トピックス

HOME > トピックス一覧 > (学生)アフリカンウィークスを企画・開催

このページを印刷する

(学生)アフリカンウィークスを企画・開催

2018年01月24日掲載

2017年12月4日(月)~12月22日(金)、本学国際社会学部アフリカ地域専攻の学生有志および本学公認学生サークルFemmeCafé(ファムカフェ)が、主体となり企画した「アフリカンウィークス2017」を開催しました。

期間中、「アフリカの、ふつうのひとの、ふつうの暮らし」に焦点をあてた5つの企画が実施されました。
アフリカ絵本展「絵本からアフリカを知る」では、期間を通してアフリカの各地域の絵本を展示したほか、子どもを対象に絵本の読み聞かせが行われました。
ルワンダコーヒー&アフリカングッズ販売では、高品質のルワンダコーヒーが提供され、学生や教員が現地で調達した、日本ではなかなか手に入らない品々が販売されました。
アフリカブリコラージュ写真展では、アフリカの日常に息づく様々な器用仕事(ブリコラージュ)を捉えた作品の他、本学の学生・教員が「アフリカ暮らし」のなかで出会った様々なひとやものの写真展示が行われました。
TUFS Cinemaエチオピア映画上映会では、映画「「テザ/慟哭の大地」上映後に上智大学の眞城百華准教授による映画解説が行われました。
アフリカ音楽イベント&留学生交流会では、多摩美術大学ジャンべ民族音楽部よる西アフリカの伝統太鼓であるジャンベの演奏会およびワークショップのほか、留学生との交流を目的に、食事会が行われました。期間を通して多くの方が来場し、アフリカ各地の文化や社会を伝える機会となりました。



アフリカの絵本展&読み聞かせ会



アフリカンプリコラージュ写真関連講演会



アフリカ音楽イベント&留学生交流会


ルワンダコーヒー販売


テザ上映会