トピックス

HOME > トピックス一覧 > 女性研究者によるシーズ発表会を開催

このページを印刷する

女性研究者によるシーズ発表会を開催

2017年10月19日掲載

本学は、平成28年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」に、東京農工大学を代表機関とする連携機関として採択され、女性研究者が活躍できる環境づくりを進めています。
2017年10月6日(金)、中野サンプラザにおいて「ダイバーシティ・セミナー&社会課題に応える女性研究者によるシーズ発表会」を開催しました。 発表会では、女性研究者の研究成果を広く企業に公開することにより、産学連携による持続可能なイノベーションを創出することを目的として行われました。

第1部の「ダイバーシティのセミナー」では、社会保険労務士の新井淳子氏を招き、「定着率向上につなげるためのワークライフバランスに向けた取り組みと平成29年度両立支援等助成金について」と題して、助成金をうまく活用しながらの積極的な働き改革について講演が行われました。
第2部の「社会課題に応える女性研究者によるシーズ発表会」では、6件の口頭発表が行われました。本学からは博士後期課程の合地幸子さんが「インドネシアにおける高齢者医療・介護サービス~生活実践レベルからの提案~」という題で発表を行いました。


その他の発表は、次のとおりです。

■食に関するシリーズ■

■医療・高齢化に関するシリーズ■

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
http://www.tamaweb.or.jp/wp3/wp-content/uploads/2017/09/seminar-brochure.pdf


各大学・機構を紹介するポスター展示も開催されました。