トピックス

HOME > トピックス一覧 > アフリカのジンバブウェ大学と国際学術交流協定を2/5に締結しました

このページを印刷する

アフリカのジンバブウェ大学と国際学術交流協定を2/5に締結しました

2016年02月17日掲載

2016年2月5日(金)、ジンバブウェ大学と国際学術交流協定締結を締結しました。
協定書は、本学アフリカ地域担当の島田周平教授が同大学を訪問し、Nyagura副学長に直接手渡されました。

本学は、2012年度の学部改編で国際社会学部にアフリカ地域専攻が開設されて以来、アフリカの特にサブサハラ地域との交流拡大を戦略的に進めてきました。2013年9月には、ザンビア大学と協定を締結しています。
ジンバブウェ大学は、英国植民地時代の1953年、南ローデシア初の大学として 設立が決定されて以来の歴史を持つ南部アフリカ有数の総合大学で、10学部、66学科があります。同大学とは研究交流のみならず、学生の交換留学の開始に向け、準備を進めていきます。

本学のアフリカを学ぶ、アフリカから学ぶ取組につきましては、 「TUFS Today アフリカ特集」もご覧ください。

 


Nyagura副学長に協定書を手交