トピックス

HOME > トピックス一覧 > マレーシア理科大学より言語・リテラシー・翻訳学部長が8/26に本学を訪問しました

このページを印刷する

マレーシア理科大学より言語・リテラシー・翻訳学部長が8/26に本学を訪問しました

2016年09月01日掲載

8月26日(金)、マレーシア理科大学より、トゥンク・スポラ・トゥンク・ マハディ言語・リテラシー・翻訳学部長らが武田言語文化学部長を訪問し、 懇談を行いました。

懇談には、同大トーマス・チョウ・ヴーンフー副学部長、アズリナ・ムハンマド ・サディク マレー語プログラム長、そして本学から吉冨副言語文化学部長、 左右田准教授も加わり、マレー語および英語教育について意見を交換しました。 本学の英語学習支援センターを見学しました。

本訪問は、本学のマレー語および英語教育に高い関心を持つトゥンク・スポラ学部長の希望により実現しました。

 


前列右)チョウ副学部長、中央)トゥンク・スポラ学部長、 左) アズリナプログラム長、
後列右)吉冨副言語文化学部長、中央) 武田言語文化学部長、左) 左右田准教授

英語学習支援センターを視察

英語学習支援センターの説明を受ける一行