トピックス

HOME > トピックス一覧 > ホームカミングデイに多くの同窓生らが参加

このページを印刷する

ホームカミングデイに多くの同窓生らが参加

2017年11月02日掲載

2017年10月28日(土)、第9回ホームカミングデイが開催され、多くの同窓生・在学生が府中キャンパスに集いました。

アゴラ・グローバル プロメテウス・ホールで行われた式典では、立石学長による大学の近況報告、大学文書館の吉田ゆり子館長による建学記念講演「東京外国語大学の歩み-合併と独立-」に続き、特別企画として、本学の卒業生・元教員で慶應義塾大学名誉教授の清水透先生による「ラテン&シャンソン」と題した歌とトークが行われました。清水先生は、本学在学時から現在に至るまでのエピソードを、ラテンやシャンソンを織り交ぜながら公演しました。伴奏のピアニスト・多田望美氏のほか、アンデス音楽グループSabor Antanõ(サボール・アンターニョ)も友情出演し、楽しさと感動に満ちた式典になりました。

式典終了後、会場を大学会館に移し懇親会が行われ、同窓生同士、交流を深めました。

本学では、2009年度より年に1回、ホームカミングデイをしています。来年度も秋に開催を予定しています。


立石学長により大学近況報告


右:清水透先生、左:ピアニスト多田望美氏


吉田大学文書館館長による建学記念講演


友情出演のSabor Antanõ


懇親会の様子


清水良雄東京外語会副理事長による乾杯の音頭


清水先生、立石学長、学長の同級生の皆さん