トピックス

HOME > トピックス一覧 > シリア難民問題を考える上映会・座談会を開催

このページを印刷する

シリア難民問題を考える上映会・座談会を開催

2017年11月02日掲載

2017年10月20日(金)、アゴラ・グローバル プロメテウス・ホールにおいてTUFS Cinemaシリア難民映画上映会を開催し、映画『シリアに生まれて』を上映しました。

本上映会は、国連UNHCR難民映画祭の学校パートナーズとして開催されました。上映作品の本編上映後には、「シリアの和平と復興を考える」と題した公開座談会も行われました。公開座談会では、佐藤真紀氏(特定非営利活動法人日本イラク医療支援ネットワークJIM-NET事務局長)、平山恵氏(シリア支援団体サダーカ事務局顧問)、青山弘之教授(大学院総合国際学研究院、現代東アラブ政治・思想・歴史)、学生公認サークル・シリア研究会の中鉢夏輝さん(国際社会学部西アジア・北アフリカ地域2年)が登壇しました。

本学学生のほか学外からも多くの方が来場し、質疑応答では多くの質問が寄せられるなどシリアの難民問題への関心の高さがうかがえました。


座談会企画・司会はシリア研究会が担当


左:青山弘之教授、右:平山恵氏


左:佐藤真紀氏、右:中鉢夏輝さん


公開座談会の様子