#norelated

アクセス数(2019-4より): &counter;

*投野由紀夫の研究室・ゼミ&授業用ページ [#w54efec5]

[[[リンク集>UsefulLinks]] | [[投野の論文>TonoPaper]] | [[投野の講演>TonoSpeech]] | [[投野のCV>TonoCV]] | [[過去のお知らせ>過去のお知らせ]] | [[投野の辞書コレクション>MyDictionaryCollection]] | [[ゼミ論・卒論・修論題目>論文リスト]] | [[CEFR-J]] | [[UsefulResources]] ]


----
#contents

----
**このサイトについて [#k2d12f23]

東京外国語大学投野研究室の授業用ページを運営するためのHPです。ページ編集にはパスワードが必要になりました。(投野由紀夫)


**お知らせ [#w3669f1e]

***ESRC-AHRC UK-Japan SSH Connections Call で研究課題が採択されました [#c5d99590]
*** Oxford English Dictionary 誕生秘話を描いた映画 The Professor and the Madman がついに日本上陸! [#wb904d07]
-[[公式webサイトはこちら>https://hakase-kyojin.jp/]]
-孤高の学者と呪われた殺人犯。世界最大の英語辞典誕生に隠された真実の物語。
-主演:メル・ギブソン、ショーン・ペン
-この近くでは立川で上映しています。
-絶対にお薦めです!

-英国と日本の2カ国学術交流の funding で、学習者コーパス研究が採択されました。Lancaster 大学の Tony McEnery 氏が中心になり、石川慎一郎氏(神戸大学)、私が日本側のコーディネーターになります。7月に英国で、9月に日本で1回ずつ会議を持ちます。第2言語習得、言語教育との融合的な研究テーマを掘り下げるような興味深い会議になると思います。
***CEFR-J2020シンポジウムが webinar で開催されます! [#fdab89ec]

-詳細は[[CEFR-J 公式ページのイベント欄へ>https://www.cefr-j.org/events.html]]
-3月実施予定だった CEFR-J シンポジウムですが、コロナのため延期。今回、webinar 形式で実施することに決定しました。2020年11月28日(土)開催予定。
-根岸先生代表の科研の「CEFR-J パフォーマンス・テスト」の発表、バリー・オサリバン教授の基調講演などがあります。
-また午前中は CEFR-J を活用した企業のプレゼンテーションが聞けます。
-CEFR-J は最近正式に発行された CEFR Companion Volume でもデスクリプタ提供先リストに公式に加えられています。

***CEFR-J 2019 in 京都は盛会のうちに終了しました [#m9bae693]

-3月23日(土)に同志社大学で開催され、協賛企業11社、約170名の参加者が与えられました。オンライン予稿集は以下を参照してください:
--[[オンライン予稿集>http://cefr-j.org/PDF/Sympo2019/CEFR-J2019Program.pdf]]
***英語コーパス学会でフ・シャオリンさん(D2)が学生優秀発表賞を受賞されました! [#g1cbf80d]

-「JAECS Student Best Presentation Award / 英語コーパス学会学生優秀発表賞」は今年度から新設された award です。
-Hu XIAOLIN, A Validation Study of the Accuracy of Lexical Diversity Tools. で受賞!最近自動分析ができるようになってきたさまざまなテキストの語彙特性分析ツールの評価実験をした論文です。おめでとう!

***三浦愛香さんが無事に博士号(学術)を取得されました! [#t47ce037]
***英語コーパス学会の2020年度大会で院生が発表します [#h9149718]

-博士後期課程(満期退学)の三浦愛香さん(東京農業大学)が以下のタイトルで博士論文公開審査を行い、先日の教授会で審査報告が行われ、博士号を見事に取得されました!おめでとうございます!
-フ・シャオリンさん(D2)と寺田里沙さん(M1)が今年度の英語コーパス学会で発表が採択されました
-私は ELC の Wei-Tung Wang 先生と ELC Speaking Corpus に関する発表をする予定です


