• トップページ
  • »
  • 活動報告
  • »
  • 2012年12月23日 第4回FINDAS若手研究者セミナー「ディアスポラ文学と<オーセンティシティ>への挑戦―現代英国インド系作家を読む―」の報告

2012年12月23日 第4回FINDAS若手研究者セミナー「ディアスポラ文学と<オーセンティシティ>への挑戦―現代英国インド系作家を読む―」の報告

掲載日 | 2013年01月15日

12月23日に行われました2012年度第4回FINDAS若手研究者セミナーの報告です。

テーマ「ディアスポラ文学と<オーセンティシティ>への挑戦―現代英国インド系作家を読む―」

報告者1: 松木園久子 Hisako MATSUKIZONO(大阪大学)

報告者2: 小松久恵 Hisae KOMATSU(北海道大学スラブ研究センター)

コメンテータ: 井上暁子 Satoko INOUE (北海道大学スラブ研究センター、移民文学研究)

----------------------------------------

報告者1: 松木園久子 Hisako MATSUKIZONO(大阪大学)

「Salman RushdieまたはJoseph Anton ―オーセンティシティを問いかける名前」

本報告では、Salman Rushdieの小説”The Satanic Verses”と自伝”Joseph Anton”に登場する「名前」に注目し、インド系イギリス移民がオーセンティシティを求めたり、問われる場面を考察した。たとえば、我が子にインド系ルーツをうかがわせつつ印英融合のメッセージを込めた名前をつけたり(Rushdieが次男Milanに対して)、イギリス志向が強いインド人が名前を変えたり(Salahuddin ChamchawalaがSaladin Chamchaに)、さらには英語風のあだ名に変化する(SaladinをSalad、ChamchaをSpoonoに)などの例を考察した。これらの例を通じて、「名前」にはオーセンティシティが意識されるだけでなく、英語に転写したり翻訳することにより新たな意味が発生する可能性を指摘した。

松木園氏配布資料

報告者2: 小松久恵 Hisae KOMATSU(北海道大学スラブ研究センター)

「Too Asian, not Asian enough ―『ディアスポラ文学』を考える」

本報告では、今日のイギリスで商品化される南アジア系(British Asian)若手作家の作品を複数とりあげ、彼らの創作活動を取り巻く環境や、作品のみならず作家にも「オーセンティシティ」が求められる現状など、主に受容の観点からブリティッシュ・エイジアン文学を考察した。さらに「ブリティッシュ・ムスリム文学」という宗教アイデンティティーを根拠にする新たなブランドが台頭しつつある今日、移民を出自に持つ人々の文学はどこへ向かうのか、その変容の可能性を検討した。

小松氏配布資料 小松氏参考文献

Hisako Matsukizono

Hisae Komatsu

Satoko Inoue