#norelated

アクセス数(2019-4より): &counter;

*投野由紀夫の研究室・ゼミ&授業用ページ [#w54efec5]

[[[リンク集>UsefulLinks]] | [[投野の論文>TonoPaper]] | [[投野の講演>TonoSpeech]] | [[投野のCV>TonoCV]] | [[過去のお知らせ>過去のお知らせ]] | [[投野の辞書コレクション>MyDictionaryCollection]] | [[ゼミ論・卒論・修論題目>論文リスト]] | [[CEFR-J]]]
[[[リンク集>UsefulLinks]] | [[投野の論文>TonoPaper]] | [[投野の講演>TonoSpeech]] | [[投野のCV>TonoCV]] | [[過去のお知らせ>過去のお知らせ]] | [[投野の辞書コレクション>MyDictionaryCollection]] | [[ゼミ論・卒論・修論題目>論文リスト]] | [[CEFR-J]] | [[UsefulResources]] ]


----
#contents

----
**このサイトについて [#k2d12f23]

東京外国語大学投野研究室の授業用ページを運営するためのHPです。ページ編集にはパスワードが必要になりました。(投野由紀夫)


**お知らせ [#w3669f1e]

***TITC(投野研英語合宿)無事終了! [#nf00292e]
***2020年度学会と〆切 [#lec934c6]

-今年度初めて行った英語&専門分野を磨く Tono's Intensive Training Course (TITC) が7月31日〜8月3日まで3泊4日で大学セミナーハウスで開催され、13名が参加。大成功のうちに終わりました。
-ゼミ生の結束も強まり、皆の motivation も高まったと思います! お疲れ様でした!
-プログラム
-[[LIF2020>http://www.languageinfocus.org/]] – 7th International Language in Focus Conference (Valletta, Malta in April 30 – May 2, 2020)
--CFP deadline: 10 January, 2020
-[[AsiaLex2020 (Yogyakarta, Indonesia; June 16-18, 2020)>http://badanbahasa.kemdikbud.go.id/lamanbahasa/asialex2020/callforpapers]]
--CFP deadline: 1 March, 2020


***2016年の国際学会と〆切 [#s1016fe5]
***岩研究会の LEXICON バックナンバーがオンラインで読めるようになりました [#dc5dfc14]

-COLING2016 (12月11-16日、大阪)
--自然言語処理の世界的な学会、今年は大阪で開催します
--[[WAT2016 (The 3rd Workshop on Asian Translation)>http://lotus.kuee.kyoto-u.ac.jp/WAT/]]
---アジア言語の機械翻訳ワークショップ
---ここに CEFR-J x 27 のプロジェクトをアプリケーション分野で発表したい
---〆切:9月25日(research paper)
-英語辞書学、特に辞書批評の分野で重要な論文がたくさん LEXICON には掲載されました。辞書学に興味のある人は参考にしてください。
--[[GlobaLex のサイトで読めます>https://globalex.link/publications/lexicon/#toggle-id-9]]

-[[Vocab@Tokyo2016(9月12-14日、明治学院大学) >https://sites.google.com/site/vocabattokyo/home]]
--第2言語語彙習得の国際学会
--著名な語彙習得の学者が集まります
--私も featured speaker でプレゼンします

***Sketch Engine が SSO 認証に変更になりました。 [#n3df5cd1]

-[[簡単なマニュアルを作りました>http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/pdf/2019/SkeSSOAccess.pdf]]
-Institutional Login → 東京外国語大学 → 自分の大学アカウントでログイン
-これにより、フルアクセス(自作100万語コーパス)までが無料で利用できます
-学内だけでなく、学外でもアクセスが可能になりました。
-学認からのアクセスをするためには、図書館で学認の登録をする必要があります。
-2019年9月20日現在、SSO認証の設定が完了し、フルアクセスになりました。各自、学認の認証を終えた後、自分の大学のアカウントでログインし、New Account の登録を終えると使用可能になります。ご活用ください。
-SSO認証に関しては以下のヘルプを参照してください:
--[[Sketch Engine access via SSO license>https://www.sketchengine.eu/guide/single-sign-on-sso/#toggle-id-2]] 

