トピックス

HOME > トピックス一覧 > 駐日中国大使館参事官講演

このページを印刷する

駐日中国大使館参事官講演

2017年12月18日掲載

2017年12月7日(木)、汪婉駐日中国大使館参事官をお迎えし「これまでの日中、これからの日中」と題する講演・パネルディスカッションが開催されました。
最初に田畑光永氏(本学卒業生、ジャーナリスト、元TBS記者)が日中交流の歴史をご自身の体験を交えて紹介したのち、汪婉参事官が「『ヒト、モノ、カネ』の交流から『こころ』の交流へ」という題目の講演を日本語で行いました。
その後、お二人に矢吹敦氏(本学卒業生、株式会社インフィニ トラベル インフォメーション 経営推進部長)、中村佑氏(認定NPO法人東京都日中友好協会 常務理事)、伊藤洋平氏(株式会社みんなのまちづくり代表取締役)を加え、パネルディスカッションを行いました。
会場には、中国語を専攻する学生を中心に一般市民の方も多く来場し、熱い講演とディスカッションに耳を傾けていました。