-タイトル:Corpus Pragmatics: Exploring Criterial Pragmalinguistic Features of Requestive Speech Acts Produced by Japanese Learners of English at Different Proficiency Levels.
***ELC のスピーキング・コーパス作成のために speech to text のノウハウを学んでいます [#ia016b98]

-Mac で Google ドキュメント経由で自動書き起こしする方法 [[こちら>AudioTranscription]]

***2019年主要学会と〆切 [#td716beb]
-英語コーパス学会 (2019年10月5-6日、高知県立大学)
***私立中高からの求人募集が来ています: [#aac5c1d1]

-全国英語教育学会 (2019年8月17日-18日、弘前大学)
--[[Web page:>http://jaselehirosaki.sakura.ne.jp/JASELEHirosaki2019/index.html]]
-キャリアセンターに求人が来ている学校です。教員免許が取得できる人はトライしてみましょう:
--雙葉中高(英語科専任教員)
--芝中学校・芝高等学校(英語科専任教諭)
--攻玉社中学校・高等学校(専任教員)
--京華学園(中学・高等学校/有期教員)
--国際基督教大学高等学校  英語科専任教諭
--千葉商科大学付属高等学校  英語科専任講師(任期付)
--東洋英和女学院中学部高等部  英語科専任教諭
--愛知県 栗本学園 新設高校(仮称:国際高等学校)  英語専任教員
--フェリス女学院中学校・高等学校  英語教諭(専任教諭または常勤講師)

-大学英語教育学会 (2019年8月28-30日、名工大)
--[[Web page:>https://www.jacet.org/convention/2019-2/]]
--CFP: 300 words/800字
--Deadline: 2018年1月16日-2月7日

-eLex 2019 (2019年10月1-3日, Sintra, Portugal)
--[[Web page:>https://elex.link/elex2019/]]
---今回は行けません
***英語4技能自学自習アプリ、ELST® を紹介します [#pfda15df]

-AustraLex2019 (2019年9月3-4日, Canberra, Australia)
--CFP: 300 words
--Deadline: March 1, 2019
---accept されました
-サインウェーブ社の技術を結集した4技能学習アプリです。
-中学校の検定教科書主要5社の内容に完全準拠しています。
-iOS, Android 端末で動きます。
-「CEFRコース」というのがあり、そこでの学習コンテンツは、CEFR-J でレベル分けされています。
--投野研究室がレベル判定の作業をお手伝いしました
-CEFRレベル判定テストも、(かなり長大なテストですが)CEFR-J レベルを判定できます。
-現在は私学や塾などで導入が進んでいるそうです。
-詳細は以下を参照:
--https://www.sinewave.co.jp/elst

-ICAME 40 (2019年6月1-5日、Université de Neuchâtel, Switzerland)
--[[Web page:>https://icame40.ch/calls-circulars/call-for-papers/]]
--CFP: 500 words including references
--Deadline: December 15, 2018
---今回は行けません

***2020年度 東京外国語大学オンラインオープンキャンパスが開催されます [#y5d76487]

-Vocab@Leuven (2019年7月1-3日、ルーベン、ベルギー)
--[[Web page:>https://vocabatleuven.wordpress.com/]]
--CFP: 300 words
--Deadline: December 15, 2018
---今回は行けません
-7月23-24日
-案内ページ
--http://www.tufs.ac.jp/admission/navi/events/open/2020.html

-Corpus Linguistics 2019 (2019年7月22-26日、Cardiff, Wales, UK)
--[[Twitter>https://twitter.com/clconf2019]]
--[[CFP>http://www.cl2019.org/index.php/call-for-papers/]]
--CFP: 750-1500 words for full papers; 250-500 words for posters
--Deadline: January 14,2019
--earlybird: Feb. 14-April 21, 2019

-LCR2019 (2019年9月12-14日、ワルシャワ、ポーランド)
--[[Web page:>https://lcr2019.ils.uw.edu.pl/]]
--CFP: 600-700 words (excluding references)
---Deadline: January 20, 2019
***英語コーパス学会第46回大会のご案内 [#rd1bd7a5]

