16世紀の翻訳論

―エティエンヌ・ドレ (Estienne Dolet) をめぐって―

 

1.

16世紀フランスにおける翻訳

2.

エティエンヌ・ドレとその時代

3.

エティエンヌ・ドレの生涯

4.

エティエンヌ・ドレと修辞学

5.

『一つの言語から他の言語へうまく翻訳する方法』

1540年版の綴り字(原文+邦訳)

現代風の綴り字(原文+邦訳)

6.

『一つの言語から他の言語へうまく翻訳する方法』

邦訳のみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製作 中田俊介、横山大、倉嶋典子、治山純子、櫻井美紀、中野浩
監修 川口裕司

このホームページは東京外国語大学大学院地域文化研究科博士前期課程
2002年度 『フランス語学研究T』、前期開講)の成果です。