***Studies in Corpus Linguistics (John Benjamins) [#u14abf04]

-John Benjamins の「コーパス言語学論集」Studies in Corpus Linguistics (SCL) の advisory board に就任しました。
-年間1-2冊の査読、注目すべき研究の単行本企画の提案などを行います。

***CQPWeb が研究室で利用できるようになりました [#x1bb7f5a]

***英検研究助成 [#yd864f24]
-Stefan Evert 先生(Erlangen 大学)の協力で、研究室に CQPWeb サーバーを立てました。
--今後、研究室内部データはできるだけこちらに搭載して検索できるようにします。
--まだ学外からはアクセスできません。

-博士1年の高橋有加さんが、今年度の英検研究助成に応募して、「日本人英語学習者の回避行動に基づく多面的な言語能力テスト開発のための基礎的検討」で見事研究費を獲得しました!おめでとうございます!

***小学館コーパスネットワークが学内で利用可能になりました [#l304035e]

***岩崎研究会7月拡大版 [#i0e92e64]
-BNC, WordBanksOnline, JEFLL, PERC といったコーパスが日本語インタフェースで利用できるサービスです。
-学内の IP アドレスからであればどの端末からも利用できます
-VPN にも対応しています
-図書館の以下のリンクからどうぞ
--[[小学館コーパスネットワーク>https://scnweb.japanknowledge.com/?1]]

-どなたでも参加できます(参加費無料、希望者は投野まで言えば PDF で論文を配布します)

-今回の新しいテキスト:
--Biber, D. & Reppen, R. (eds.) (2015)Cambridge Handbook of English Corpus Linguistics. CUP.
--7月2日(土)午後2-5時
--場所:東洋大学白山キャンパス 6410教室(6号館4階)
---http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html 
--担当
---Chapter 1: Corpora: an introduction (Mark Davies)  レポーター:濱嵜灯(東京外大4年)
---Chapter 2: Computational tools and methods (Paul Rayson) レポーター:高橋有加(東京外大D1年)
---Chapter 3: Quantitative designs and statistical techniques (Stefan Gries) レポーター:川本渚凡(東京外大M2年)
---Chapter2 のツール類のリンク:[[CamHandbookChap2]]
***コーパス徒然草を書き始めました [#w7c7597a]

***JACET CEFR 研究会 [#t1fb9ae4]
-[[CorpusNotes]]
-コーパスに関するちょっと自分にとって面白い話題をメモ風にまとめています

-今年度から CEFR の SIG が JACET で発足しました。以下のように第1回の研究会が開催されます。興味のある方は参加してください:
--日時:2016年6月25日(土)13時〜17時
--場所:明治大学中野キャンパス 405教室(高層階の4階)
---http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/nakano/access.html
--参加資格:SIG メンバーは JACET 会員。研究会の参加は非会員も可能
--参加費:会員無料、非会員 500円
--内容:
---13:00 - 13:10 研究会の趣旨説明 (投野)
---13:15 - 14:00 ミニレクチャー1:「CEFR-J 開発の経緯と利用環境の整備」
(投野由紀夫)
---14:00 - 14:45 ミニレクチャー2:「CAN-DO と学習指導要領」(尾関直子)
---(休憩)
---15:00 - 15:30 研究発表1 米田 佐紀子(北陸学院大学)・西村 洋一(北陸学院大学)「教科としての小学校英語の成果と課題 ―CEFRに準拠したケンブリッジ英検を用いて―
---15:35 - 16:05 研究発表2 松本優美(玉川大学・非)「CEFR-Jと中学校英文法項目の結びつきを試みる」
---16:10 - 16:40 研究発表3 内田富男(明星大学)「英語科教員養成におけるCEFRの活用実践事例:CEFR-J WordListを用いて言語活動を考えさせる試み」
---16:40 - 17:00 SIG の進め方などに関する意見交換


