研究業績リスト

20169月更新)

2013年以前の文献のダウンロード・要約はこちら

研究業績リスト

(20174月現在)

 

 

学術著書(単著)

 

1.         『集団的自衛権の思想史』(風行社、2016年)、216頁。

2.         『国際紛争を読み解く五つの視座 現代世界の「戦争の構造」』(講談社選書メチエ、2015年)、304頁。

3.         『平和構築入門―その思想と方法を問いなおす』(ちくま新書、2013年)、263頁。

4.         『「国家主権」という思想:国際立憲主義への軌跡』(勁草書房、2012年)、340頁。(第34回サントリー学芸賞受賞)

5.         『国際社会の秩序』(東京大学出版会、2007年)、257頁。

6.         『平和構築と法の支配:国際平和活動の理論的・機能的分析』(創文社、2003年)、255頁。(朝日新聞社第3回大佛次郎論壇賞受賞)(韓国語訳版、2008年)

7.         Re-examining Sovereignty: From Classical Theory to the Global Age (London: Macmillan, 2000), pp. 228.(中国語訳版、2004年)

 

編著

 

1.         (上杉勇司と共編)『紛争と人間の安全保障:新しい平和構築のアプローチを求めて』(国際書院、2005年)、306頁。

2.         IPSHU English Research Report Series No. 19: Conflict and Human Security: A Search for New Approaches of Peace-building, edited with Ho-Won Jeong (Institute for Peace Science of Hiroshima University, 2004), pp. 327.

3.         Ethics and International Relations, edited with Hakan Seckinelgin (London: Palgrave, 2001), pp. 212.

 

学術論文

 

1.         「主権のゆくえ」、杉田敦(編)『グローバル化のなかの政治』(岩波講座 現代 第4巻)(岩波書店、2016年)所収、5979頁。

2.         「国連ハイレベル委員会報告書と国連平和活動の現在―「政治の卓越性」と「パートナーシップ平和活動」の意味―」、『広島平和科学』(広島大学平和科学研究センター)、第37巻、2016年、4556頁。

3.         「平和構築の政策的意義」、遠藤乾『シリーズ日本の安全保障8:グローバル・コモンズ』(岩波書店、2015年)所収、245-274頁。

4.         “Local Ownership as a Strategic Guideline for Peacebuilding” in Sung Yong Lee and Alpaslan Özerdem (eds.), Local Ownership in International Peacebuilding: Key Theoretical and Practical Issues (London: Routledge, 2015), pp.19-38.

5.         「国際法と国内法の連動性から見た砂川事件最高裁判決」、『法律時報』2015875号、32-37頁。

6.         「国連PKOにおける「不偏性」原則と国際社会の秩序意識の転換」、『広島平和科学』(広島大学平和科学研究センター)、第36巻、2015 年、2537頁。

7.         “Human Rights, Democracy and Peace in International Constitutionalism of University International Society”、『国際関係論叢』、第4巻、第1号、2015年、2142頁。

8.         “Sources and Trends of Peace and Conflict Studies: An Examination of the Framework of Peacebuilding and Strategic Relevance of Ownership”、『東京外国語大学論集』、第89巻、2014年、167194頁。

9.         「国際社会の立憲的性格の再検討―『ウェストファリア神話』批判の意味―」、『国際法外交雑誌』、第113巻、第3号、201411月、374396頁。

10.     「国際社会の歴史的展開の視点から見た平和構築と国家建設」、『国際政治174号:紛争後の国家建設』(日本国際政治学会編)、2013年、1326頁。

11.     「日本の近代国家建設における『東北』:軍国主義と経済成長の時代をこえて」、日本平和学会(編)『平和研究第40号:「311」後の平和学』(早稲田大学出版部、2013年)、43-65頁。

12.     “Why Are Asians Less Interested in Humanitarian Intervention?”, Journal of Global Studies: An Occasional Supplement 2013, The Graduate School of Global Studies, Doshisha University, 2013, pp. 135-145.

13.     Reuben Lewisと共著) “Operationalizing Early Warning for Conflict Prevention and Peacebuilding in West Africa: A Case Study of ECOWAS Early Warning System,” Hiroshima Peace Science, vol. 34, 2012, pp. 1-32.

14.     「安全保障と開発支援の観点から見た二つのSSR」、上杉勇司・藤重博美・吉崎知典(編)『平和構築における治安部門改革』(国際書院、2012年)所収、49-65頁。

15.     「日本の近代国家建設と紛争後平和構築〜東北に着目して〜」、篠田英朗・淵ノ上英樹『IPSHU 研究報告シリーズ研究報告No.47:平和構築としての日本の近代国家建設:研究序論』、2012年、所収、2-58頁。

16.     “The Principle of Local Ownership as a Bridge between International and Domestic Actors in Peacebuilding,” IPSHU English Research Report Series No.29: Indigenous Methods of Peacebuilding in Africa, edited by Bertha Z. Osei-Hwedie, Treasa Galvin and Hideaki Shinoda, Hiroshima University, 2012, pp. 66-87.

17.     “The Sierra Leonean Model of Peacebuilding? The Principle of Local Society’s Ownership and Liberal Democracy in Africa,” IPSHU English Research Report Series No.27: Peacebuilding and the Ownership of Local Society in Sierra Leone, edited by Hideaki Shinoda, Hiroshima University, 2012, pp. 2-22.

18.     “The Sri Lankan Model of Peacebuilding? The Principle of Local Society’s Ownership and the Validity of Developmental Authoritarianism,” IPSHU English Research Report Series No.26: Peacebuilding and the Ownership of Local Society in Sri Lanka, edited by Hideaki Shinoda, Hiroshima University, 2012, pp. 2-19.

19.     「平和構築における現地社会のオーナーシップと国家建設のジレンマ:シエラレオネとスリランカの事例を中心にして」、『広島平和科学』、33号、2011年、137-159頁。

20.     「法の支配」、藤原帰一・大芝亮・山田哲也(編)『平和構築入門』(有斐閣、2011年)所収、153-172頁。

21.     “Politics of Peace Processes in Sri Lanka: Reconsidered from Domestic, International and Regional Perspectives,” IPSHU English Research Report Series No.25: Peacebuilding in South Asia, Hiroshima University, 2011, pp. 129-155.

22.     「平和構築における現地社会オーナーシップ原則の歴史的・理論的・政策的再検討」、『広島平和科学』、32号、2010年、1-25頁。

23.     With Ajith Balassoriya, “The ‘Responsibility to Protect’ at the End of Conflict: The Role of the International Community in Post-Conflict Peacebuilding in Sri Lanka,” Hiroshima Peace Science, Vol. 32, 2010, pp. 1-25.

