トピックス

HOME > トピックス一覧 > サラマンカ大学に本学Global Japan Officeを12/2に開設しました

このページを印刷する

サラマンカ大学に本学Global Japan Officeを12/2に開設しました

2015年12月07日掲載

2015年12月2日(水)、第7号となるGlobal Japan Office(※)をサラマンカ大学文献学部に開設し、開所式を行いました。式にはMa Angeles Serranoサラマンカ大学副学長、Vicente Gonzalez Martin同大文献学部長、立石本学学長、両大学の関係者のほか、吉田昌志国際交流基金マドリード日本文化センター所長らが来賓として出席しました。開所式では、Serrano副学長、立石学長から式辞が述べられました。その後、Global Japan Office前で看板上掲式が行われました。

サラマンカ大学は、1985年2月に天皇陛下(当時皇太子殿下)が初めてご訪問されて以来、皇室関係者が数度訪れているように日本の皇室とも関係が非常に深く、サラマンカ大学の関係者の日本に対する関心が非常に高いと言われています。本学は2008年にサラマンカ大学日西センターの来日を機に同大学と包括協定を締結しました。日本語教育・日本文化教育分野の拠点である本学が同大学に拠点オフィスを開設することは、今後の日本とスペインの学術分野での交流強化に多大な期待が寄せられます。具体的には、今年9月にサラマンカ大学に開設された日本課程に、本学と日本大使館、国際交流基金そしてサラマンカ大学が連携して、日本語講師を派遣すると共に、本オフィスを通じて日本語・日本文化の発信を行う計画です。

開所式の後、立石学長と伊東留学生日本語教育センター長は、同大学の講堂で、「世界から日本へ、日本から世界へ―人と知の循環を支えるネットワーク中核大学―」と題した講演及び授業を行いました。

翌日12月3日(木)に、立石学長らは、Daniel Hernández Ruipérezサラマンカ大学総長を表敬訪問しました。

(※)本学は、TUFSスーパーグローバル大学構想における「日本から世界への発信力の強化」「大学グローバル化支援」を担うため、主要な海外協定校に「日本研究・日本語教育」の拠点となる「Global Japan Office」を設置しております。

参考
東京外国語大学スーパーグローバル大学構想ウェブサイト
サラマンカ大学Global Japan Officeページ
http://tufs-sgu.com/gjo/gjo-salamanca/

 

Global Japan Office開所式・看板上掲式、開所式後の講演・授業

Global Japan Office開所式における立石学長スピーチ 看板上掲式

Global Japan Office前にて 講演会にて

Daniel Hernández Ruipérezサラマンカ大学総長 表敬訪問

Daniel Hernández Ruipérezサラマンカ大学総長表敬訪問 Daniel Hernández Ruipérezサラマンカ大学総長表敬訪問