研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 渡辺 己
(WATANABE Honoré)
所属 職名 アジア・アフリカ言語文化研究所/教授
取得学位 博士(文学)(京都大学)2000年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
所属学会 日本言語学会
主要研究業績 【論文】
  • 2013 Sliammon valency dataset. , Valency Patterns Leipzig., 2013年
  • スライアモン・セイリッシュ語の品詞分類について, 日中 理論言語学の新展望 3 語彙と品詞, 99--121, 2012年
  • Fillers and Their Relevance in Describing Sliammon Salish., Fillers, Pauses and Placeholders, Typological Studies in Language, 93巻, 173--188, 2010年
  • A Look at “Noun” and “Verb” in Sliammon, A festschrift for Thomas M. Hess on the occasion of his seventieth birthday, Whatcom Museum Publications, 21巻, 179--196, 2010年
  • スライアモン・セイリッシュ語の品詞について― 特にその名詞と動詞について ―, アジア・アフリカの言語と言語学, 3号, 117--134, 2008年
【著書】
  • Written As I Remember It, Vancouver: University of British Columbia Press., 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • 事典 世界のことば141, 大修館書店, 事典・辞書, 共著, 2009年
【総説・解説記事】
  • フィールドノート 行方不明になるおじいさん, フィールドプラス, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 総説・解説(その他), 単著, 2009年
  • 私のフィールドノートから スライアモン・セイリッシュ語, 月刊言語, 大修館書店, 総説・解説(その他), 単著, 2009年
  • 北アメリカ北西海岸の先住民諸語 -危機言語を調査すること-, 北海道立北方民族博物館友の会季刊誌「アークティック・サークル」, 財団法人北方文化振興協会, 総説・解説(国際会議プロシーディングズ), 単著, 2009年
  • The Seal — A traditional Sliammon-Comox Story (Told by Mary George, Edited by Honoré Watanabe), Salish Myths and Legends: One People’s Stories, Lincoln and London: University of Nebraska Press, 総説・解説(その他), 単著, 2008年
【研究発表】
  • Dependency and Insubordination in Sliammon Salish., Dynamics of Insubordination, 国際会議, アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), アジア・アフリカ言語文化研究所, 2012年
  • Reduction from bi-clausal to mono-clausal constructions in Sliammon Salish, 2012 Meeting of the Society for the Study of the Indigenous Languages of the Americas (SSILA), 国際会議, The Society for the Study of the Indigenous Languages of the Americas (SSILA), 口頭(一般), Portland, U.S.A., 2012年
  • Transitivity and Arguments in Sliammon Salish, The 6th Meeting of Comparative Study on the Languages of the North from Typological Perspective: International Workshop on Transitivity and Its Related Phenomena., 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • Varying Degrees of Dependency in Sliammon Clause Linking., The 2nd International Workshop on Cross-linguistic Studies on Clause Combining, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • Valency marking, valency alternations, and verb classes in Sliammon Salish, 共同利用・共同研究課題『北方諸言語の類型論的比較研究』平成23年度第1回研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2011年
  • Valency Classes in Sliammon Salish, Conference on Valency Classes in the World’s Languages, 国際会議, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, 口頭(一般), Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, Leipzig, Germany, 2011年
  • Coordinate Constructions and Coordinators in Sliammon Salish, アメリカ言語学会・アメリカ先住民諸語学会2011年大会, 国際会議, アメリカ言語学会・アメリカ先住民諸語学会, 口頭(一般), Pittsburgh, U.S.A., 2011年
  • Coordination, Subordination, and Their Ilk in Sliammon Salish., アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「節連結に関する通言語的研究」国際ワークショップ, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/言語ダイナミクス科学研究プロイジェクト, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • An Overview of Clause Types in Sliammon Salish, アジア・アフリカ言語文化研究所共同利用・共同研究課題「節連結に関する通言語的研究」平成22年度第2回研究会, 国際会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所/言語ダイナミクス科学研究プロイジェクト, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2010年
  • Insubordination in Sliammon Salish: Independent Uses of Nominalized Clauses, Talk at Informal Field Linguistics Seminars, 国際会議, Australian National University (Canberra, Australia), 口頭(一般), Australian National University (Canberra, Australia), 2010年
  • Insubordinating Use of Formally Subordinate Clause in Sliammon Salish, 2010 Meeting of Society for the Study of Indigenous Languages of the Americas, 国際会議, Society for the Study of Indigenous Languages of the America, 口頭(一般), Baltimore, U.S.A., 2010年
  • Word Classes in Sliammon Salish, Talk at Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology (Leipzig, Germany, 国際会議, Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, 口頭(一般), Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology, 2009年
  • Notes on ‘Insubordination’ in Sliammon Salish, 重点共同研究プロジェクト『言語の多様性と言語理論-「語」の内部構造と統語機能を中心に』平成21年度第1回研究会, 国内会議, 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 口頭(一般), 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2009年
  • Causatives in Sliammon Salish, 18th International Congress of Linguists, 国際会議, Permanent International Committee of Linguists (Comite International Permanent des Linguistes, CIPL), 口頭(一般), Korea University, Seoul, Korea, 2008年
  • スライアモン・セイリッシュ語の名詞と動詞の分類について, ワークショップ「言語の構造的多様性のなかでの品詞分類」日本言語学会第136回大会, 国内会議, 日本言語学会, 口頭(一般), 学習院大学, 2008年
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(B) 形態的言語類型論の再構築 -語構造の異なる言語の比較対照をとおして-(2007年度-2009年度)

last updated on 2014/4/14