トピックス

HOME > トピックス一覧 > TUFSグローバル・コミュニティ会合(ヤンゴン)を10/6に開催しました

このページを印刷する

TUFSグローバル・コミュニティ会合(ヤンゴン)を10/6に開催しました

2016年10月20日掲載

2016年10月6日(木)に、ミャンマーの旧首都ヤンゴンで、TUFSグローバル・コミュニティ会合を開催しました。

この会合は、本学がヤンゴン大学内に設置するGlobal Japan Office(GJO)の活動紹介を目的に、日本留学フェア(主催:岡山大学)に本学が参加することに伴い、本学教員及び事務職員がヤンゴンを訪問し、開催が実現したものです。

会合には、岡野准教授、ヤンゴン大学GJOの今井講師、東京外語会井上正幸副理事長(日本国際教育支援協会理事長)、さらに今年6月に新設された東京外語会ミャンマー支部より、島岡みぐさ支部長をはじめとする、現地で活躍する卒業生など計11名が参加しました。ミャンマーの学年暦では、第2学期がすでに終了していたため、本会合には、残念ながら本学からの派遣留学生の参加はありませんでしたが、GJOの活動やミャンマーを含む東南アジアでの日本語教育についての現状などの情報交換が行われ、有意義な会となりました。