トピックス

HOME > トピックス一覧 > 日本留学フェアに参加(ヤンゴン)

このページを印刷する

日本留学フェアに参加(ヤンゴン)

2017年08月31日掲載

2017年8月26日(土)、本学は、ミャンマーの旧首都ヤンゴンで開催された日本留学フェア(主催:岡山大学、共催:ミャンマー元日本留学生協会他)に参加し、本学への留学について説明を行いました。フェアへの来訪者は昨年度より300名程度増えた1488名で、本学のブースには118名の来訪者がありました。ブースでは言語文化学部担当の土佐桂子教授(ビルマ地域研究、文化人類学)、本学Global Japan Office(GJO)ヤンゴン今井己知子講師が対応しました。入学に関する手続きや、入学後の日本語教育の状況、奨学金の受給可能性等の相談が多く寄せられました。また、本学ブースにはヤンゴン大学ポーカウン学長と駐ミャンマー日本大使館の樋口建史特命全権大使が立ち寄られ、ポーカウン学長より、GJOヤンゴンによる日本語教育がヤンゴン大学に大きな貢献を果たしているとの説明がされました。さらに本年7月に実施した世界展開力(ASEAN)のショートステイプログラムや、ISEPTUFSの交換留学で本学に留学したヤンゴン大学の学生もブースに来訪し、賑わいを見せていました。