八木 久美子 (YAGI Kumiko)

氏名 / Name 八木 久美子 (YAGI Kumiko)
所属職名 / Affiliation 大学院総合国際学研究院/教授
Institute of Global Studies/Professor
電子メール / Email kuyagi@tufs.ac.jp
ウェブページ / Website http://www.tufs.ac.jp/ts2/personal/kuyagi/
取得学位 /
Academic Credentials
  • 修士(文学)(東京大学) 1990年
  • 修士(宗教学)(ハーバード大学) 1993年
    MA (Religious Studies)(Harvard University) 1993
  • 博士(宗教学)(ハーバード大学) 2001年
    PhD (Religious Studies) (Harvard University) 2001(Harvard University) 2001
専門分野(科研費分類) /
Research Field(s) (by KAKEN)
  • 地域研究
    Area studies
  • 宗教学、イスラム研究
    Religious Studies, Islam
研究キーワード /
Research Keywords
  • 宗教学、イスラム
    religious studies, Islam

自己紹介 / Biography

「なぜアラビア語なの?」という、アラビア語を専門的に勉強した人なら必ず嫌というほど訊かれる質問があります。そのうえ、私の専門は宗教学で、最近はかなり名が知れてきたとはいえ、歴史学や文学、言語学に比べれば社会にはさほど認知されてはいない、かなりマイナーな学問です。ここでまた、「なんで宗教なわけ?」という質問を浴びます。
結局、私の関心は、自分の生き方や世界のあり方について、他の人が何を考えているか、どう感じとるかというところにあります。同じ人間であれば理解しあえるはずだという大雑把で楽観的な期待は、実際に異なる文化や伝統の中に生きている人と出会ったとき、無残に崩れます。自分たちとは違う価値体系や世界観を持ち、それゆえ異なる認識の方法、表現のしかたをする人々を理解することは至難の業であって、偏見を捨て、寛大な精神を持って接すれば、おのずと理解できるというものではありません。そのためには多くの時間と労力をかけた作業が必要です。しかしやればやっただけ、以前は不可解にしか思えなかった行動や物言いが、霧が晴れるようにして、「なるほど」といえるような納得のいくものに姿を変えていきます。アラブ世界という自分の文化から遠いところにある人々のことばを勉強し、人間の精神生活に直結した宗教という領域を対象にして、少しずつその作業を進めているところです。

学歴 / Academic Achievement

  • 1982年03月 東京外国語大学外国語学部アラビア語学科 卒業
    1982.03 Tokyo University of Foreign Studies Faculty of Foreign Language Graduated
  • 1990年03月 東京大学大学院人文科学研究科宗教学宗教史学専攻 修了
    1990.03 The University of Tokyo Graduate School, Division of Humanities Completed
  • 1993年05月 ハーバード大学大学院文理大学院宗教学 修了
    1993.05 Harvard University Graduate School of Arts and Sciences Completed

最近5年間の研究 /
Recent Research Projects (in the last five years)

  • グローバル化時代のイスラム言説生成過程に関する研究:ファトゥアーを中心に

所属学会 / Affiliated Academic Societies

  • イスラム協会 評議員
  • 日本宗教学会 常務理事

  • 日本中東学会
  • 北米中東学会
    Middle Eastern Studies Association
  • 「宗教と社会」学会

受賞 / Awards

  • 辻静雄食文化賞 (2016年07月)

