トピックス

HOME > トピックス一覧 > マレーシア科学大学学長が2/23に本学を訪問しました

このページを印刷する

マレーシア科学大学学長が2/23に本学を訪問しました

2016年03月01日掲載

2月23日(火)、マレーシア科学大学より、オマル・オスマン学長が立石学長を訪問し、懇談を行いました。

懇談には、モハメド・ジャンタン準総長、オマル・ファルーク教授、アズィーム・ファズワン准教授らとともに、宮崎副学長、飯塚アジア・アフリカ言語文化研究所長、左右田准教授も加わりました。

マレーシアのコタキナバルにリエゾン・オフィスを設置しているアジア・アフリカ言語文化研究所は、マレーシア科学大学との交流を長年続けてきました。今回の訪問をきっかけに、両大学の交流を一層深めることで一致しました。