トピックス

HOME > トピックス一覧 > (学生)マレー語国際スピーチコンテスト優勝

このページを印刷する

(学生)マレー語国際スピーチコンテスト優勝

2017年10月12日掲載

2017年7月27日(木)、「マレーシア首相杯国際マレー語スピーチコンテスト2017」(主催:マレーシア高等教育省)において、嶋崎理沙さん(言語文化学部 マレーシア語4年)が国際部門で優勝しました。嶋崎さんは「言葉は単なるコミュニケーション手段ではない。言葉こそすべてだ」(Bahasa Bukan Sekadar Alat Komunikasi, Bahasa Adalah Segala-galanya)と題するスピーチを行い、 正確な発音による熱弁が評価されました。
本コンテストでは、昨年度(マレーシア首相杯国際マレー語スピーチコンテスト2016)も本学学生が優勝しました。

マレーシアでの報道につきましてはこちらからご覧になれます。

受賞感想

昨年の12月、日本で開催されたマレー語スピーチコンテストで優勝し、今回、マレーシアで開催された首相杯マレー語スピーチコンテストで優勝できたこと、大変嬉しく思います。ご指導頂いた先生方や友人、支えてくれた家族に心から感謝しております。ときには厳しく、ときには優しく指導してくださったファリダ先生には、いくら感謝してもしきれません。この大会は、マレーシアの国を挙げた一大イベントであり、マレーシアの各報道で連日大きく取り上げられました。ナジブ首相にお会いし、ナジブ首相の奥様と食事会で隣の席になったことは、大変光栄に感じています。この大会を通じて、マレーシア語の発音や文法、会話力が向上しただけではなく、マレーシアのテレビ局や新聞社のインタビュー、テレビ番組への出演、ホームステイなど、貴重な経験もたくさんできました。マレーシア語専攻の後輩の皆さんには、是非チャレンジして頂きたいと思います。