トピックス

HOME > トピックス一覧 > 日本・インド友好交流年事業講演会を実施

このページを印刷する

日本・インド友好交流年事業講演会を実施

2017年04月21日掲載

2017年4月19日(水)、日本・インド友好交流年事業の一環として、インド・デリーのGandhian Forum for Ethical Corporate Governanceで主事を務めるShobhana Radhakrishna氏とRavi Chopra氏が来学し、"Transformational leadership of Mahatma Gandhi and its relevance in contemporary world"と題して講演を実施しました。

ヒンディー語を専攻する言語文化学部および国際社会学部の学生と聴講生ら50名ほどが、熱心に耳を傾けました。両氏はマハートマー・ガーンディー(1869-1948)の非暴力・不服従の思想が、これまで世界中の如何に多くの偉人たちに影響を与え続けてきたか、また今一層それが求められている時代にあるということを、学生たちに問いかけながら話しました。

忙しいスケジュールのなかで短時間の来学でしたが、日印両国間の将来の架け橋となるであろう学生たちは深い感銘と大きな刺激を受けていました

170419_3.jpg 170419_4.jpg