主要研究業績 / Main Research Publications

論文 / Papers

  • 「宗教の意味と終極」解説, 宗教の意味と終極, 491-504, 2021年
  • 「アラブ・ムスリム社会における結婚をめぐる語り」, 東京外国語大学論集, 93号, 179-195, 2016年
  • 「イスラム法解釈における再文脈化と脱文脈化―グローバル化時代のイスラム法再普遍化の試み」, 東京外国語大学論集, 89巻2015年
    Decontextualization and Recontextualization in Islamic Jurisprudence, Area and Culture Studies , 892015
  • 「イスラムにおける断食と共食―ラマダーン月の食行動が生み出すもの」, 東京外国語大学論集 , 87号, 215-234, 2014年
    Fasting and commensality in Islam- what eating means in Ramadan-(87), 215-234, 2014
  • 「イスラム的に消費するということ―ハラ―ル概念の変容とその意味」, 『総合文化研究』, 16巻, 30-43, 2013年
  • ファッション誌から見るイスラーム教徒の女性たち, 宗教と現代がわかる本, 2012年
  • 「生活者のイスラムーエジプトの例を中心に」, 現代宗教, 2011年号, 241-257, 2011年
    Islam for consumers: Egyptian case, Modern Religion, (2011年), 241-257, 2011
  • 「多様化するイスラムのかたち―『俗人化』のもたらす可能性」, 総合文化研究, 13巻, 119-134, 2010年
  • 「イスラムの『俗人』スター説教師」, 東京外国語大学論集, 77巻, 117-133, 2009年
    Muslim 'Lay' Preachers77, 117-133, 2009
  • 教養科目としてイスラムをいかに教えるか, 東京外国語大学論集, 76巻, 213-216, 2008年
    Teaching Islam in the framework of liberal arts curricula76, 213-216, 2008
  • 「脱地域化するムスリム・アイデンティティ-イギリス『移民』ムスリムの例から」, 総合文化研究, 11巻, 61-75, 2008年
    Deterritorialized Muslim Identity:The Case of British 'Immigrant' Muslims, Trans-Cultural Studies, 11, 61-75, 2008
  • アラブ・ムスリムの他者についての言説に現れるイスラム, 日本中東学会年報, 22巻1号, 115-121, 2006年
    Islam as Reflected in Arab Muslim Discourses on Otherness, Annals of Japan Association for Middle East Studies, 22(1), 115-121, 2006
  • 「人口生殖と神の意志」, 脳死・臓器移植に関する比較宗教学的研究(平成14~17年科学研究費補助金基盤(B)(1) 研究成果報告書, 57-70, 2006年
  • 「『われわれ』の価値としてのイスラム」, 総合文化研究, 8巻, 4-17, 2005年
    The Islam defining the self8, 4-17, 2005
  • 「『アメリカ』と闘う聖者のイスラム」, 宗教研究, 78巻341号, 325-348, 2004年
    The Islam of saints who fight against 'America'78(341), 325-348, 2004
  • 「二つの生に挟まれた死―イスラム教徒の死生観」, 現代宗教, 229-249, 2004年
    Death between two lives:Muslim view on death and life229-249, 2004
  • 「二人のアラブ人作家に描く『アメリカ』」, 総合文化研究, 7巻, 22-38, 2004年
    America" described by two arab novelists7, 22-38, 2004
  • ‘Women’s Position in Contemporary Muslim Society’, Women and Religion, Tenri Yamato Culture Congress & The Center for Women and Religion, 2003年
  • イスラム世界の見た9月11日—エジプトの例を中心に --, 『9.11テロと大学』 大正大学研究論叢, 11号, 45-78, 2003年
  • カイロっ子に託された夢—下町の民衆を信じたある作家の試み, 総合文化研究, 2002年
  • Naguib Mahfouz's 'Socialistic Sufism': An Intellectual Odyssey from the Wafd to Islamic Mysticism, Ph.D thesis submitted to Harvard University, 2001年
  • エジプトの宗教的マイノリティーとしてのキリスト教徒 -- 中東の宗教的多様性の投ずる問題の一例として --, 『Quadrant』東京外国語大学海外事情研究所vol.1, 1999年

書籍 / Publication

  • 神の嘉する結婚:イスラムの規範と現代社会, 東京外国語大学出版会, 単行本(学術書), 単著, 2020年

総説・解説記事 / Review Papers

  • 「アラブ世界の食とイスラム エジプトのラマダン月のようすから」, 中東協力センターニュース, 中東協力センター, 総説・解説(その他), 単著, 2020年
  • 「エジプトの香り、クミンの香り」, VESTA, 味の素食の文化センター, 総説・解説(商業誌), 単著, 2019年
  • 「分かち合うことの大切さ」(食から見るイスラム第六回), 英語教育, 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • 「鳥は鳥屋で、肉は肉屋で」(食から見るイスラム第五回), 英語教育, 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • 「エジプトのB級グルメ、コシャリ」(食から見るイスラム第四回), 英語教育, 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • 「ナツメヤシ」(食から見るイスラム第三回), 『英語教育』, 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • 「ラマダーン月、聖なる月の過ごし方」(食から見るイスラム第二回), 英語教育, 大修館, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • 「食のタブーについて」(食から見るイスラム第一回), 英語教育, 大修館書店, 総説・解説(商業誌), 単著, 2017年
  • ムスリム女性のベール, 東京外語会会報 , 東京外語会, その他記事, 単著, 2017年
  • ラマダーンは人生を充実させるための知恵, 潮, 潮出版社, 総説・解説(商業誌), 単著, 2016年

研究発表 / Presentations

  • 「家族法のイスラム性と社会の世俗性―エジプト身分法をめぐって―」, 日本宗教学会第78回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 帝京科学大学, 2019年
    Islamic-ness of Family Law and Secularity of Society: A Case of Egypt's Personal Status Law, Internal meeting, Oral Presentation(general), 2019
  • 「ムスリムアイデンティティの普遍化と規範の一律化をめぐって」, 日本宗教学会第77回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 大谷大学, 2018年
  • 「ハラール認証の規格化をめぐって」, [食のハラール研究会」2018年度第二回, 国内会議, [食のハラール研究会」, 口頭(一般), 早稲田大学, 2018年
  • 「結婚に関するアラビア語言説から見る「イスラム」の多様な含意」, 日本宗教学会第76回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 東京大学, 2017年
    Implications of 'Islam' in Arabic Discourse on Marriage, Internal meeting, Oral Presentation(general), 2017
  • 「公的空間に投じられるファトゥワー」, 「現代中東地域研究」, 国内会議, 「現代中東地域研究」上智大学拠点, 口頭(一般), 上智大学, 2017年
  • 「結婚をめぐるイスラム教徒の語り―現代のアラブ諸国を中心に―」, 日本宗教学会第75回学術会議, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2016年
    Muslim Discourses on Marriage: Cases in Arab Countries, Internal meeting, Oral Presentation(general), 2016
  • 「イスラムから食を見る」, 第三回食のハラール性に関する国際シンポジウム, 国際会議, 東京工業大学「ぐるなび」食の未来創成寄付講座, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 東京工業大学, 2016年
    Food and Eating from Islamic Perspective, The 3rd International Symposium on Food Halalness, International conference, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), 2016
  • Decontextualization in Islamic Jurisprudence: the Fatwa in Public Space, 第21回国際宗教学宗教史学会世界会議, 国際会議, the International Association for History of Religions, 口頭(一般), Erfurt University (Germany), 2015年
  • 「法解釈における脱文脈化と再文脈化―イスラムの再普遍化の試み」, 日本宗教学会第73回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 同志社大学, 2014年
    Decontextualization and Recontextualization in Islamic Jurisprudence, Internal meeting, Oral Presentation(general), 2014
  • 「食が人とつなぐ時―ラマダーン月の断食と共食―」, 日本宗教学会第72回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 國學院大學, 2013年
  • 「エジプトの宗教領域におけるせめぎ合い―「俗人説教師」と「聖職者」―」, 「イスラーム運動と社会運動・民衆運動」2013年度第2回研究会, 国内会議, NIHUプログラム「イスラーム地域研究」, 口頭(招待・特別), 上智大学, 2013年
  • 「グローバル化時代のイスラムにおけるハラール概念の展開」, 日本宗教学会第71回学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 皇学館大学, 2012年
    Islamic concept of Halal in the global age, Internal meeting, Oral Presentation(general), 2012
  • 「グローバル化の中のイスラム―イスラムの市場価値化をめぐって」, 日本宗教学会学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 関西学院大学, 2011年
  • ナギーブ・マフフーズ、民衆を信じた知識人, エジプシャンナイト, 国内会議, エジプト大使館文化部, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), JICA地球広場, 2011年
    Naguib Mahfouz, an Intellectual who believed in the people, Internal meeting, Symposium, Workshop, Panelist (nomination), 2011
  • New Muslim Preachers as an Aspect of Re-Islamization, 第20回国際宗教学宗教史学会世界会議, 国際会議, the International Association of the History of Religions, 口頭(一般), University of Toronto, 2010年
  • 「俗人説教師の活躍とイスラムにおける権威の問題」, 日本宗教学会学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 京都大学, 2009年
  • 「グローバル化するイスラムと『アラブ性』の意味の変化」, 日本宗教学会学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 立正大学, 2007年
  • 「ムハンマド風刺画についての一考察」, 日本宗教学会学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, 口頭(一般), 東北大学, 2006年
  • 「公共空間と宗教の変容――フランスの事例を出発点に――」, 日本宗教学会学術大会, 国内会議, 日本宗教学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 東北大学, 2006年
  • Islam as reflected in Arab Muslim discourses on Otherness, in Muslim discourses on otherness and selfhood, the 19th World Congress of the International Association for the History of Religions, 国際会議, International Association for the History of Religions, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 東京, 2005年

現地の調査・研究 / Field investigation / research

  • グローバル化時代のイスラム言説生成過程に関する研究:ファトゥワーを中心に, エジプト・カイロ, 2019年

過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究費 /
Research Grants Awarded (in the last 10 years)

  • 科学研究費 基盤研究(C) グローバル化時代のイスラム言説生成過程に関する研究:ファトゥアーを中心に(2016年度)
  • 科学研究費 基盤研究(C) グローバル化時代の消費行動から見る「イスラム性」構築過程についての動態的研究(2012年度-2015年度)

Last updated on 2021/3/13

PAGE TOP