トピックス

HOME > トピックス一覧 > 在東京ブラジル総領事らが2/5に本学を訪問しました

このページを印刷する

在東京ブラジル総領事らが2/5に本学を訪問しました

2016年02月15日掲載

2016年2月5日(金)、マルコ・ファラーニ在東京ブラジル連邦共和国総領事とヴィニシウス・フェルナンデス副領事が、立石学長と宮崎副学長を表敬訪問し懇談を行いました。

今回の訪問は、本学の教育研究活動に対し関心を持つファラーニ総領事のご希望により実現しました。本学とブラジル総領事館は、昨年度より群馬県のブラジル人コミュニティにおいてポルトガル語劇公演を共催しており、今年度は2015年12月に太田市で行なっています。

その後、ポルトガル語教育を担当する武田千香教授とエリゼウ・ピシテリ特任教授とも懇談の場を持ち、来年度以降さらに協力関係を強め、連携活動を展開していくことになりました。


中央:ファラーニ総領事 右:フェルナンデス副領事