トピックス

HOME > トピックス一覧 > ステンドグラス「森の賢者ふくろう」除幕

このページを印刷する

ステンドグラス「森の賢者ふくろう」除幕

2017年11月02日掲載

本学イタリア語学科で学びステンドグラス作家となった故・井上博史氏の作品「森の賢者-ふくろう」が本学に寄贈され、2017年10月28日(土)に除幕式が執り行われました。

ステンドグラスは、アゴラ・グローバル1階のエントランス・ホールの窓に設置されました。井上氏は、本部管理棟の外壁面に埋め込まれたステンドグラス大時計の作者でもあります。井上氏の妹で本学の元職員である梅田由美子氏により寄贈されました。

除幕式では、立石学長により本作品の制作の意図などが紹介され、立石学長と梅田氏とで除幕が行われました。

除幕式には、同日に開催されたホームカミングデイの出席者らが参列しました。幕が外されステンドグラスが目の前に表れると、その作品の見事さに歓声が上がりました。

171028_90.jpg


除幕式の様子


立石学長と寄贈者の梅田由美子氏による除幕


除幕後、森の賢者ふくろうお目見え


左:立石学長、右:梅田氏