トピックス

HOME > トピックス一覧 > 駐日パナマ大使館特命全権大使が7/15に本学を訪問しました

このページを印刷する

駐日パナマ大使館特命全権大使が7/15に本学を訪問しました

2015年07月29日掲載

7月15日(水)、リッテル・ディアス駐日パナマ大使館特命全権大使が本学を訪問し、立石学長、黒澤直俊教授、久野量一准教授、宮地隆廣准教授らと懇談を行いました。

懇談では、パナマの大学と本学との間の今後の学術交流・学生交流の可能性について意見交換が行われました。

具体的には、
1)パナマの大学との協定や学術交流の展開
2)大使による本学学生向けセミナーへの協力
3)本学学生を対象とした大使館でのインターンシップ・プログラムの提案
4)本学によるパナマを含むラテンアメリカの高等教育分野への協力支援の可能性
などが言及されました。

今後の両国間の更なる交流促進が期待されます。


立石学長とディアス大使