研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 米谷 匡史
(YONETANI Masafumi)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
取得学位 修士(学術)(東京大学)1992年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード 社会思想史・日本思想史
history of social thought, history of Japanese thought
自己紹介 元来の専門領域は、戦時期日本の社会思想(日中・太平洋戦争期の「東亜協同体」論・「近代の超克」論・「世界史の哲学」など)。講義・演習では、近代日本思想とアジアの関係、植民地帝国日本の文化的葛藤などについて、幅広くとりあげています(朝鮮・台湾・満洲・沖縄・アイヌ・在日朝鮮人など)。
最終学歴 1990年03月 東京大学教養学部教養学科第3相関社会科学卒業
1992年03月 東京大学総合文化研究科相関社会科学専攻修士課程修了
1993年03月 東京大学総合文化研究科相関社会科学専攻博士課程中退
主要研究業績 【論文】
  • 〈運動体〉谷川雁の軌跡―1965年前後の屈折, 谷川雁研究会機関誌『雲よ―原点と越境』, 3号, 33--49, 2010年
  • 植民地/帝国の「世界史の哲学」, 日本思想史学会編『日本思想史学』, 37号, 11--19, 2005年
  • 矢内原忠雄の<植民・社会政策>論――植民地帝国日本における「社会」統治の問題, 『思想』, 945号, 138--153, 2003年
  • 日本マルクス主義と植民地主義(韓国語), 『進歩評論』(韓国・ソウル), 8号, 220--240, 2001年
  • マルクス主義の世界性とコロニアリズム, 『情況』2期, 11巻2号, 16--30, 2000年
  • 三木清の「世界史の哲学」――日中戦争と「世界」, 『批評空間』2期, 19号, 40--68, 1998年
  • 戦時期日本の社会思想――現代化と戦時変革, 『思想』, 882号, 69--120, 1997年
  • 丸山真男と戦後日本――戦後民主主義の〈始まり〉をめぐって, 『情況』2期, 8巻1号, 36--57, 1997年
  • 「世界史の哲学」の帰結――戦中から戦後へ, 『現代思想』, 23巻1号, 214--233, 1995年
  • 和辻哲郎と王権神話の再解釈――『尊皇思想とその伝統』をめぐって, 『国語と国文学』, 71巻11号, 101--113, 1994年
  • 和辻哲郎と天皇制の新たな神話化――『日本古代文化』の改稿をめぐって, 『国文学』(学燈社), 39巻6号, 108--114, 1994年
  • 丸山真男の日本批判, 『現代思想』, 22巻1号, 136--161, 1994年
  • 三木哲学とマルクス――内在論からの超出, 『現代思想』, 21巻1号, 178--187, 1993年
  • 和辻哲郎と十五年戦争期の日本――「近代の超克」の一局面, 『情況』2期, 3巻7号, 98--127, 1992年
  • 象徴天皇制の思想史的考察, 『情況』2期, 1巻6号, 37--63, 1990年
【著書】
  • 日本近代文学と戦争―「十五年戦争」期の文学を通じて(共著), 三弥井書店, 単行本(学術書), 共著, 2012年
  • 『思想』の軌跡 1921-2011(共著), 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2012年
  • ”経済”を審問する―人間社会は”経済的”なのか?(共著), せりか書房, 単行本(学術書), 共著, 2011年
  • アジア/日本――間で近代の暴力を考える(単著、韓国語版), グリーンビー出版, 単行本(学術書), 単著, 2010年
  • 一九三〇年代のアジア社会論―「東亜協同体」論を中心とする言説空間の諸相(共編著), 社会評論社, 単行本(学術書), 共著, 2010年
  • 谷川雁セレクションⅡ 原点の幻視者(共編著), 日本経済評論社, 単行本(学術書), 共著, 2009年
  • 谷川雁セレクションⅠ 工作者の論理と背理(共編著), 日本経済評論社, 単行本(学術書), 共著, 2009年
  • 谷川雁--詩人思想家、復活(共著), 河出書房新社・道の手帖, 単行本(一般書), 共著, 2009年
  • 壊れゆく世界と時代の課題(共著), 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2009年
  • 沖縄/暴力論(共著), 未来社, 単行本(学術書), 共著, 2008年
  • アジア/日本(単著), 岩波書店, 単行本(学術書), 単著, 2006年
  • ポスト〈東アジア〉(共著), 作品社, 単行本(学術書), 共著, 2006年
  • 変成する思考――グローバル・ファシズムに抗して(共著), 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2005年
  • 日本史講座9 近代の転換(共著), 東京大学出版会, 単行本(学術書), 共編著, 2005年
  • 尾崎秀実時評集――日中戦争期の東アジア(編著), 平凡社・東洋文庫, 単行本(学術書), 編著, 2004年
  • 〈歴史認識〉論争(共著), 作品社, 単行本(学術書), 共著, 2002年
  • 岩波講座・近代日本の文化史7 総力戦下の知と制度(共著), 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2002年
  • 岩波講座・天皇と王権を考える1 人類社会の中の天皇と王権(共著), 岩波書店, 単行本(学術書), 共著, 2002年
  • 日本の歴史8 古代天皇制を考える(共著), 講談社, 単行本(学術書), 共著, 2001年
  • 和辻哲郎 人間存在の倫理学(編著), 燈影舎・京都哲学撰書, 単行本(学術書), 編著, 2000年

last updated on 2015/4/14