トピックス

HOME > トピックス一覧 > 国際学会での英語発表力強化セミナー開催

このページを印刷する

国際学会での英語発表力強化セミナー開催

2018年02月08日掲載

2018年2月2日(金)、本学にDouglas Osei-Hyiaman元本学GLIP講師を招き、「国際学会での英語発表力強化セミナー」を開催しました。本セミナーは、英語のプレゼンテーションをするために必要なスキルの取得を目的に開催されました。長時間にもかかわらず、熱気溢れるセミナーとなりました。

第1部の「講義で学ぶ:英語での効果的なプレゼン資料の準備、発表の仕方」では、理解を深めるためにモデルプレゼンター1名の実課題の発表後、資料作成のコツや話し方、目線、ジェスチャーのポイント等を、英語のプレゼンならではの注意点を交えた説明がありました。
第2部の「実課題の公開指導」では、文系・理系3名のモデルプレゼンターの実課題発表に対し、聴衆が3グループに分かれてチェックシートに沿って評価、共有しました。その後、講師からのフィードバックや発表者相互の感想を共有するなど、参加者にとって貴重な機会となりました。

モデルプレゼンター
●第1部
・趙 沼振さん (本学総合国際学研究科 国際社会専攻1年)
●第2部
・村山 木乃実さん (本学総合国際学研究科 言語文化専攻1年)
・塚越 かおり助教(東京農工大学 工学研究院生命機能科学部門)
・出町 一恵特任講師(本学現代アフリカ地域研究センター、国際経済学、開発経済学)

*本セミナーは平成28年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」の一環として実施し、連携機関からも参加がありました。