24.     「平和構築における二つのSSR:安全保障と開発援助のSSRをめぐる交錯」、上杉勇司・長谷川晋(編)『『IPSHU 研究報告シリーズ研究報告No.45平和構築と治安部門改革(SSR)−開発と安全保障の視点から−』、広島大学平和科学研究センター、2010年、2940頁。

25.     「ウッドロー・ウィルソン−介入主義、国家主権、国際連盟」、遠藤乾(編)『グローバルガバナンスの歴史と思想』(有斐閣、2010年)所収、81108頁。

26.      “Human Security Initiatives of Japan” in Hans Günter Brauch, Úrsula Oswald Spring, John Grin, Czeslaw Mesjasz, Patricia Kameri-Mbote, Navnita Chadha Behera, Béchir Chourou, and Heinz Krummenacher (eds.), Facing Global Environmental Change: Environmental, Human, Energy, Food, Health and Water Security Concepts (Berilin and Heidelberg: Springer, 2009). pp. 1097-1104.

27.     「平和構築における現地社会のオーナーシップの意義」、『広島平和科学』、31号、2009年、163-202頁。

28.      “What Was Wrong With Afghanistan? Reflection upon the Past and Prospect for the Future” in Yuji Uesugi (ed.), IPSHU English Research Report Series No.24: Toward Bringing Stability in Afghanistan: A Review of the Peacebuilding Strategy, Institute for Peace Science, Hiroshima University, 2009, pp.13-24.

29.     「平和構築プロセスとしての日本の近代化と戦後復興:内的平和と外的平和」、広島大学平和科学研究センター(編)『IPSHU 研究報告シリーズ研究報告No.42松尾雅嗣教授退職記念論文集平和学を拓く』、広島大学平和科学研究センター、2009年、492-522頁。

30.     “Nation-States, Peacebuilding and Global Society: Globalism, Regionalism and Nationalism in the Contemporary Theory of State Sovereignty with Special Reference to the Discourse on the Responsibility to Protect” in Masatsugu Matsuo, Vladimir Rouvinski and Rafael Silva Vega (eds.), IPSHU English Research Report Series No.23: Revista CS No.3: Peace and Human Security, Institute for Peace Science, Hiroshima University and Faculty of Law and Social Sciences, Icesi University, 2009, pp. 1-19.

31.     “Post-war Reconstruction of Hiroshima as a Case of Peacebuilding” in Hideaki Shinoda (ed.), IPSHU English Research Report Series No.22 Post-war Reconstruction of Hiroshima: From the Perspective of Contemporary Peacebuilding, Institute for Peace Science, Hiroshima University, 2008, pp.2-24.

32.     「平和構築としての広島の戦後復興」、篠田英朗(編)IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.40『現代平和構築活動から見た広島の戦後復興史』、広島大学平和科学研究センター、2008年、2-24頁。

33.     “The Difficulty and Importance of Local Ownership and Capacity Development in Peacebuilding,” Hiroshima Peace Science, vol. 30, 2008, pp. 95-115.

34.     「スーダンという国家の再構築:重層的紛争展開地域における平和構築活動」、武内進一(編)『戦争と平和の間:紛争勃発後のアフリカと国際社会』(研究双書No.573)(IDE-JETROアジア経済研究所、2008年)、5989頁。

35.     「『国際法学の国内モデル思考』批判の射程:その可能性と限界」、中川淳司・寺谷広司(編)『大沼保昭先生記念論文集:国際法学の地平:歴史、理論、実証』(東信堂、2008年)、87106頁。

36.     「重層的な国際秩序観における法と力:『モンロー・ドクトリン』の思想的伝統の再検討」、大沼保昭(編)『国際社会における法と力』(日本評論社、2008年)、231274頁。

37.     「コソボ:分断された社会の統治における民軍関係」、上杉勇司・青井千由紀(編)『国家建設における民軍関係:破綻国家再建の理論と実践をつなぐ』(国際書院、2008年)、283-298頁。

38.     “Toward a Sustainable Strategy of Peacebuilding: An Examination of Negative and Positive Justifications of Security Sector Reform (SSR),” Hiroshima Peace Science, vol. 29, 2007, pp. 89-107.

39.     「アフガニスタンにおける平和構築とその限界」、『国際問題』No.564 2007年、1322頁。  

40.     「国境を超える立憲主義の可能性」、阪口正二郎(編)岩波講座憲法第5巻『グローバル化と憲法』、2007年、99-124頁。

41.     「「民軍協力問題」についての考察」、上杉勇司(編)IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.38『国際平和活動における民軍関係の課題』、広島大学平和科学研究センター20074月、23-33頁。

42.     「スーダンにおける『紛争後』平和構築:一つの『国家』、二つの『紛争』、多様な『課題』」、武内進一(編)『アフリカにおける紛争後の課題』(共同研究会中間成果報告)、20073月、独立行政法人日本貿易振興会アジア経済研究所、107-121頁。

43.     「国連平和構築委員会の設立−新しい国際社会像をめぐる葛藤−」、『国際法外交雑誌』、第105巻、第4号、20071月、68-93頁。

44.     「国際秩序と国内秩序の共時性−価値規範をめぐる社会秩序構想モデルの歴史的分析−」、日本国際政治学会(編)『国際政治』第147号「国際秩序と国内秩序の共振」、20071月、11-28頁。

45.     「正義の回復−平和構築における司法活動」、『思想』、No.993(国際社会における正義)、20071月、203-214頁。

46.     「平和構築における政治・法制度改革」、大芝亮・藤原帰一・山田哲也(編)『平和政策』(有斐閣ブックス、2006年)、227-242頁。

47.     “Security Sector Reform and Peacebuilding in Africa with Special Reference to the Case of the Democratic Republic of Congo, Hiroshima Peace Science, vol. 28, 2006, pp. 155-172.

48.     「アフガニスタン平和構築の背景と戦略−DDRに与えられた役割の考察−」、HIPEC研究報告シリーズNo.22006年、30頁。

49.     (上杉勇司・瀬谷ルミ子・山根達郎と共著)「アフガニスタンにおけるDDR:その全体像の考察」、HIPEC研究報告シリーズNo.12006年、29頁。

50.     「人間の安全保障の観点からみたアフリカの平和構築−コンゴ民主共和国の『内戦』に焦点をあてて−」、望月克哉(編)IDE-JETRO研究双書No.550『人間の安全保障の射程:アフリカにおける課題』(アジア経済研究所、2006年)、23-62頁。

51.     「アフリカにおける天然資源と武力紛争−内戦の政治経済学の観点から−」、IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.35小柏葉子(編)『資源管理をめぐる紛争の予防と解決』(平和科学研究センター2005年)、153-172頁。

52.     「紛争(後)社会における『法の支配』の役割をめぐって:アナン国連事務総長報告書からボスニア=ヘルツェゴビナの平和構築の現況を見る」、『広島平和科学』、27号、2005年、47-68頁。

53.     (上杉勇司と共著)「序論:紛争と人間の安全保障」、篠田・上杉(編)『紛争と人間の安全保障』、17-27頁。

54.     「武力紛争中・後における人間の安全保障措置−人道援助と平和構築の関係」、篠田・上杉(編)『紛争と人間の安全保障』、31-57頁。

55.     (上杉勇司と共著)「結論:新しい平和構築のアプローチを求めて」、篠田・上杉(編)『紛争と人間の安全保障』、291-296頁。

56.     (with Ho-Won Jeong) “Introduction: Conflict, Human Security and Peace-building” in Hideaki Shinoda and Ho-Won Jeong (eds.), IPSHU English Research Report Series No. 19: Conflict and Human Security: A Search for New Approaches of Peace-building, August 2004, pp. 1-4.

