トピックス

HOME > トピックス一覧 > 本学教員が第18回読売・吉野作造賞受賞

このページを印刷する

本学教員が第18回読売・吉野作造賞受賞

2017年06月15日掲載

篠田英朗教授(大学院総合国際学研究院、平和構築)の著書「集団的自衛権の思想史-憲法九条と日米安保」(風行社)が、第18回「読売・吉野作造賞」(主催:読売新聞社、中央公論新社)を受賞しました。本賞は、2016年に発表された著作、雑誌論文の中から選出され、受賞作は集団的自衛権の問題を題材に、憲法9条と日米同盟の関係を問い直す力作として評価されました。

贈賞式は、7月18日(火)、東京・丸の内のパレスホテル東京で開催されます。