研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 宇野 公子
(UNO Kimiko)
所属 職名 大学院総合国際学研究院/教授
HP http://www.tufs.ac.jp/st/club/unohp/
取得学位 博士(地域科学)(ペンシルベニア大学)1982年
専門分野(科研費分類) 援助・地域協力
研究キーワード 国際経済協力論,地域計量経済学
International Economic Cooperation, Regional Econometrics
自己紹介 1978年に留学のため渡米し,Ph.D.取得後は国際機関に勤務したため,31年間、2009年3月まで日本を離れました。縁あって2009年度から本学で経済開発・国際協力関係の科目を担当することになりました。ジュネーブのILOを皮切りに,ヨーロッパ・北米・アフリカ・中東・東南アジア・オセアニアに跨る国際機関(国連,OECD,世界銀行)の本部および地域事務所での,27年間に及ぶ勤務から得た知識と経験を以下に留意して学生諸君と分かち合いたいと考えています。
1. 途上国の経済開発における国際協力の役割に関する基礎理論を中心に、具体的な環境や貧困,ジェンダーなど国際開発、経済協力を考察。 各種統計情報の所在情報やその読み方に習熟し,基本的な計数処理を行う。
2. 国際機関の活動に興味をもって、将来国際機関で仕事をしたい学生が育ち、将来国際連合競争試験、JPO試験等に挑戦してくれる人材が輩出することに期待している。
3. 国際機関の現役職員を外大へ招待し、講演等を通じて学生諸君の国際機関への理解と興味を深めて、また国際機関職員との幅広い交流を図りたい。学生諸君が国際機関へインターンとして2ヶ月から6ヶ月勤務することを計画したい。
国際機関における職員の国籍比率は,分担金の額と比例的であることが原則とされていますが,その意味で国際機関における日本人職員の存在は希薄(under represented)だと言えます。逆に言えば,日本人職員が増加できる余地は十分にあるので,国際協力分野に興味を持ち,国際機関を将来の進路に選ぶ学生が増えてくれることに期待しています。そのために授業やゼミを通じて,国際社会や国際機関の仕事への理解を深めてもらうよう努力するつもりです。
最終学歴 1982年03月 東京工業大学社会工学研究科単位取得満期退学
1982年12月 ペンシルバニア大学文理学研究科地域科学修了
所属学会 アメリカ経済学会
主要研究業績 【論文】
  • Some Statistical Evidence of Poverty Ratios in Asia and the Pacific based on Logit Models, 東京外国語大学論集, 79号, 2009年
  • Trade and Capital Account Balance, to be published in 東京外国語大学論集, 79号, 2009年
  • Appropriate technologies for small-scale Food Processing Industry in the selected Pacific Island Countries (RMI, FSM, and Palau), UN-EPOC working paper, 2003年
  • Needs Assessment and Strategic Approach for the Food Processing and Niche market in Pacific Island Countries (Fiji, Samoa, and Tonga), UN-EPOC working paper, 2002年
  • Database: Directory of Foreign Direct Investment in selected ESCWA countries, E/ESCWA UN working paper, 1999年
  • Consumer Protection under Liberalized Trade System in selected countries of ESCWA region, E/ESCWA working paper, 1999年
  • Japanese Foreign Direct Investment in Africa, The United Nations Publication, Geneva, 1997 (E.96.II.K.5), 1997年
  • Foreign Direct Investment from Japan to Africa, E/ECA/UNCTAD/12 UN Working Paper, 1994年
  • Promotion of Foreign Direct Investment in Africa: Lessons from Asian Countries, E/ECA/UNCTAD/13 UN working paper (1994)., 1994年
  • Promotion of Foreign Direct Investment in Zimbabwe and Botswana, E/ECA/UNCTAD/14 UN working paper (1994)., 1994年
  • Promotion of Foreign Direct Investment in Africa: Lessons from Asian Countries, TRANSNATIONAL FOCUS, No. 11, ECA/UNCTAD Joint Unit, 1994., 1994年
  • Foreign Direct Investment from Developing Countries: The Case Study of Mauritius, E/ECA/UNCTAD/3 UN Working Paper, 1993年
  • Trading Transnational Corporations in Nigeria and Ghana, E/ECA/UNCTAD/4 UN Working Paper, 1993年
  • The Impact of the EC Integration on the African Economy, TRANSNATIONAL FOCUS, No. 9, ECA/UNCTAD Joint Unit, 1992., 1992年
  • Foreign Direct Investment and Related Flows from the EC Countries into African Countries: Trends and Issues, E/ECA/UNCTC/85 UN working paper (1992), 1992年
  • Regional Translog Production Functions with Capital and Labor Inputs Differentiated by Educational Attainment, Regional Science and Urban Economics, vol. 16, pp. 449-462, 1986., 16巻, 449--462, 1986年
  • Multiple Labor Input Considerations in the Estimation of Regional Translog Production and Cost Functions, Ph.D. dissertation, University of Pennsylvania, 1982, Ph.D. dissertation, University of Pennsylvania, 1982, 1982年
【研究発表】
  • Poverty Ratios in Asia and Sub-Sahara Africa based on Logit Models, 50th Annual Western Regional Science Conference, 国際会議, Western Regional Science Association, 口頭(一般), Monterey, CA, 2011年

last updated on 2016/3/18