57.     “The Concept of Human Security: Historical and Theoretical Implications” in Hideaki Shinoda and Ho-Won Jeong (eds.), IPSHU English Research Report Series No. 19: Conflict and Human Security: A Search for New Approaches of Peace-building, August 2004, pp. 5-22.

58.     “Operational Phases of Human Security Measures in and after Armed Conflict: How Can We Link Humanitarian Aid to Peace-building?” in Hideaki Shinoda and Ho-Won Jeong (eds.), IPSHU English Research Report Series No. 19: Conflict and Human Security: A Search for New Approaches of Peace-building, August 2004, pp.23-44.

59.     「国際平和活動における『法の支配』の確立:ボスニア=ヘルツェゴビナを事例にして」、『広島平和科学』、26号、2004年、215-239頁。

60.     「人間の安全保障から見た平和構築活動の意義−アフリカの文脈での検討への導入として−」、望月克哉(編)『アフリカにおける「人間の安全保障」の射程−研究会中間成果報告−』(独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所、20043月)、1-15頁。

61.     「アメリカ・ユニラテラリズム−国際刑事裁判所を題材にして−」、押村高(編)『帝国アメリカのイメージ:国際社会との広がるギャップ』(早稲田大学出版部、2004)254-277頁。

62.     「安全保障概念の多義化と『人間の安全保障』」、広島大学平和科学研究センター(編)『IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.31:人間の安全保障論の再検討』(20042月)所収、51-84頁。

63.     「平和構築の法の支配アプローチ−戦略的視点からの検討−」、『広島平和科学』25号、2003年、189-218頁。

64.     「平和」、押村高・添谷育志(編)『アクセス政治哲学』(日本経済評論社、2003年)、217-233頁。

65.     「平和構築と選挙支援」、財団法人日本国際問題研究所・平成14年度外務省委託研究報告書『紛争予防』、平成153月、6-16頁。

66.     「対イラク戦争の諸問題」、『創文』、No. 45020032月号、46-50頁。

67.     “Japan’s Role in Peace Operations: It is Time to be More than a ‘Free Rider’ and ‘Cash Dispenser,’ Institute Report, Weatherhead East Asia Institute, Columbia University, 2003, pp. 13.

68.     「『新介入主義』の正統性:NATOによるユーゴスラビア空爆を中心に」、広島市立大学広島平和研究所(編)『人道危機と国際介入−平和回復の処方箋』(有信堂、2003年)、19-41頁。

69.     「国際関係論における国家主権概念の再検討−両大戦間期の法の支配の思潮と政治的現実主義の登場」、『思想』(特集:「帝国・戦争・平和」)、No. 94520031月号、86-103頁。

70.     IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.29 『武力紛争における劣化ウラン兵器の使用』、広島大学平和科学研究センター2002年、109頁。

71.     “Peace-building by the Rule of Law: An Examination of Intervention in the Form of International Tribunals”, International Journal of Peace Studies, Volume 7, Number 1, Spring/Summer 2002, pp. 41-58.

72.     「平和構築概念の精緻化に向けて−戦略的視点への準備作業−」、『広島平和科学』、24号、2002年、21-45頁。

73.     「主権、人権、そして立憲主義の限界点−抵抗権および介入権の歴史的・理論的考察−」、日本政治学会(編)『年報政治学2001』(岩波書店)、157-169頁。

74.     「平和構築と国際刑事法廷人道的介入としての国際司法介入−」
広島大学総合科学部紀要II『社会文化研究』第27(2001年)、91-111頁。

75.     「国際社会における『法の支配』:新しい紛争解決の方向性において」、『創文』(20018月号)、7-12頁。

76.     「国際規範の歴史的・理論的検討−秩序・正義そして国家主権−」、日本平和学会()『平和研究』第26号:新世紀の平和研究、2001年、86-96頁。

77.     「国際人道法の強行規範性と核兵器核兵器の使用及び使用の威嚇に関する国際司法裁判所勧告的意見におけるjus in bellojus ad bellum、そして法と政治−」、『広島平和科学』、23号、2001年、1-24頁。

78.     「核兵器使用と国際人道法1996年核兵器使用と使用の威嚇に関する国際司法裁判所勧告的意見を中心にして」、広島大学平和科学研究センター(編)、IPSHU研究報告シリーズ研究報告NO.27『ポスト冷戦時代の核問題と日本:1999-2000年度広島大学平和科学研究センタープロジェクト報告書』所収、119-199頁。

79.     「国際社会における正当性の政治−NATOによるユーゴスラヴィア空爆を事例にして−」、『国際学論集』(上智大学国際関係研究所)、No4720011月、1-22頁。

80.     (with Hakan Seckinelgin) “Introduction” in Ethics and International Relations, edited with Hakan Seckinelgin (London: Palgrave, 2001), pp. 1-7.

81.     “The Politics of Legitimacy in International Relations: A Critical Examination of NATO’s Intervention in Kosovo,” Alternatives, vol. 25, no. 4, 2000, pp. 515-536.

82.     「国際政治学における主権、現実主義、そしてウェストファリア−カー、モーゲンソー、ブル、ウォルツに焦点をあてて−」、広島大学総合科学部紀要II『社会文化研究』第26巻(2000年)、93-132頁。

83.     “The Politics of Legitimacy in International Relations: The Case of NATO Intervention in Kosovo”, First Press: New Writing on World Politics, Society and Culture [http://www.theglobalsite.ac.uk/press.htm], October 2000.

