研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 山越 康裕
(YAMAKOSHI Yasuhiro)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/准教授
E-mail yamakoshi@aa.tufs.ac.jp
取得学位 修士(言語学)(東京外国語大学)2000年
博士(文学)(北海道大学)2005年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード モンゴル諸語, アルタイ諸言語, 記述言語学
Mongolic Languages, Altaic Languages, Descriptive Linguistics
自己紹介
最近5年間の研究 シネヘン・ブリヤート語をはじめとしたモンゴル諸語の「文」の完結性に関する研究


中国北方のモンゴル系危機言語の文法記述とドキュメンテーション


モンゴル系危機言語であるシネヘン・ブリヤート語の総合的記述
主要研究業績 【論文】
【著書】
  • 詳しくわかるモンゴル語文法, 白水社, 単行本(一般書), 単著, 2012年
  • Grammatical Sketches from the Field, Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies, 単行本(学術書), 編著, 2011年
  • 文法を描く: フィールドワークに基づく諸言語の文法スケッチ2, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 単行本(学術書), 編著, 2007年
【総説・解説記事】
【研究発表】
  • モンゴル諸語における非定形動詞の用法の発達:日本語との若干の対照, 『外国語と日本語との対照言語学的研究』第23回研究会, 国内会議, 国際日本研究センター対照日本語部門, 口頭(一般), 東京外国語大学, 2017年
  • Sentence-final possessive markers in Shinekhen Buryat, 第13回ソウル国際アルタイ学会, 国際会議, The Altaic Society of Korea, 口頭(一般), National University of Mongolia, Ulaanbaatar, 2017年
  • ブリヤート語の動詞 *a- の屈折形式に由来する接語類, 九科研合同研究会 2016年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会「ユーラシア言語研究 最新の報告」, 国内会議, , 口頭(一般), 京都大学大学院文学研究科附属ユーラシア文化研究センター, 2017年
  • 中国北方のモンゴル系危機言語の文法記述とドキュメンテーション, フィールド言語学カフェ・特別編, 国内会議, 「多言語・多文化共生に向けた循環型の言語研究体制の構築」プロジェクト, ポスター(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • Монгол төрөл хэлнүүдийн insubordination (гишүүн бус өгүүлбэр), 第11回国際モンゴル学者会議, 国際会議, International Association of Mongol Studies, 口頭(一般), Ulaanbaatar, Mongolia, 2016年
  • モンゴル語族の文法書, AA研共同利用・共同研究課題「参照文法書研究」2016年度第1回研究会, 国内会議, , 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • ブリヤート語未来分詞の文末用法:分詞の「再名詞化」 によるモダリティ表現, 日本言語学会第152回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 慶應義塾大学, 2016年
  • Language documentation of Mongolic languages spoken in the northeast of China: a case of Shinekhen Buryat, Documentary Linguistics: Asian Perspectives (DLAP-2016), 国際会議, The Hong Kong Language Documentation Centre (KongDoc) at the Department of Linguistics of The University of Hong Kong, 口頭(一般), University of HongKong, 2016年
  • モンゴル語族における名詞の格体系と数標示, AA研共同利用・共同研究課題「公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴル諸語の研究」2015年度第3回研究会, 国内会議, , 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • 中国領内のブリヤート, フィールド言語学カフェ・特別編「ブリヤートの言語と文化」, 国内会議, , 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2016年
  • おもしろいぞ世界のことば: 国境越えたらしくみも変わる~中国東北部のモンゴル系言語, フィールド言語学カフェ: 世界の言語で読むLe Petit Prince, 国内会議, , 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2015年
  • The use of verbal nouns in The Secret History of the Mongols., The 12th Seoul International Altaistic Conference, 国際会議, The Altaic Society of Korea, 口頭(一般), Seoul International University, 2015年
  • ブリヤート語の文末所有人称小詞, 2014年度ユーラシア言語研究コンソーシアム年次総会, 国内会議, ユーラシア文化研究センター, 口頭(一般), 京都大学羽田記念館, 2015年
  • 母語話者の話すことばは正しいのか?:言語データの収集・分析における悩ましさ, 2014年度第1回FSCコロキアムワークショップ「データと論文の間:フィールドサイエンスにおける論証とは」, 国内会議, アジア・アフリカ言語文化研究所フィールドサイエンス研究企画センター, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2014年