-Asialex 2019 (2019年6月19-21日、イスタンブール、トルコ)
--[[Web page:>http://asialex2019.istanbul.edu.tr/en/_]]
--CFP: 300 word abstract (excluding references)
---Deadline: March 15, 2019
-今回はコロナの影響で、学会はオンライン開催になりました。
-大会ウェブサイトが公開されました: [[こちら>https://www.jaecs2020.org/]]
-オンライン開催に伴って、学会非会員でも発表できるように特別措置がなされました
-大会参加費も無料です
-研究室の大学院生(修士・博士)は、是非自分の研究を何らかの形で発表してみてください
--発表の際は投野まで事前に相談をするように
-大会発表申込〆切:2020年7月31日

***2018年度修論・卒論・ゼミ論発表会 無事終了! [#idd8ef7a]

-日時:2019年2月7日(木)
-場所:105教室
-プログラムの詳細:[[TonoZemi2018]]
--初のポスター発表もみんな頑張りました!
--終了後は、吉祥寺で盛り上がりました!
***NHKラジオ「基礎英語3」リモート収録の様子がテレビで紹介されます! [#a4b019db]

-6月14日(日)11:30〜 「どーも、NHK」(NHK総合テレビ)
-私は収録中の様子がパソコン上の画面でちらっと映ります。


***「CEFR-Jリソースブック」が刊行されました! [#zfbf7b0d]

-大修館書店より、CEFR-J ガイドブックに次ぐ第2段の単行本が発刊になりました。
-根岸雅史先生と編著で、投野科研(2015-2018年度)、根岸科研(2016-2019年度)の成果です。
-今回は CEFR-J の活用度を高める語彙・文法・テキストのプロファイリング情報と、テスト・タスクの研究成果をまとめています。
-宣伝用チラシ: [[ダウンロード>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/CEFR-J_ol.pdf]]
- コロナが収束したら、シンポジウムを開催できたらと希望しています。ご期待ください。


***Sketch Engine の学外利用について [#z733ccbb]

-今年度も Sketch Engine の大学サイトライセンスを契約しています。
-以前は IP 認証でしたが、現在は SSO 認証といって、学認に登録することで自分の大学ネットワークのユーザー名とパスワードで学外から利用できるようになっています。
-また IP 認証の時はコーパス検索だけでしたが、SSO になって自作コーパス(100万語)作成が可能になりました。web corpus 作成もできます。
-本学での学認の利用には図書館で登録が必要です。
--[[図書館での学認の利用申請について>http://www.tufs.ac.jp/common/library/guide/list/online_gakunin.html]]

--投野研究室のメンバーは全員 Sketch Engine の学外アクセスができるように登録をお願いします。



***新年度のコロナウイルス対応について [#v97b6efb]

-大学の方針で、授業開始は 4/20 から、しかも GW 期間中もすべて授業があり、春学期はすべてオンライン授業で行うこととなりました。数名の大学院の授業などもオンラインで実施を要請されています。
-オンライン授業用の接続テストを4/14に実施します。*無事終了
--これには Zoom というアプリのアカウントが必要です。各自、個人アカウントを取得しておいてください: [[Zoom のwebサイト >https://zoom.us/]]
--接続は私がホストになり会議案内を皆さんに送りますのでその指示に従って参加してもらいます。
--授業は全員顔出しで行います。指名などもするので、カメラ・マイクのある PC でアクセスしてください。(図書館など公共の場所では授業参加は迷惑になるので避けてください)
--[[簡易マニュアル >http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2020/zoom_manual.pdf]]
---授業では、発表資料などを提示してもらう都合上、必ず PC で操作しスマホなどでの視聴はしないでください。
---3年生の水2授業、4年生の火4卒論、大学院生の火5修論指導などでも最初の数週間はオンラインで行う予定です。感染拡大の状況により延長することがあります。