84.     「ポスト冷戦時代における国際社会の国内選挙支援民主主義の機能そして平和・人権」、『広島平和科学』22号、2000年、137-177頁。

85.     「国家主権概念の変容立憲主義的思考の国際関係理論における意味」、日本国際政治学会編『国際政治』第124号:国際政治理論の再構築、2000年、89-107頁。

86.     「国家主権概念をめぐる近代性の問題−政治的概念の『エピステーメー』の探求−」、広島大学総合科学部紀要II『社会文化研究』第25巻、199912月、11-44頁。

87.     Conflicting Notions of National and Constitutional Sovereignty in the Discourses of Political Theory and International Relations: a Genealogical Perspective (Ph.D. thesis, University of London, March 1998.

88.     「ニーチェの政治思想・反政治と大政治の思想」、藤原保信・飯島昇藏編『西洋政治思想史』II(新評論、1995)所収。

 

 

その他著作・新聞記事など

 

1.         「憲法9条の「本当の意味」をそろそろ直視しませんか?:解釈タブーとロマン主義を超えて」、『現代ビジネス』、201753日。

2.         「地政学から見る『トランプ・ドクトリン』」、『Voice20175月号。

3.         「国連P K Oは日本にとって重要な国際貢献の一形態」、『WEBRONZA』、20174月。

4.         トランプ外交に「一貫性がない」という分析が大間違いである理由:突然のシリア攻撃も、実は筋が通っていた」、『現代ビジネス』、2017411日。

5.         日本国民のための「PKO入門」〜平和とは何か、国際協調とは何か:「PKO法」の25年間と今後の課題」、『現代ビジネス』、2017329日。

6.         残念な「南スーダン撤収」によって、日本が失ってしまうもの:「平和構築」の専門家はこう見る」、『現代ビジネス』、2017314日。

7.         自衛隊PKO派遣の議論がいつもモヤモヤしたものになる理由:日本の憲法学の陥穽」」、『現代ビジネス』、201719日。

8.         「あるべき日本のPKO活動の手法について」、『朝雲新聞』、201715日。

9.         私たちはどんな時代を生きているか〜世界を覆う新しい「戦争の構造」:蔓延する武力紛争、危機的な国際秩序」、『現代ビジネス』、20161230日。

10.     「国際平和の構築に果たす広島の役割〜政策調整、リーダーシップ、情念の方向付けの三つの観点から教訓を描き出す〜」、『公明』、20169月号。

11.     「『軍都』から平和の象徴へ―『外交ツール』としての広島」、ニッポンドットコム、20158月。

12.     「善悪二元論に陥らず、平和主義生かす外交の議論を」、『朝日新聞』、2015814日。

13.     「グローバルな国際秩序、グローバルな戦争」、『現代思想』、201411月号。

14.     「ニュースの本棚 集団的自衛権と国際法」、『朝日新聞』、201461日。

15.     「(耕論)ウクライナ危機と世界」、『朝日新聞』、2014513日。

16.     「『新しい発想』必要 日本を主導する存在に」、『福島民報』、201235日、18面。

17.     「格闘する被災者の応援を」、『中国新聞』、2011814日、30面。

18.     「原発風評差別:現実逃避へのスケープゴート」、『産経新聞』(大阪版)、2011530日夕刊、11面。

19.     「『恨み』と格闘する広島」、『朝日新聞』、2010826日夕刊、7面。

20.     What is “Human Resource Development in Asia for Peacebuilding”? in Review of Peacebuilding Studies (RPS), vol.1, June 2010.

21.     「政治としてのアフガニスタン問題」、『外交フォーラム』、20097月号、8-10頁。

22.     「平和構築の戦略持て」、『毎日新聞』、2009320日、7面。

23.     「平和をつくる人間の生きる力」、『外交フォーラム』、20083月号、58-59頁。

24.     「日本の平和主義:歴史を未来につなぐ政策を」、『朝日新聞』、200777日、17面。

25.     「平和とは生き続けることである−国際平和構築活動とヒロシマの遺産」、『ラチオ』03号、2007年、318-335頁。

26.     「イラク人と『原爆市長』:平和への志 国境はない」、『中国新聞』「今を読む」、200748日、3面。

27.     「平和構築に関する委託調査・研究に関する企画招請:(3)紛争後の国際社会の関与と当事国のオーナーシップの育成」(外務省委託研究)(共著)、60頁。

28.     「新しい世界戦争:対テロの構図 米が拡大」、『中国新聞』「今を読む」、2007218日、3面。

29.     「座談会:平和な社会を構築するために何が必要か−課題と日本の役割を考える」(熊岡路矢・中満泉・紀谷昌彦氏と)、『外交フォーラム』、200611月号、32-41頁。

30.     「失敗続きの平和構築」、北海道新聞2006713日。

31.     「アフガニスタンの内なる声を汲み上げるために−平和構築の行方と日本の関与」、『外交フォーラム』、20068月号、6064頁。

32.     「平和構築の限界と無限:ジョン・レノンのメッセージは消えていない」、『論座』(20062月号)、138-145頁。

33.     「選挙監視、課題残す日本:コソボに見る国際協力」、朝日新聞20041114日、11面。

34.     「米国だけの『全面戦争』:共有可能な平和構築へ議論を」、毎日新聞200498日夕刊、6面。

35.     「広島国際平和シンポ『再び築こう核廃絶の流れを』」、朝日新聞200486日朝刊2223面。

36.     「米国による紛争後の国家再建:軍事力のジレンマと理念主義のジレンマ」、『現代思想』(20049月号)、188-200頁。

37.     3氏座談会・前倒し主権移譲」、朝日新聞2004630日朝刊3435面。

38.     「人質事件で露呈した日本の国際平和協力の限界」、『論座』(20046月号)、36-47頁。

39.     「『平和構築と法の支配』−冬のサラエボで振り返る−」、『創文』(200412月号)、No.46159頁。

40.     「平和構築とイラク情勢」(第三回大佛次郎論壇賞受賞記念論文)、『論座』(20042月号)、174-179頁。

41.     「イラクの〈平和構築〉のために:司法整備と連動させた『民主的警察』の育成
を」、東京新聞2004217日夕刊、8面。

42.     「平和構築に戦略的視点を」、朝日新聞20031212日夕刊9面。

43.     「アメリカ『帝国』とリベラル・デモクラシー:『ホッブズ的世界』と『歴史の終わり』」、
『現代思想』(200312月号)、151-162頁。

44.     「グローバル化と主権国家:アメリカのイラク戦争」、『現代思想』(20035月号)、166-176頁。

45.     「特集『イラク戦争私はこう見る』」、中国新聞200342日朝刊2面。

46.     「平和構築の新機軸」、『AERA MOOK平和学がわかる』(朝日新聞社、2002年)。

47.     中国新聞「風ぐるま」、2002年度連載(全8回)。

48.     「新しい戦争」における「速度術」と「警察化」、『現代思想』(20021月号)、120-131頁。

49.     「立憲主義的であるということ」、『世界と議会』(19974月号)。

50.     「イギリスのリビジョニズム」、『諸君!』(19962月号)

51.     「個を救うものとしてのボランティア」、『諸君!』(19957月号)

52.     NGOそして日本外交」、『諸君!』(199412月号)

53.     『日の丸とボランティア:24歳のカンボジアPKO要員』(文芸春秋、1994)

 

 

学会等報告

   

1.         “Partnership Peacekeeping” and Regional Diversity of Peace Operations,” International Studies Association Annual Convention, Baltimore, USA, Feb.23, 2017.