  • How Can We Define The "Participles" in Mongolic Languages? : Two Problems in Shinekhen Buryat.., 1st Annual Conference on Central Asian Languages and Linguistics, 国際会議, CeLCAR, Indiana University, 口頭(一般), Indiana University, 2014年
  • ハムニガン・モンゴル語の「譲渡可能性」はどこからきたか:『元朝秘史』モンゴル語を通じて, 北フォーラム, 国内会議, 北フォーラム, 口頭(一般), 北海道大学, 2014年
  • モンゴル語の所有人称小詞の機能の変化, 第60回札幌学院大学言語学談話会, 国内会議, 札幌学院大学言語学談話会, 口頭(一般), 札幌学院大学, 2013年
  • ブリヤート語の動詞屈折形式:分詞の機能/派生との区別, 日本言語学会第144回大会, 国内会議, 日本言語学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 東京外国語大学, 2012年
  • シネヘン・ブリヤート語の『形動詞』, 池上二良先生追悼シンポジウム「北方言語研究の歩み」, 国内会議, 北海道大学, 口頭(一般), 北海道大学, 2011年
  • Хамниган монгол хэлний эзэмшигч илрүүлэх арга, 第10回国際モンゴル学者会議, 国際会議, 国際モンゴル学会, 口頭(一般), モンゴル国立大学, 2011年
  • ハムニガン・モンゴル語の所有構造, 第48回札幌学院大学言語学談話会, 国内会議, 札幌学院大学言語学談話会, 口頭(一般), 札幌学院大学, 2011年
  • 大教室でのリテラシー教育の可能性:札幌学院大学『論述・作文』科目の事例, 第60回東北・北海道地区一般教育研究会, 国内会議, 一般教育研究会, 口頭(一般), 札幌大学, 2010年
  • モンゴル系危機言語の調査研究, 国際シンポジウム「草原の古代文化―モンゴル高原の考古学―」, 国際会議, 札幌学院大学総合研究所・モンゴル科学アカデミー考古学研究所, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 札幌学院大学, 2009年
  • 「非文」にみる記述文法の問題点, 札幌学院大学言語学談話会, 国内会議, 札幌学院大学言語学談話会, 口頭(一般), 札幌学院大学, 2009年
  • Sharing Research Information and Skills on the Net: 'FIELDLING' Community Site, 1st International Conference on Language Documentation and Conservation, 国際会議, ICLDC, 口頭(一般), ハワイ大学マノア校, 2009年
  • ハムニガン・モンゴル語とハムニガン・エヴェンキ語の所有構造に見られる言語接触の影響, 日本言語学会第133回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 札幌学院大学, 2006年
  • アルタイの仲をとりもつモンゴル諸語, 日本言語学会第133回大会, 国内会議, 日本言語学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 札幌学院大学, 2006年
  • 移住が引き起こした言語変化:シネヘン・ブリヤート語とハムニガン・モンゴル語の事例から, 第9回「アジアの中のロシア/ロシアの中のアジア」研究会, 国内会議, 北海道大学スラブ研究センター, 口頭(一般), 北海道大学, 2005年
  • いま起こりつつある形態的変化:シネヘン・ブリヤート語(Shinekhen Buryat), 第19回「大学と科学」公開シンポジウム『今, 世界のことばが危ない! ―グローバル化と少数者の言語』, 国内会議, 文部科学省, ポスター(一般), 東京国際交流館, 2004年
  • On Some Characteristics of Borrowing in Shinekhen Buryat, 第6回ソウル国際アルタイ学会, 国際会議, 韓国アルタイ学会, 口頭(一般), ソウル大学校, 2004年
  • いま起こりつつある形態的変化:シネヘン・ブリヤート語(Shinekhen Buryat), 日本言語学会第128回大会, 国内会議, 日本言語学会, ポスター(一般), 東京学芸大学, 2004年
  • モンゴル諸語の 'particle' の自立性について, 日本言語学会第127回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 大阪市立大学, 2003年
  • シネヘン・ブリヤート語の人称標示形式の分類:小詞/語尾?, 文部科学省科研費基盤(B)「北方諸言語の類型的比較研究」研究会, 国内会議, 北海道大学, 口頭(一般), 北海道大学, 2003年
  • モンゴル語および近隣諸言語の複数接尾辞と名詞句階層, 日本言語学会第123回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 九州大学, 2001年
  • モンゴル語および近隣諸言語の複数接尾辞について, 21世紀満通古斯語言文化与人類学学術検討会, 国際会議, 黒龍江大学満語研究所, 口頭(一般), 黒龍江大学, 2001年
  • モンゴル語の直接目的語の格選択に見られる名詞句階層, 第4回ソウル国際アルタイ学会, 国際会議, 韓国アルタイ学会, 口頭(一般), ソウル大学校, 2000年
  • ハルハ・モンゴル語の直接目的語の格選択と名詞句階層, 首届国際通古斯語言文化学術検討会, 国際会議, 中国社会科学院, 口頭(一般), 海拉爾市, 2000年
  • モンゴル語の名詞連続における形態上の緊密性について, 日本モンゴル学会春季大会, 国内会議, 日本モンゴル学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2000年
【現地の調査・研究】
  • シネヘン・ブリヤート語文法調査, 中華人民共和国, 2015年
【共同研究実施実績】
  • 「アルタイ型」言語に関する類型的研究, 国際共同研究, 未設定, 2015年-2018年
  • 公刊資料に基づく中国・河西回廊地域モンゴル諸語の研究, 国際共同研究, 未設定, 2015年-2017年
  • 準動詞に関する通言語学的研究, 国内共同研究, 未設定, 2013年-2015年
  • 契丹語・契丹文字研究の新展開, 国内共同研究, 未設定, 2010年-2013年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(C) シネヘン・ブリヤート語をはじめとしたモンゴル諸語の「文」の完結性に関する研究(2017年度-2021年度)
  • 科学研究費 若手研究(B) 中国北方のモンゴル系危機言語の文法記述とドキュメンテーション(2014年度-2016年度)

last updated on 2017/12/11