トピックス

HOME > トピックス一覧 > SADC大使リレー講義開始、①ジンバブウェ共和国

このページを印刷する

SADC大使リレー講義開始、①ジンバブウェ共和国

2017年10月13日掲載

2017年10月11日(水)、秋学期の開始とともに、本年度で6回目となる南部アフリカ開発共同体(SADC)大使によるリレー講義を開始しました。

当日は、12カ国によるリレー講義の先頭を切って、駐日ジンバブウェ共和国大使館のロイド・シトーレ臨時代理大使が講義を行いました。臨時代理大使は、ジンバブウェ政治・経済、スポーツ、教育に関する学生の質問の一つ一つに丁寧に応答されていました。

本リレー講義は、南部アフリカ開発共同体(SADC)大使の方々のご厚意により、国際社会学部アフリカ地域の1年生の必修科目として毎週水曜日2限に研究講義棟207教室にて開講しています。日本と南部アフリカ諸国との交流促進のため、学内公開で行っています。

問い合わせ先:アフリカ地域担当坂井:sakai_makiko[a]tufs.ac.jp、
または大石:takanori[a]tufs.ac.jp [a]は@に変換してください。

現代アフリカ地域研究センターのWebサイト
http://www.tufs.ac.jp/asc/activities/record/post-302.html

国際社会学部アフリカ地域Webサイト
https://sites.google.com/view/tufsafrica


岩崎理事・副学長への表敬訪問
右から)名井良三アドバイザー、現代アフリカ地域研究センター
タオナ・ハバディ参事官
ロイド・シトーレ臨時代理大使
坂井真紀子准教授、岩崎稔理事・副学長、大石高典講師

シトーレ臨時代理大使による講義

現代アフリカ研究センター長への表敬訪問
(右端)ロイド・シトーレ臨時代理大使
(右から2番目)武内進一センター長

講義後の集合写真