トピックス

HOME > トピックス一覧 > 東京外大、農工大、電通大 三大学による基本協定を締結

このページを印刷する

東京外大、農工大、電通大 三大学による基本協定を締結

2017年03月03日掲載

2017年2月27日(月)、本学は、東京農工大学および電気通信大学と三大学による連携・協力に関する基本協定を締結しました。本学を含む三大学はこれまでも近接する立地とそれぞれの強みを活かしながら、「世界展開力強化事業-中南米等との大学間交流形成支援-」や「多摩地区三大学合同コロキウム」など様々な連携を図ってきました。このたび平成28年度より開始した「西東京三大学連携事業を基盤とした文理協働型グローバル人材育成プログラム」を契機に、更なる連携・協力の推進に向け、本基本協定および本協定に基づく単位互換に関する覚書を締結することになりました。

当日は、本学立石学長、松永是東京農工大学長および福田喬電気通信大学長による連携・協力の推進に関する基本協定書の締結に続き、本学林副学長、國見裕久東京農工大学副学長及び阿部浩二電気通信大学副学長による単位互換に関する覚書の締結が行われました。将来的には三大学による共同大学院(博士課程)を設置することも視野に入れています。

本協定書および覚書の締結により、国際的に活躍できる人材の養成や、国際水準の大学教育プログラムの構築に向けた三大学の協働が、更に加速されることが期待されます。


協定書調印握手(左から:立石学長、松永学長、福田学長)

覚書調印握手(左から:林理事、國見理事、阿部副学長)