***夏休みのゼミ合宿 [#wbd1afd5]

***Temple University Distinguished Lecturer Series [#sb027316]
-投野ゼミの夏合宿は8月3-4日実施予定です。ゼミ生はキープしておくように。

-今年度の秋にテンプル大学日本校における distinguished lecturer series で集中講義をします。
-東京(9月)・大阪(11月)で12時間ずつ、土日で開催され、最初の3時間のセッションは一般公開されます。
-興味のある方は後ほど詳しい情報をアップします。

***投野研究室 ITC のお知らせ [#vc91996f]
***夏休みのインターン [#z69f06e2]

-夏学期に投野研究室で英語集中合宿(Intensive Training Course)を開催します。期間中は英語のみで生活し、日本語禁止。英語の基礎体力トレーニング&研究分野の内容をからめた専門英語トレーニングを目的とします。
-投野ゼミ3年生の何名かが、この夏休み中に出版社にインターンとして派遣されます。まだゼミに入ったばかりですが、出版社で教材・教科書・辞書などの作成の実務を体験することができます。
-インターンの受け入れ先の企業や出版社も募集しております。お問い合わせください。

--日時:7月31日〜8月3日
--場所:大学セミナーハウス(八王子)
--詳細は後日アップします。研究室のメンバーはできるだけ参加してください。
*** Deny Kwary 氏(Universitas Airlangga) 追悼 [#h7b38078]

***投野研究室メンバー2016年 [#j0b788a8]
-辞書学の中堅研究者 Deny Kwary 氏の訃報が飛び込んできました。午後の授業の途中でメールを見てショック。Deny は私がデンマークの辞書学研究所に2ヶ月招聘教授で働いていた時に、博士課程の学生で、PhD の審査ではデンマークまで呼ばれて外部審査委員をしました。帰国後、いろいろな機会に私のしてきた辞書ユーザー研究と学習者コーパス研究を参考に、多彩なプロジェクトをインドネシアで立ち上げて注目をされていました。まだ40前後だったと思う・・・奥さんと二人の幼子、一人はこのあいだ産まれたばかりでした・・・ご冥福をお祈りいたします。

-今年の研究室メンバーのリストを作りました → [[こちら>TonoZemiMember2016]]

***今年も Lancaster Summer School で講義をします [#n6c453ca]
***英語コーパス学会、関東甲信越英語教育学会の発表〆切迫る! [#w4b42880]

--[[Official site>http://ucrel.lancs.ac.uk/summerschool/index.php]]
-院生諸君は、英語コーパス学会、関東甲信越英語教育学会などでの発表を検討してみてください。

--[[英語コーパス学会(6/10)>http://jaecs.com/conference.html]]

***JACET2016 で基調講演をします [#ydfafbca]
--[[関東甲信越英語教育学会(6/12)>http://www.kate-j.sakura.ne.jp/conference.html]]

-2016年9月2日(金)
-詳細は [[こちら>http://www.jacet.org/2016convention/]]
---申し込む際は事前に内容を相談するように。


***基盤研究(A) CEFR-J 科研の第4弾が始動! [#wc0f50f3]
*** Stefan Evert 先生、再来日! [#v79eaed4]

-今回は根岸先生が研究代表で、CEFR-J のタスクとテストを作ります。
-真に実用化を目指す科研で4年後には CEFR-J の CAN-DO を試す performance test ができる予定です
-世界的なコーパス言語学、コンピューター辞書学の権威、Stefan Evert さんが再来日、10日間ほど外語大の私の研究室で一緒に研究します。
-うちの学生に少し CQPWeb などを教えてもらえる予定。