2.         「平和構築と安全保障―国際立憲主義の観点から」、日本政治学会2016年度年次大会、立命館大学大阪いばらきキャンパス、2016102日。

3.         “Geopolitics and Global Governance,” International Panel on Social Progress, Collège d’études mondiales, April 23, 2016.

4.         「現代国際社会の平和主義─自由主義・主権国家・介入主義の国際秩序における平和─」、国際法学会2015年春季研究大会、アステールプラザ、2015719日。

5.         「国家中心主義の神話―ウェストファリア体制、国家主権、そして新しい国際立憲主義―」、国際法学会2013年度年次大会、静岡コンベンションセンター、20131014日。

6.         「平和構築における現地社会のオーナーシップ原則の再考〜国家建設とコミュニティ再建、そして日本の近代化と東北〜」、日本平和学会2012年度春季研究大会、沖縄大学、2012623日。

7.         平和構築と国際秩序〜立憲主義と国家主権:平和構築における法の支配アプローチの分析〜」、日本国際政治学会2011年度研究大会、つくば国際会議場、20111111日。

8.         “The Significance of Local Ownership in Peacebuilding: From Respect to Strategic Development,” 2011 Annual Convention, International Studies Association, Montréal, March 18, 2011.

9.         “The Principle of Local Ownership as a Bridge between International Standards and Indigenous Methods in Peacebuilding,” Conference on Indigenous Methods of Conflict Resolution and Peace Building, Centre for Culture and Peace Studies, University of Botswana, Gaborone, 23 September 2010.

10.     Japanese Contributions to Nation-building and Peace-building,” The Evolution of Japan’s Defense Posture, French Institute of International Relations, Paris, 14 April, 2010.

11.     “Human Rights, Democracy and Peace in Universal International Society,” Carnegie/Uehiro/Oxford Conference on Human Rights, Democracy, and Democratization, Carnegie International Endowment for Peace, New York, 12 November 2009.

12.     「立憲主義と国際秩序」、日本国際政治学会2008年度研究大会、20081025日、つくば国際会議場。

13.     “The Difficulty and Importance of Local Ownership and Capacity Development in Peacebuilding,” 2008 Annual Convention, International Studies Association, San Francisco, March 28, 2008.

14.     “Toward a Sustainable Strategy of Peacebuilding: An Examination of Negative and Positive Justifications of Security Sector Reform (SSR),” 2007 Annual Convention, International Studies Association, Chicago, March 2, 2007.

15.     “Conjunctures of Globalism, Regionalism and Nationalism in Peacebuilding: Failed States Threaten Failing International Society or Vice Versa?”, 日本国際政治学会創立50周年記念大会2006年度研究大会、20061014日、かずさアカデミアホール。

16.     「平和構築委員会は国連改革の突破口になるか」、日本国際法学会2006年度(第109年次)秋季大会、2006108日、横浜国立大学。

17.     “Why Is an Election Needed in Peacebuilding?: A Theoretical Consideration of the Strategic Role of Elections after Armed Conflicts,” 2006 Annual Convention, International Studies Association, San Diego, USA, March 22, 2006.

18.     「国際社会の展開:国際秩序を構成する価値規範の探求」、日本国際政治学会2005年度研究大会、20051120日、札幌コンベンションセンター。

19.     「国際秩序の諸源流:ウェストファリア・モデルの幻影とウィーン体制そしてモンロー体制」、サントリー財団「現代思想」研究会、200578日、サントリー財団。

20.     CIMIC問題とイラクの平和構築」、防衛研究所研究会、200571日、防衛研究所。

21.     “The Rule of Law Approach of Peacebuilding and the Issue of Empowerment,” Peacebuilding Research Group, Graduate School of International Development, Nagoya University, June 17, 2005.

22.     “Towards the International Criminal Court as a Peacebuilding Institution,” 学術振興会人文・社会科学振興プロジェクト研究事業シンポジウム「平和構築とグローバル・ガバナンス」、2005326日、ホテルラフォーレ東京。

23.      “Implementing Peace through the Imposition of Rule of Law: Reevaluating Peace-building Strategies in Bosnia and Herzegovina Ten Years after the Dayton Peace Agreement,” 2005 Annual Convention, International Studies Association, Hawaii, USA, February 23, 2005.

24.     「国際法秩序の重層的系譜:モンロー体制の歴史的再検討」、2005129日、第263回東大国際法研究会。

25.     「平和構築の政治理論:実践的課題と日本外交への提言」、2004年度日本政治学会、2004102日、札幌大学。

26.     「グローバルな力と紛争後社会の平和構築:アメリカ『帝国』の国際平和活動への関与の検討」、日本平和学会2004年度春季研究大会、北海道東海大学、2004626日。

27.     「国連平和活動と日本外交」、日本国際連合学会第6回研究大会、大阪大学中之島センター、2004523日。

28.     “Operational Phases of Human Security Measures in and after Armed Conflict: The Link between Humanitarian Aid and Peace-building,” 2004 Annual Convention, International Studies Association, Montréal, Canada, March 18, 2004.

29.     「アメリカ『帝国』の思想的背景−リベラル・デモクラシーと『歴史の終焉』再検討」、日本国際政治学会2003年度研究大会、つくば国際会議場、20031018日。

30.     「法の支配と力の支配:国際平和活動におけるアメリカの影」、青山学院大学国際政治経済研究開発センター研究会、20031015日。

31.     「劣化ウラン問題:人道からの挑戦」、放射線影響学会第46回大会、京都リサーチパーク(東地区)、2003108日。

32.     “Cash-dispenser, Free Rider, or What?: Japan's Roles in Peace Operations,” East Asian Institute, School of International and Public Affairs, Columbia University, 12 November, 2002.

33.     “The Implications of the Establishment of the International Criminal Court to the US Role in International Order,” Institute of Conflict Analysis and Resolution, George Mason University, 6 November, 2002.

34.     「グローバル化とユニラテラリズム:国際刑事裁判所問題に焦点をあてて」、2002年度早稲田政治学会、早稲田大学、2002517日。

35.     “Enforcing International Criminal Law as a Tool for Peace-building: An Examination of the Rule of Law Approach of Peace-building,” 2002 Annual Convention, International Studies Association, New Orleans, LA, USA, 25 March 2002.

