[[FrontPage]]

 ALH1	いくつかの統計手法を R を使ってコードを書いてみる練習(第2−4回で行い、第7回で振り返り)
 ALH2	自分のリサーチ・デザインに組み込む練習(手法的な改善を組み込んだデザインの 発表:第12−13週)
 第1回	イントロダクション:重要な統計的概念と原理
 第2回	R の基礎
 第3回	量的変数の記述統計
 第4回	質的変数の記述統計
 第5回	2群の比較に関する統計
 第6回	相関分析
 第7回	線形回帰分析
 各自のデータ分析報告(ALH1 振り返り)
 第8回	3群以上の比較
 第9回	共起語彙ー構文特徴分析
 第10回	二項ロジスティック回帰分析
 第11回	条件推論決定木とランダムフォレスト
 第12回	意味ベクトル・スペース
 各自のデータ分析改善報告(1)
 第13回	コレスポンデンス分析
 各自のデータ分析改善報告(2)

**授業スケジュール [#h73e1198]
-レポートする際にカバーすること
--担当箇所
--自分のデータでできること
--自分の分野でできること
--画面共有など発表方法は自由に。
||||担当|補足・参考資料|
|第1回|4月23日|オリエンテーション & 発表分担|||
|第2回|4月30日|Chapter 1 & 2 & 3|川本|[[Chapter3のRコード>]]|
|第3回|5月7日|Chapter 3|川本||
|第4回|5月14日|Chapter 4|小谷さん|[[Gries の DPについて(参考記事)>https://users.ugent.be/~jlijffij/articles/lijffijt2012a.pdf]]|
|第5回|5月21日|Chapter 6|シャオリンさん||
|第6回|5月28日|Chapter 7|馬場くん||
|第7回|6月4日|Chapter 7 (p.162-) & 14 |馬場くん & 川本||
|第8回|6月11日|Chapter 15|馬場くん||
|第9回|6月18日|Chapter 9|シャオリン||
|第10回|6月25日|Chapter 10|小谷さん||
|第11回|7月2日|Chapter |||
|第12回|7月9日|Chapter |||
|第13回|7月16日|Chapter |||
-Chapter 10
|第11回|7月2日|休憩 |||
|第12回|7月9日|Chapter 18|川本||
|第13回|7月16日|Chapter 17|馬場くん||



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS