行う仏教組織SBSと、1960年代後半から同市を中心に仏教復興に取り組む仏教僧佐々井の「社会参加仏教」を分析の対象とし、特に仏教への改宗運動の指導者アンベードカルの思想からの影響を検討しながら、「内部者と外部者」および「他界性の放棄と保持」をキーワードとして、SBSの活動家と佐々井それぞれが依拠する知のあり方を人類学的視点から比較分析した。フロアからは、「現代の社会参加仏教」が活動の場とする市民社会において、ジェンダー的視点がどの部分に盛り込まれるのか、という意見も出された。