トピックス

HOME > トピックス一覧 > メキシコのチャピンゴ自治大学長らが2/17に本学を訪問しました

このページを印刷する

メキシコのチャピンゴ自治大学長らが2/17に本学を訪問しました

2016年02月25日掲載

2月17日(水)、チャピンゴ自治大学(メキシコ)より、ホセ・セルジオ・バラーレス・ドミンゲス学長が立石学長を訪問し、懇談を行いました。

懇談には、チャピンゴ自治大学穂積拓夫教授、駐日メキシコ大使館のエミ・ カメタ書記官とともに、宮崎副学長も加わり、今後の両大学の交流について話し合いました。

チャピンゴ自治大学と本学は、世界展開力強化事業で協力関係にあります。
本懇談は、2月19日に本学で開催された「世界展開力強化事業(中南米)キックオフ・シンポジウム~東外大・農工大・電通大が連携する文理協働型人材養成プログラムとは~」に先立ち、実現したものです。