36.     「国際関係論における国家主権概念の再検討英米圏における法の支配の思想との関連において」、2001年度日本政治学会、立教大学、20011013日。

37.     「国際平和活動における『法の支配』アプローチについて」、広島大学平和科学研究センター136回研究会、広島大学東千田キャンパス、2001714日。

38.     「平和・正義・戦争そして国家主権:現代世界における公的暴力の位相」、2001年度日本平和学会中四国地区研究会「新世紀の戦争・国家・個人」、山口県立大学国際文化学部、200177日。

39.     “Peace-building by the Rule of Law: An Examination of Intervention in the Form of International Tribunals,” 2001 annual convention, International Studies Association, Chicago, IL, USA, 22 March 2001.

40.     “The Politics of Legitimacy in International Relations: The Case of NATO’s Intervention in Kosovo,” 2000 annual convention, International Studies Association, Los Angeles, CA, USA, 15 March 2000.

41.     「国際政治における正当性の問題:NATOによるユーゴスラヴィア空爆を事例にして」、2000年度(41)中四国法政学会、松山大学、200071日。

42.     「ポスト冷戦時代における民主主義の機能−平和構築過程での選挙に対する国際社会の支援−」、日本平和学会1999年度秋季研究大会、立正大学大崎キャンパス、19991113日。

43.     「国家主権概念の変容:立憲主義的思考の国際関係理論における意味」、日本国際政治学会1999年度大会、千葉県木更津市かずさアカデミアホール、1999515日。

44.     “Two Aspects of State Sovereignty: The Encounter of Sovereignty with Nationalism and Constitutionalism,” 1999 International Studies Association Annual Convention, Washington, D.C., February 1999.

45.     “The Concept of State Sovereignty and International Constitutionalism”, International Relations Research Seminar, Keele university, November 1997.

46.     “The Nietzschean Aspect of Genealogy”, Critical Internationl Theories Group Workshop, Nuffield College, Oxford, September 1997.

47.     “Two Aspects of Sovereignty”, Sovereignty and Subjectivity, University of Wales, Aberystwyth, September 1995.

48.     「ニーチェの政治思想・反政治大政治 (早稲田大学現代政治学研究所、19934月発表)

 

講演など

1.         “Managing Territorial Disputes Constructively: The Case of Japan,” Graduate Program in Conflict Resolution and Coexistence, Brandeis University, March 17, 2017.

2.         「文民の保護とは何か」、国際平和と安全シンポジウム、20161216日。

3.         「世界の紛争問題と広島の復興」、ひろしまジュニア国際フォーラム、2016821日。

4.         「南スーダンにおける人材育成と平和構築」、79日南スーダン独立記念日開催 ジャパン・プラットフォーム/加盟NGO主催シンポジウム「南スーダン〜若者たちのはじめての国づくり〜」、日比谷図書文化館、201679日。

5.         What does it mean to emphasize Politics for International Peace Operations?” Japan Peacekeeping Training and Research’s Symposium, International Peace Cooperation Center, Ministry of Defense, November 20, 2015.

6.         “Peace Building and an Effective Civil Service”UNITAR Hiroshima, South Sudan Fellowship Programme Workshop One, Juba, South Sudan, November 24, 2015.

7.         「どう見る安保関連法案:概念曖昧 堅実な運用を」、『中国新聞』、2015913日。

8.         「『南スーダン』の課題」、オールジャパン研究会、2015910日。

9.         「平和構築と法の支配」、東京学芸大学附属高校・「平和構築」を基軸にしたSGHAカリキュラム構想、2015613日。

10.     「藤原政治哲学と国際政治思想の地平」、藤原保信研究会、早稲田大学、20141129日。

11.     「日本のアフリカにおける支援の行方」、第2回日仏対話週間「グローバルプレーヤーとしての日仏協力」、東京外国語大学国際関係研究所・公益財団法人国際問題研究所、パリ日本文化会館、20131219日。

12.     「国家は本当に平和に必要なのか?」、第4回地球社会統合セミナー「国家って本当に必要なの?」、九州大学大学院地球科学統合科学府設置準備委員会、九州大学伊那キャンパス、20131213日。

13.     “Peacebuilding in Hiroshima,” Hebron, Yes Theater, September 16, 2013.

14.     “Peacebuilding in Japan,” Khartoum University and Ahfad University, Sudan, 10 and 11 September, 2013.

15.     パネルディスカッション「96条の会シンポジウム:国際社会の中の憲法」、国際基督教大学平和研究所、2013928日。

16.     「武力紛争と平和活動の最近の傾向」、東京外国語大学国際関係研究所、2013718日。

17.     「平和構築研究と国際社会研究の結節点〜『「国家主権」という思想を題材に』〜」、東京外国語大学海外事情研究所研究会、2013710日。

18.     「『国際社会』に歴史はあるか〜国際関係学におけるイギリス学派と『普遍的国際社会』、科研費基盤研究S「ユーラシアの近代と新しい世界史叙述」研究会、東京大学東洋文化研究所、2013712日、。

19.     “Myth of Westphalia, Research Seminar “The Myth of 1648 Revisited,” Komazawa University, 23 November, 2012.

20.     立命館大学大学院国際関係研究科20 周年記念シンポジウム「日本とPKO の20年:国際平和政策の軌跡と展望」、立命館大学、2012105日。

21.      “Why Are Asians Less Interested in Humanitarian Intervention?” Asian Perspective on Humanitarian Intervention in 21st Century, Center for Interdisciplinary Study of Monotheistic Religions (CISMOR), Doshisha University Graduate School of Global Studies, Doshisha University, UNESCO Bangkok Office, and United Nations Institute for Training and Research (UNITAR), Imadegawa Campust of Doshisha University, 26 June 2012.

22.     “What are Major Tasks for Training Civilians International Interventions?” Civil-Military Affairs Conference 2012 (CMAC 2012): Peace and Stabilisation Operations: Learning from the Past to meet Tomorrow’s Challenges, Canberra, Australia, 29 May 2012.

23.     “Rwanda: 18 Years After,” 18th Commemoration of the 1994 Genocide against the Tutsi, Embassy of the Republic of Rwanda, Tokyo, 9 April 2012.

24.     広島に平和研究の灯をかかげて──平和科学研究センターの36年間」、立命館大学国際地域研究所 平和・紛争研究プロジェクト平和研究の内省と再活性化──平和研究所の軌跡、課題、可能性、20111219日。

25.     「広島の平和の歴史を語る」、広島商工会議所女性会、2011218日。

26.     「平和構築で必要な人材とフィールドにおける保健医療活動の事例」、第7回広島保健学学会国際シンポジウム「広島から世界へ−平和構築と保健学−」、広島大学霞キャンパス、2010104日。

27.      “Post-conflict Peacebuilding with reference to the Case of Japan (Hiroshima),” Kofi Annan Institute for Conflict Transformation, University of Liberia, 17 September 2010.

28.     「紛争後地域における平和構築と広島の復興の歴史の意義」、平成22年度ヒロシマ・ピースフォーラム、財団法人広島平和文化センター、201073日。

29.     「平和構築」、立命館アジア太平洋大学、201054日。

30.     「平和構築のための戦略と人間の安全保障」、JICA技術研修員受入事業 集団研修「総合的被害者支援システムの開発(B)」コース、常磐大学国際被害者学研究所、201039日。

31.     “Tasks of Post-conflict Peacebuilding: Lessons of Contemporary Cases and Histories of Japan (Hiroshima),” Department of International History and Relations, Colombo University, 25 July, 2009.

32.     “R2P, Sovereignty and Peacebuilding,” Workshop on The Responsibility to Protect, Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University, 22 June 2009.

33.     「国際社会の秩序」、法政大学法学部、2009513日。

34.     「アフリカの平和構築そして平和構築分野の人材育成」、外務省「TICADWフォローアップ・シンポジウム〜スーダン、そしてアフリカにおける平和と安定の推進に向けた我が国の取り組み〜」、国連大学、2009311日。

35.     「アフリカにおける平和構築」、外務省「対アフリカ人道支援セミナー」、広島市留学生会館、20081129日。

36.     「平和構築のアクター(2)平和構築と日本の政策」、「政治学・総合科目Y:平和構築論入門・紛争・平和構築の現場から」、東京外国語大学、20081112日。

37.     Reconstruction of Hiroshima,Love & Peace Lounge in Hiroshima 2008, Café Paco, Hiroshima, August 6, 2008.

38.     What Is Peacebuilding? Ritsumeikan Asia-Pacific University, May 1, 2008.

39.     「第3回広島国際ユースシンポジウム:国際貢献の多様性−あなたは何ができる?−」、広島大学東千田キャンパス、2007825日。

40.     「紛争後の平和構築『平和の定着』:理論と概要」、連続講座「アフリカ学」上級コース『平和の定着』、TICAD市民社会フォーラムアフリカ学講座上級コース研修講師、JICA東京、2007623日。

41.     “Post-conflict Reconstruction of Japan and Hiroshima”、国際交流基金「日中韓次世代リーダーフォーラム」、2007625日、メルパルク広島、2007625日。

42.     「『平和都市広島』の可能性」、第2回広島国際ユースシンポジウム「『平和都市広島』って何?今、ユースの視点から見つめなおす」、広島大学東千田キャンパス、2007217日。

43.     “Hiroshima’s Post-conflict Reconstruction and the Importance of the Will and Capacity for Peacebuilding in Local Society,” HIPEC International Peacebuilding Conference: Indigenous Initiatives for Peacebuilding: Importance of Local Viewpoints and Expected Roles of Developmental Assistance, March 8, 2007.

44.     “How Can We Become World Citizens in Such a Turbulent Age?: A Reflection in Hiroshima upon Contemporary Post-Conflict Peacebuilding Activities,” The INU Student Seminar on Global Citizenship in Hiroshima” Hiroshima University, August 7, 2006.

45.     「平和構築戦略におけるDDRの役割」、スー・インターナショナル主催・外務省後援シンポジウム「平和構築〜DDRの視点から」、JICA国際協力総合研修所、20051128日。

46.     「国際平和構築へ」、平成17年度広島大学公開講座「広島から世界の平和について考える」、広島大学、2005915日。

47.     21世紀の地球秩序と新しい平和の課題」、国連大学グローバルセミナー2005神戸・淡路セッション「21世紀の地球秩序を求めて−『新しい脅威」の克服」、2005914日。

48.     「イラクの平和構築と中東情勢」、ひろしま国際センターアジア塾、2005622日。

49.     「国際社会が平和活動にどう立ち向かうか―ボスニア・リベリア・スーダンなどに見る永続的な平和への模索―」、ピースおおさか「21世紀の平和を考えるセミナー」第14回講演、2005130日。

50.     「紛争(後)地域の平和構築と法の支配」、早稲田大学現代政治経済研究所(21世紀COEGLOPE)シンポジウム「主権国家秩序〔の揺らぎ〕と平和構築と民主化の課題」、20041222日。

51.     JICAボスニア・ヘルツェゴビナ教員研修と広島開催の意義」、広島県・JICA中国センター主催「広島国際平和フォーラム」、広島国際平和会議場、20041123日。

52.     広大の平和研究の未来に向けて−広島・日本・世界から見た平和の意味−」、広島大学全学シンポジウム「広島大学は平和について何を教えるべきか」全体会「広大の平和貢献:過去・現在・未来」、広島大学サタケメモリアルホール、20041014日。

53.     「国際平和活動と日本の現状」、平成16年度参議院国会議員政策担当秘書研修、参議院議員会館、200498日。

54.     「戦争が起こった社会に平和をつくる」、世界平和記念聖堂献堂50周年記念行事、幟町教会、200495日。

55.     「平和構築の新機軸」、広島市・㈶広島平和文化センター主催『ヒロシマ・ピースフォーラム』、2004828日。

56.     「広島の平和運動の可能性に向けて」、朝日新聞社・広島市・㈶広島平和文化センター主催国際平和シンポジウム「再び築こう核廃絶の流れを−強めよう都市と市民の連携−」、広島国際会議場、200481日。

57.     「国連と平和構築」、第10回模擬国連会議サマーセッション、模擬国連委員会吸収支部、門司港駅ホール、2004727日。

58.     ODAにおける平和構築支援」、「環境・持続社会」研究センター主催セミナー「ODAと貧困削減・平和構築」、東京ウィメンズプラザ、2004726日。

59.     「平和構築を担う人材」、国際協力機構国際協力総合研修所セミナー「開発援助における平和構築支援の課題と限界」、JICA国際協力総合研修所国際会議場、2004715日。

60.     「なぜ紛争(後)地域にシビリアンが必要なのか:平和構築活動の重要性と危険性」、早稲田大学政治経済学部主催シンポジウム「紛争(後)地域の平和構築におけるシビリアンの貢献−奥大使追悼−」、早稲田大学、2004623日。

61.     「平和構築、法の支配、日本の国際平和協力」、内閣官房国際平和協力チーム・ヒアリング、内閣府国際平和協力本部事務局、2004220日。

 

 

 

翻訳

 

1.         クリストファー・ヒューズ「日中関係と弾道ミサイル防衛(BMD)システム」、広島大学平和科学研究センター(編)『IPSHU研究報告シリーズ研究報告No.27:ポスト冷戦時代の核問題と日本』、2001年、所収。

2.         ディヴィット・トレンド編『ラディカル・デモクラシー:アイデンティティ、シティズンシップ、国家』(三嶺書房、1998)、原著:David Trend (ed.), Radical Democracy (New York and London; Routledge. 1996)、第49章。

 

 

書評

 

1.         『世界に向けたオールジャパン―平和構築・人道支援・災害救援の新しいかたち』、『国際安全保障』第44巻第4号、2017年。

2.         五十嵐元道著『支配する人道主義』、『図書新聞』20166月。

3.         東大作著『平和構築における正統性構築の挑戦』(Daisaku Higashi, Challenges of Constructing Legitimacy in Peacebuilding, Abingdo: Routledge, 2015, 197pp.)、『国連研究』第17号、20166月。

4.         「三牧聖子著『戦争違法化運動の時代−「危機の20年」のアメリカ国際関係思想−』」、『国際法外交雑誌』、第115巻、第1号、20165月。

5.         「南シナ海 アジアの覇権をめぐる闘争史」(ル・ヘイトン著・安原和見訳)、共同通信社配信、20164月。

6.         ハンス・モーゲンソー(現代平和研究会 訳)『国際政治−権力と平和』(福村出版、1986年)、日本平和学会(編)『平和を考えるための100+α』(法律文化社、2013年)所収。

7.         「時代に君臨する先端技術『第五の権力』(エリック・シュミット、ジャレッド・コーエン著、櫻井祐子訳)、共同通信配信、20143月。

8.         What is Political Philosophy of International Relations?  – Review Article on Thomas L. Pangle and Peter J. Ahrensdorf, Justice among Nations: On the Moral Basis of Power and Peace,” 『政治哲学』第15号、2013年。

9.         「『例外国家』としてのソマリランド」、『アステイオン』、vol.0792013年。

10.     「望月康恵著『移行期正義:国際社会における正義の追及』」、『国際法外交雑誌』、第11巻第4号、2013年。

11.     「悪魔と手を握る責任 〜ロメオ・ダレール(金田耕一訳)『なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか――PKO司令官の手記』を読んで〜」、『風のたより』、第48号 20129月、風行社。

12.     Seunghoon Emilia Heo, Reconciling Enemy States in Europe and Asia (Palgrave Macmillan, 2012).

13.     「川端正久・武内進一・落合雄彦(編著)『紛争解決:アフリカの経験と展望』(ミネルヴァ書房、2010年、311頁)」、『国際政治』、168号、2012年。

14.     「国際組織法が説明する国際秩序とは何か−山田哲也『国連が創る秩序:領域管理と国際組織法』(東京大学出版会、2010年)書評」、『レヴァイアサン』、第47巻、2010年秋。

15.     「中村研一『地球的問題の政治学』(岩波書店、2010年)」、『北海道新聞』、20105月。

16.     「村瀬信也(編)『国連安保理の機能変化』(東信堂、2009年)」、『国連研究』、第11号、2010年。

17.     「東大作『平和構築−アフガン、東ティモールの現場から』(岩波新書、2009年)」、『北海道新聞』、200985日。

18.     外交フォーラム書評連載、200612月号、20073月号、20076月号、200079月号、200712月号、20083月号、20086月号、20089月号、200812月号。

19.     YAMASHITA Hikaru, Humanitarian Space and International Politics: The Creation of Safe Areas」、『国際安全保障』、第34巻第2号、20069月号。

20.     「より良き国連PKOのために・上杉勇司『変わりゆく国連PKOと紛争解決:平和創造と平和構築をつなぐ』(明石書店、2004年)」、『琉球新報』、2004711日付書評。

21.     「納家政嗣著『国際紛争と予防外交』(有斐閣、2003年)216頁」、『国際安全保障』第31巻、第4号、20043月。

22.     「戦争という思想的な問題−M・イグナティエフ『ヴァーチャル・ウォー』によせて」、『風のたより』(風行社20033月)。

23.     “Conditional Independence?: A Comment on the Report of the Independent Commission on Kosovo,” First Press: New Writing on World Politics, Society and Culture http://www.theglobalsite.ac.uk/times/011shinoda.htm (November 2000).

24.     Review of John Hoffman, Sovereignty (Buckingham: Open University Press, 1998, 129 pp., 10.99 pounds pbk), Millennium: Journal of International Studies, Vol. 28, No. 1, 1999, pp. 179-181.

 

奨学金・研究費

 

1.         20142016年度科学研究費補助金基盤(B)「平和構築における法の支配とオーナーシップ:国際立憲主義と段階的社会発展の論点から」(研究代表者)(直接経費450万円)

2.         2009-2011年度科学研究費補助金基盤(B)「平和構築における現地社会のオーナーシップ育成の課題」(研究代表者)(直接経費680万円)

3.         2005-2007年度科学研究費補助金若手研究(A)「平和構築における安全保障機能の研究−紛争(後)社会の治安維持と法秩序の確立」(研究代表者)(直接経費800万円)

4.         2004年度海外先進教育研究実践支援プログラム「国際平和協力要員の能力形成についての研究」(取組担当者)(旅費・滞在費)

5.         2003年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)「平和構築と法の支配」(150万円)

6.         2002-2003年度国際交流基金日米センター「紛争と人間の安全保障:平和構築の新しいアプローチを求めて」(広島大学平和科学研究センターGeorge Mason大学Institute of Conflict Analysis and Resolution共同プロジェクト:研究責任者)(1千万円)

7.         2002-2004年度科学研究費補助金若手研究(A)「平和活動による法の支配の確立−旧ユーゴスラビアでの諸活動を中心にして−」(研究代表者)(910万円:直接経費700万円・間接経費210万円)

8.         2001年度学術振興野村基金研究プロジェクト助成金「地域紛争に関する平和・援助活動の         データベース化」(研究代表者)40万円)

9.         2001年度前期広島大学研究支援金「武力紛争における劣化ウラン弾の使用」(研究代表者)(110万円)

10.     2001年度日米教育委員会フルブライト奨学金(コロンビア大学人権研究センター客員研究         員)

11.     2001年度日本学術振興会特定国派遣イギリスB(ケンブリッジ大学ローターパクト国際法          センター客員研究員)

12.     20002001年度科学研究費補助金奨励研究(A)「平和建設活動の理論と現状『法の支               配』の観点から−」(研究代表者)(230万円)

13.     2000年度日本国際政治学会国際学術交流基金(渡航費)

14.     1999年度上廣倫理財団研究助成金「国際社会における強行規範(ユース・コーゲンス)の研究」

15.     1995年度英国政府Overseas Research Student Award

16.     1993-1994年度伊藤国際教育交流財団奨学金

17.     1992年度早稲田大学大隈奨学金