***趣味の辞書収集のページをアップデートしました [#c6c625a6]

***NHKラジオ『基礎英語3』に出演中! [#fd96cf38]
--変人と思わないでください、見たい方はこちら →  [[MyDictionaryCollection]]

--NHK公式サイト [[こちら>https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/basic3/]]
--らじるらじる:スマホで NHK ラジオが聴けます
--登録するとストリーミングで先週の放送が一挙に聴けるそうです
--私はストーリー執筆&テキスト執筆&出演で死ぬほど大変・・・研究する時間なくなってます
--しかし、CAN-DO & コーパスで「100語」とは違ったラジオの威力も感じています
--こちらの大学院修了の内田先生(明星大学)、後上先生(早稲田中高)の往年の「渋幕」チームに作成を手伝ってもらっています
***映画 The Professor and the Madman [#q93bb849]

***中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会 [#aabe8860]
-[[The Professor and the Madman>https://www.youtube.com/watch?v=8UG0-caYLfc]]

---外国語ワーキンググループの委員として学習指導要領の改訂に向けての議論をしています
---[[文部科学省の web サイト>http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/058/index.htm]]
---[[12月11日の私の発表資料>http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/058/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/12/17/1365351_2.pdf]]
-OED編纂者 James A.H. Murray とOED 用例収集のため1万件余の引用例を提供した精神病院に収監中の殺人犯 W.C. Minor との交流を描いた映画 The Professor and the Madman が米国で封切られました。Euralex president の Gille-Maurice de Schryver が以下のように伝えてきました:

--"we only just returned from one of only 11 screenings in the USA of the film The Professor and the Madman, about the beginnings of the OED, which was released today – what an experience to do so in a crowd of lexicographers, followed by insider perspectives by film buffs as well as the current OED team – WOW!"  (5月10日の Asialex の board へのメッセージより引用)

***最近 Google が新しい統語解析ツール SyntaxNet を公開しました。 [#v7992e00]

-多言語の言語情報解析に威力を発揮しそうです。使用方法を習得しようと思います。

--[[SyntaxNet>https://github.com/tensorflow/models/tree/master/research/syntaxnet]]

--40言語のトレーニングされたモデル [[40 models>https://github.com/tensorflow/models/blob/master/research/syntaxnet/g3doc/universal.md]]
---Ubuntsu で deep learning のサーバーを立てたので、今度やってみようと思う。
---残念ながらアジア言語は中国語とインドネシア語だけ。日本語はまだないのか・・・


***2019年度投野研究室メンバー [#l2313e5e]

-新しく3年生、院生を迎えて投野研究室の新年度がスタートします。投野研究室へようこそ!
--[[2019投野研究室メンバー]]


***ESRC-AHRC UK-Japan SSH Connections Call で研究課題が採択されました [#c5d99590]

-英国と日本の2カ国学術交流の funding で、学習者コーパス研究が採択されました。Lancaster 大学の Tony McEnery 氏が中心になり、石川慎一郎氏(神戸大学)、私が日本側のコーディネーターになります。7月に英国で、9月に日本で1回ずつ会議を持ちます。第2言語習得、言語教育との融合的な研究テーマを掘り下げるような興味深い会議になると思います。



***2019年主要学会と〆切 [#td716beb]

-英語コーパス学会 (2019年10月5-6日、高知県立大学)
--[[発表募集>http://jaecs.com/conference.html#jaecs45content]]
--〆切:5月31日

-関東甲信越英語教育学会(2019年8月10-11日、横浜国立大学)
--[[発表募集>http://www.kate-j.sakura.ne.jp/cfp.html]]
--〆切:6月1〜12日

-全国英語教育学会 (2019年8月17日-18日、弘前大学)
--[[Web page:>http://jaselehirosaki.sakura.ne.jp/JASELEHirosaki2019/index.html]]

-大学英語教育学会 (2019年8月28-30日、名工大)
--[[Web page:>https://www.jacet.org/convention/2019-2/]]
--CFP: 300 words/800字
--Deadline: 2018年1月16日-2月7日