***2020年度学会と〆切 [#lec934c6]

-The 8th New Directions in Language Assessment Conference 2020 in Singapore
--CFR deadline: 19 April, 2020
--[[CFP website>https://www.britishcouncil.sg/new-directions/call-for-papers]]
---CEFR関連の発表も多いので、続けて発表しようかと準備中

-The 7th International Symposium on Pedagogical Lexicography and L2 Teaching and Learning (PL&LTL 2020) Huaqiao University, Quanzhou, China, on November 6-8, 2020
--CFP deadline: 30 July, 2020
--招待講演を頼まれています
- JACELE (@信州大学)
- JACET (@同志社大学)
--賛助会員枠で小学館と共同開発している CEFR-J レベル別コーパス構築の中間報告をする予定で発表申込をしています。
-[[TALC2020>https://langident.hypotheses.org/talc2020]] (University of Perpignan in the south of France, 15-18 July 2020) 
--CFP deadline: 15 January 2020 
--Keynote: Maggie Charles (University of Oxford), Mark Davies (Brigham Young University), Sylvain Detey (Waseda University), François Maniez (University of Lyon 2), Pascual Pérez-Paredes (University of Cambridge)


-[[AsiaLex2020 (Yogyakarta, Indonesia; June 16-18, 2020)>http://badanbahasa.kemdikbud.go.id/lamanbahasa/asialex2020/callforpapers]]
--CFP deadline: 1 March, 2020

-[[LIF2020>http://www.languageinfocus.org/]] – 7th International Language in Focus Conference (Valletta, Malta in April 30 – May 2, 2020)
--CFP deadline: 10 January, 2020


***CEFR-J2020 国際シンポジウムは開催延期となりました(2/21) [#c82f7940]

-新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、東京外国語大学ではイベント延期・中止の方針が出たため、3/14-15 開催予定だったシンポジウムを延期する決定をしました。

**2020年度授業 [#n2c6ad33]

-[[英語学・英語教育学研究2020]] 金3 春(オンライン)・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます
--但し専修免許取得希望者は私の授業で登録してください。

-[[言語教育基礎2020]] 火3 春(オンライン)・秋(216)
--博士前期課程(キャリア・プログラム)
--CEFR と外国語教育 

-[[専門特殊研究2020]] 火5 春(オンライン)・秋   (研究室)
--博士前期課程 修士論文指導
--修士の学生は原則、火曜4限の学部卒論指導にも出席してもらいます

-[[英語学・英語教育学研究1 2020]] or 英語学・英語教育学 1・2   木5 春(オンライン)・秋(研究室)
--博士後期課程
--それぞれの博士論文テーマを掘り下げます

-[[言語教育学演習2020]] 水2 春(オンライン)・秋    (研究室)
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2020]] 木4 春 (オンライン)
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2020]]  火4 春(オンライン)・秋 (研究室)   
--学部4年 卒論指導



**2019年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学・英語教育学研究2019]] 金3 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[言語教育学2019]] 火3 春(328)・秋(216)
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2019]] 火5 春・秋   (研究室)
--博士前期課程 修士論文指導
--修士の学生は原則、火曜4限の学部卒論指導にも出席してもらいます

-[[自立研究2019]] 木5 春・秋(研究室)
-[[自立研究2019]] or 英語学・英語教育学 1・2   木5 春・秋(研究室)
--博士後期課程
--それぞれの博士論文テーマを掘り下げます

-[[言語教育学演習2019]] 水2 春・秋    (216)
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2019]] 木4 春 (107)
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2019]]  火4 春・秋 (教室未定)   
--学部4年 卒論指導




**2018年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2018]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2018]] 火5 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2018]] 火6 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2018]] 集中 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2018]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2018]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2018]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導



**2017年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2017]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2017]] 火4 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2017]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2017]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2017]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2017]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2017]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導



**2016年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2016]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度は、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2016]] 火4 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2016]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2016]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2016]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2016]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2016]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導


**2015年度授業 [#s40a690a]

-[[専門特殊研究2015]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2015]] 火4 春・秋
--博士前期課程

-[[言語教育自立研究2015]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2015]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2015]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2015]]  木4 春・秋    
--学部4年 卒論指導

-[[英語教育学概論B2015]] 火3 春

-[[英語教育学概論A2015]] 火3 秋


**2014年度授業 [#ibe8d254]

-[[専門特殊研究2014]] 火5前・後    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2014]] 火4前・後  
--博士前期課程

-[[言語教育論2014]] 集中 前・後
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2014]] 水2前
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2014]] 木3前・後    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2014]]  木4前・後    
--学部4年 卒論指導

-[[英語教育学概論B2014]] 火3前

-[[英語教育学概論A2014]] 火3後



**2013年度授業 [#c02271a7]

-[[専門特殊研究2013]] 火3前・後    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2013]] 火4前・後  
--博士前期課程

-[[言語教育論2013]] 火5前・後
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2013]] 水2前
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2013]] 木3前・後    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2013]]  木4前・後    
--学部4年 卒論指導



**2012年度授業 [#w632f755]

-[[専門特殊研究2012]] 火3    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2012]] 火4  
--博士前期課程

-[[言語教育論2012]] 火5
--博士後期課程

-[[言語教育学2012]] 水2
--学部2年

-[[言語教育学演習2012]] 木3    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2012]]  木4    
--学部4年 卒論指導




**2011年度授業 [#jb188e99]

-[[自立研究2011]]
--博士後期課程対象 木5

-[[英語学研究2011]]  火2前期
-[[英語学研究2011-2]] 後期     
--博士前期課程

-[[卒論演習2011]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2011]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2011]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2011]] 木3    
--学部3年用ゼミ




**2010年度授業 [#q6c7a021]

-[[言語教育論2010]]  集中   
--博士後期課程 授業

-[[英語学研究2010]]  火2     
--博士前期課程

-[[卒論演習2010]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2010]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2010]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2010]] 木3    
--学部3年用ゼミ





**2009年度授業 [#c94f4331]

-[[言語教育論2009]]  火3   
--博士後期課程 授業

-[[卒論演習2009]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2009]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2009]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2009]] 木3    
--学部3年用ゼミ

-[[英語学研究2009]]  木5     
--博士前期課程


**2008年度授業 [#c32155a7]

-[[専門特殊研究]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導
-[[コーパス言語学概論・演習]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目
-[[言語教育学演習]] 木3    
--学部3年用ゼミ
-[[卒論演習]]  木4    
--学部4年 卒論指導
-[[英語学研究2008]]  木5     
--博士前期課程 前期授業
-[[英語学研究2008-2]] 木5
--博士前期課程 後期授業
-[[言語教育学自立研究]]  金4   
--博士後期課程 授業


**2007年度授業 [#tff7de83]

-[[言語教育論]] 大学院博士課程

-[[英語学研究]] 大学院修士課程
--http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/ma2007-1.html

-[[コーパス言語学集中講義]] 大学院修士課程

-[[英語語彙習得研究集中講義]]  大学院修士課程 

-[[英語教育学演習]] 学部(特化コース用)

-[[言語教育学講義]] 学部(教科教育法)
--http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/tefl2007.html

-[[言語教育学基礎]] 1年生対象、リレー講義


**免責事項 [#se12d910]

このページでは学生に自主的にページを作成してもらったりしますので,すべてのページの責任を投野が負っているわけではありません。学生が作成したページの著作権または内容に関する責任は作成者自身にあります。


** PukiWikiについて [#c2af49f4]

- [[PukiWiki]] -- PukiWikiのご紹介

*** ドキュメント [#o366701b]
- [[ヘルプ>Help]] -- PukiWikiで編集するには?
- [[テキスト整形のルール(詳細版)>FormattingRules]]
- [[プラグインマニュアル>PukiWiki/1.4/Manual/Plugin]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS