トピックス

HOME > トピックス一覧 > 杉原記念館(リトアニア)より感謝状を授与

このページを印刷する

杉原記念館(リトアニア)より感謝状を授与

2017年10月18日掲載

2017年9月、本学がリトアニアの杉原記念館から感謝状が授与されました。
杉原記念館は、リトアニアの都市・カウナスにあり、第2次世界大戦中に迫害で国を追われた多くの難民たちに「命のビザ」を発給した日本の外交官・杉原千畝の記念館です。
カウナスでは、2017年9月2日から8日にかけて杉原を称えるイベント「Sugihara Week」が開催されました。
本学の拠点であるヴィータウタス・マグヌス大学のGlobal Japan Office(以下GJO)がこのイベントの公式パートナーとして杉原記念館の展示物の翻訳に協力したことから感謝状が授与されました。
このイベント期間中に、GJOコーディネーターでヴィータウタス・マグヌス大学教授のオウレリウス・ジーカス氏が感謝状と記念品の版画を財団から受け取り、本学には10月11日に届きました。
本学は引き続き同大GJOを通じて、日本とリトアニアの交流を推進してまいります。


授賞式の様子
左より、カウナス市副市長、ヴィータウタス・マグヌス大学長、杉原財団理事長夫人、GJOコーディネーター、同大国際課長、杉原記念館長


左より、立石博高学長、沼野恭子教授、林佳世子理事・副学長