-eLex 2019 (2019年10月1-3日, Sintra, Portugal)
--[[Web page:>https://elex.link/elex2019/]]
---今回は行けません

-AustraLex2019 (2019年9月3-4日, Canberra, Australia)
--CFP: 300 words
--Deadline: March 1, 2019
---accept されました

-ICAME 40 (2019年6月1-5日、Université de Neuchâtel, Switzerland)
--[[Web page:>https://icame40.ch/calls-circulars/call-for-papers/]]
--CFP: 500 words including references
--Deadline: December 15, 2018
---今回は行けません


-Vocab@Leuven (2019年7月1-3日、ルーベン、ベルギー)
--[[Web page:>https://vocabatleuven.wordpress.com/]]
--CFP: 300 words
--Deadline: December 15, 2018
---今回は行けません

-Corpus Linguistics 2019 (2019年7月22-26日、Cardiff, Wales, UK)
--[[Twitter>https://twitter.com/clconf2019]]
--[[CFP>http://www.cl2019.org/index.php/call-for-papers/]]
--CFP: 750-1500 words for full papers; 250-500 words for posters
--Deadline: January 14,2019
--earlybird: Feb. 14-April 21, 2019

-LCR2019 (2019年9月12-14日、ワルシャワ、ポーランド)
--[[Web page:>https://lcr2019.ils.uw.edu.pl/]]
--CFP: 600-700 words (excluding references)
---Deadline: January 20, 2019

-Asialex 2019 (2019年6月19-21日、イスタンブール、トルコ)
--[[Web page:>http://asialex2019.istanbul.edu.tr/en/_]]
--CFP: 300 word abstract (excluding references)
---Deadline: March 15, 2019
---accept されました

***2018年度修論・卒論・ゼミ論発表会 無事終了! [#idd8ef7a]

-日時:2019年2月7日(木)
-場所:105教室
-プログラムの詳細:[[TonoZemi2018]]
--初のポスター発表もみんな頑張りました!
--終了後は、吉祥寺で盛り上がりました!


**2019年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学・英語教育学研究2019]] 金3 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[言語教育学2019]] 火3 春(328)・秋(216)
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2019]] 火5 春・秋   (研究室)
--博士前期課程 修士論文指導
--修士の学生は原則、火曜4限の学部卒論指導にも出席してもらいます

-[[自立研究2019]] or 英語学・英語教育学 1・2   木5 春・秋(研究室)
--博士後期課程
--それぞれの博士論文テーマを掘り下げます

-[[言語教育学演習2019]] 水2 春・秋    (216)
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2019]] 木4 春 (107)
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2019]]  火4 春・秋 (教室未定)   
--学部4年 卒論指導




**2018年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2018]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2018]] 火5 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2018]] 火6 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2018]] 集中 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2018]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2018]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2018]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導



**2017年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2017]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度も、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2017]] 火4 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2017]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2017]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2017]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2017]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2017]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導



**2016年度授業 [#sc0f8421]

-[[英語学研究2016]] 月4 春・秋
--博士前期課程 → 今年度は、石井康毅先生が代行してくれます

-[[外国語教育学研究2016]] 火4 春・秋
--博士前期課程(キャリア・アップ・プログラム) 

-[[専門特殊研究2016]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[言語教育論2016]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[言語教育学演習2016]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[英語科教育法-1-2016]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[卒論演習2016]]  木5 春・秋    
--学部4年 卒論指導


**2015年度授業 [#s40a690a]

-[[専門特殊研究2015]] 火5 春・秋   
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2015]] 火4 春・秋
--博士前期課程

-[[言語教育自立研究2015]] 火6 春・秋
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2015]] 木4 春
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2015]] 水2 春・秋    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2015]]  木4 春・秋    
--学部4年 卒論指導

-[[英語教育学概論B2015]] 火3 春

-[[英語教育学概論A2015]] 火3 秋


**2014年度授業 [#ibe8d254]

-[[専門特殊研究2014]] 火5前・後    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2014]] 火4前・後  
--博士前期課程

-[[言語教育論2014]] 集中 前・後
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2014]] 水2前
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2014]] 木3前・後    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2014]]  木4前・後    
--学部4年 卒論指導

-[[英語教育学概論B2014]] 火3前

-[[英語教育学概論A2014]] 火3後



**2013年度授業 [#c02271a7]

-[[専門特殊研究2013]] 火3前・後    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2013]] 火4前・後  
--博士前期課程

-[[言語教育論2013]] 火5前・後
--博士後期課程

-[[英語科教育法-1-2013]] 水2前
--学部2,3年用 教職科目

-[[言語教育学演習2013]] 木3前・後    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2013]]  木4前・後    
--学部4年 卒論指導



**2012年度授業 [#w632f755]

-[[専門特殊研究2012]] 火3    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[英語学研究2012]] 火4  
--博士前期課程

-[[言語教育論2012]] 火5
--博士後期課程

-[[言語教育学2012]] 水2
--学部2年

-[[言語教育学演習2012]] 木3    
--学部3年用ゼミ

-[[卒論演習2012]]  木4    
--学部4年 卒論指導




**2011年度授業 [#jb188e99]

-[[自立研究2011]]
--博士後期課程対象 木5

-[[英語学研究2011]]  火2前期
-[[英語学研究2011-2]] 後期     
--博士前期課程

-[[卒論演習2011]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2011]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2011]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2011]] 木3    
--学部3年用ゼミ




**2010年度授業 [#q6c7a021]

-[[言語教育論2010]]  集中   
--博士後期課程 授業

-[[英語学研究2010]]  火2     
--博士前期課程

-[[卒論演習2010]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2010]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2010]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2010]] 木3    
--学部3年用ゼミ





**2009年度授業 [#c94f4331]

-[[言語教育論2009]]  火3   
--博士後期課程 授業

-[[卒論演習2009]]  火4    
--学部4年 卒論指導

-[[専門特殊研究2009]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導

-[[コーパス言語学概論・演習2009]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目

-[[言語教育学演習2009]] 木3    
--学部3年用ゼミ

-[[英語学研究2009]]  木5     
--博士前期課程


**2008年度授業 [#c32155a7]

-[[専門特殊研究]] 火5    
--博士前期課程 修士論文指導
-[[コーパス言語学概論・演習]]  水2    
--MA/PhD G-COE 科目
-[[言語教育学演習]] 木3    
--学部3年用ゼミ
-[[卒論演習]]  木4    
--学部4年 卒論指導
-[[英語学研究2008]]  木5     
--博士前期課程 前期授業
-[[英語学研究2008-2]] 木5
--博士前期課程 後期授業
-[[言語教育学自立研究]]  金4   
--博士後期課程 授業


**2007年度授業 [#tff7de83]

-[[言語教育論]] 大学院博士課程

-[[英語学研究]] 大学院修士課程
--http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/ma2007-1.html

-[[コーパス言語学集中講義]] 大学院修士課程

-[[英語語彙習得研究集中講義]]  大学院修士課程 

-[[英語教育学演習]] 学部(特化コース用)

-[[言語教育学講義]] 学部(教科教育法)
--http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/corpuskun/tefl2007.html

-[[言語教育学基礎]] 1年生対象、リレー講義


**免責事項 [#se12d910]

このページでは学生に自主的にページを作成してもらったりしますので,すべてのページの責任を投野が負っているわけではありません。学生が作成したページの著作権または内容に関する責任は作成者自身にあります。


** PukiWikiについて [#c2af49f4]

- [[PukiWiki]] -- PukiWikiのご紹介

*** ドキュメント [#o366701b]
- [[ヘルプ>Help]] -- PukiWikiで編集するには?
- [[テキスト整形のルール(詳細版)>FormattingRules]]
- [[プラグインマニュアル>PukiWiki/1.4/Manual/Plugin]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS