トピックス

HOME > トピックス一覧 > 淡江大学と国際学術交流協定を更新

このページを印刷する

淡江大学と国際学術交流協定を更新

2017年04月26日掲載

2017年4月21日(金)、淡江大学(台湾)から張家宜学長を含む6名が来訪し、国際学術交流協定更新のための調印式を執り行いました。

調印式には、本学から立石学長に加え伊東祐郎副学長らも出席し、今後の交流の拡大について懇談が行われました。

淡江大学と本学は、2012年に国際学術交流協定を締結して以降、活発な交流が行われてきました。2014年には、本学で日本語教育を学ぶ学生と淡江大学で日本語を学ぶ学生間のJoint Education Program の実施拠点として、本学のGlobal Japan Office が淡江大学キャンパス内に設置されています。

今回の懇談により、今後さらなる交流を進めることを確認しました。


調印式(左:張家宜淡江大学学長、右:立石学長)