研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 寅丸 真澄
(TORAMARU Masumi)
所属 職名 世界言語社会教育センター/特任助教
E-mail toramaru@tufs.ac.jp
取得学位 修士(日本語教育学)(早稲田大学)2006年
博士(日本語教育学)(早稲田大学)2015年
専門分野(科研費分類)  
研究キーワード
自己紹介
受賞 早稲田日本語教育学優秀論文賞(2014年03月)
主要研究業績 【論文】
  • 会話データ分析を行う研究論文の年代別動向の調査―学会誌『日本語教育』の分析から―, 日本語教育, 159号, 2014年
  • 国立国語研究所『日本語教育論集』における会話データ分析論文の年代別傾向の調査―「研究と実践の連携」が行える日本語教員の養成に向けて―, 大養教論集, 10号, 12--21, 2014年
  • 実践研究の「方法」を共有する―『日本語教育』における実践研究の歴史的変遷と3つの教育分野の事例報告から―, WEB版 2014年度日本語教育実践研究フォーラム報告, 1--11, 2014年
  • 日本語教育実践における教室観の歴史的変遷と課題―実践の学び・相互行為・教師の役割に着目して―, 早稲田日本語教育学, 17号, 1--23, 2014年
  • 教室活動におけることばの学びとは何か―<自己><他者><教室コミュニティ>間の意味の協働構築過程に着目して―, 早稲田日本語教育学, 15号, 1--24, 2013年
  • 教室活動における相互行為の質とは何か―学習者の自己認識・他者認識の変容に着目して―, 早稲田日本語教育学, 14号, 1--25, 2013年
  • 実践研究における会話・談話分析の意義と社会的貢献の可能性―『日本語教育』掲載の実践研究論文の分析をもとに―, WEB版2012年度日本語教育実践研究フォーラム報告, 1--11, 2012年
  • 講義の談話におけるメタ言語表現の機能, 早稲田日本語研究, 19号, 49--60, 2010年
  • 学習者の主体性を活性化する活動デザイン―学習者が検討した「評価」の活動とその実際―, WEB版2009年度日本語教育実践研究フォーラム報告, 1--11, 2009年
  • 会話教育において「学習者主体」と「研究と実践の連携」を実現する教材の可能性―授業参加者の談話を教材として学習者のメタ認知力を向上させる授業の提案―, WEB版 2008年度日本語教育実践研究フォーラム報告, 1--11, 2008年
  • 講義の談話におけるメタ言語表現の機能と表現特性, 学際的アプローチによる大学生の講義理解育成のためのカリキュラム開発, 2007年
  • 日本語の討論の談話における「意見表明」の構造, 早稲田大学日本語教育研究, 9号, 23--35, 2006年
  • 「語り出す」授業―学習者が「語り出す」ための教室活動と教室風土―, 早稲田大学日本語教育実践研究, 2号, 57--66, 2005年
【著書】
  • 新しいパラダイムとしての実践研究―Action Research の再解釈(細川英雄他編『実践研究は何をめざすか 日本語教育における実践研究の意味と可能性』), ココ出版, 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • 社会に埋め込まれた『私たち』の実践研究―その記述の意味と方法(細川英雄他編『実践研究は何をめざすか 日本語教育における実践研究の意味と可能性』), ココ出版, 単行本(学術書), 分担執筆, 2014年
  • 日本語の教室における意味の構築とアイデンティティ形成―ことばの意味世界を共同構築する<私><他者><教室コミュニティ>(細川英雄編『日本語教育とアイデンティティ』), 春風社, 単行本(学術書), 単著, 2011年
  • 講義の談話におけるメタ言語表現の機能(佐久間まゆみ編著『講義の談話の表現と理解』), くろしお出版, 単行本(学術書), 分担執筆, 2010年
【研究発表】
  • 問いを育てる・問いに答える―「問い」の生成から解決の過程としての論文作成, 早稲田大学大学院日本語教育研究科論文作成セミナー, 国内会議, 早稲田大学大学院日本語教育研究科, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 早稲田大学(東京), 2015年
  • 実践研究の方法を共有する―『日本語教育』における実践研究の歴史的変遷と3つの教育分野の事例報告から―, 2014年度日本語教育学会実践研究フォーラム, 国内会議, 日本語教育学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 東京外国語大学(東京), 2014年
  • 日本国内と米国における会話データ分析を行う論文の特徴の分析―論集『社会言語科学』『日本語教育』『日本語教育論集』『JLL』の比較―, 日本語実用言語学国際会議, 国際会議, 日本語実用言語学国際会議, ポスター(一般), 国立国語研究所, 2014年
  • 国立国語研究所『日本語教育論集』における会話データ分析論文の年代別動向の調査, 日本語教育学会研究集会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 愛媛大学(愛媛), 2013年
  • 教室活動における相互行為の質と学習者の認識の変容―活動への参加過程に着目して―, 2013年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 関西外国語大学, 2013年
  • 学会誌『社会言語科学』掲載の会話データ分析を行う論文の考察―社会的意義への言及の分析をもとに―, 2013年度社会言語科学会秋季大会, 国内会議, 社会言語科学会, ポスター(一般), 統計数理研究所・国立国語研究所(東京), 2013年
  • 学習者それぞれのことばと生の交点としての日本語教室―他者と意味世界を協働構築することばの獲得をめざして―, 言語文化教育研究会国際研究集会, 国際会議, 言語文化教育研究会, 口頭(一般), 早稲田大学(東京), 2012年
  • 調査報告(パネルセッション「日本語教育における会話データ分析の社会的貢献の可能性を考える―研究の時代的変遷の調査をもとに―」), 2012年度日本語教育国際研究大会, 国際会議, 日本語教育学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 名古屋大学(名古屋), 2012年
  • 実践研究における会話・談話分析の意義と社会的貢献の可能性―『日本語教育』掲載の実践研究論文の分析をもとに―, 2012年度日本語教育実践研究フォーラム, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 早稲田大学(東京), 2012年
  • 日本語教室におけることばの学びと自己形成―学習者をとりまくコミュニティの広がりと通時的な視点を通して―, 第21回小出記念日本語教育研究会, 国内会議, 小出記念日本語教育研究会, 口頭(一般), 国際基督教大学(東京), 2012年
  • 日本語教育の実践研究における記述の問題, 2012年度日本語教育学会春季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 拓殖大学(東京), 2012年
  • 教室談話の分析とそのむこう(ワークショップ「会話データ分析のむこう―社会的貢献の可能性を考える―), 2012年度社会言語科学会春季大会, 国内会議, 社会言語科学会, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 桜美林大学(東京), 2012年
  • 会話・談話分析の手法を用いた研究論文の社会的意義の考察―学会誌『日本語教育』掲載論文の分析をもとに―, 日本語教育研究集会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 広島YMCA(広島), 2011年
  • 教室活動における参加者の関係調整と合意形成の相互行為分析―学習者の学びを促すコンフリクトの発生から解決の過程を通して―, 2011年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 神戸大学(神戸), 2011年
  • 教室活動におけることばの意味世界の共同構築とその意義―<私><他者><教室コミュニティ>間の相互行為を通して―, 2011年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 米子コンベンションセンター(米子), 2011年
  • 日本語教育実践としてのアクションリサーチ, 2011年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 米子コンベンションセンター(米子), 2011年
  • 会話・談話分析の社会的意義の考察―掲載論文の考察をもとに―, 2011年度日本語教育学会実践研究フォーラム, 国内会議, 日本語教育学会, ポスター(一般), 横浜国立大学(横浜), 2011年
  • 学習者のアイデンティティを形成・更新することばの学び―日本語クラスにおける他者との理解・受容・統合の過程を通して―, 言語教育とアイデンティティ形成―ことばの学びと再編, 国際会議, 言語文化教育研究会国際研究集会, 口頭(一般), 早稲田大学(東京), 2011年
  • 学習者の主体性を活性化する活動デザイン―学習者が検討した「評価」の活動とその実際―, 2009年度日本語教育学会実践研究フォーラム, 国内会議, 日本語教育学会, ポスター(一般), 早稲田大学(東京), 2009年
  • 講義の談話におけるメタ言語表現の機能, 2009年度早稲田日本語学会, 国内会議, 早稲田日本語学会, 口頭(一般), 早稲田大学(東京), 2009年
  • 会話教育において「学習者主体」と「研究と実践の連携」を実現する教材の可能性―授業参加者による談話を教材とする「変容する教材」の提案―, 2008年度日本語教育学会実践研究フォーラム, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 早稲田大学, 2008年
  • 学習者とボランティアが作り上げる授業―スピーチにおける内容の精緻化と表現形式への気づきを目指して―, 日本語教育方法研究会第29回研究会, 国内会議, 日本語教育方法研究会, ポスター(一般), 京都教育大学(京都), 2007年
  • 日本語の討論の談話における「意見表明」の方略, 2006年度日本語教育学会秋季大会, 国内会議, 日本語教育学会, 口頭(一般), 熊本県立大学(熊本), 2006年
  • 日本語のシンポジウムの談話における待遇方略, 2006年度早稲田日本語教育学会春季大会, 国内会議, 早稲田日本語教育学会, 口頭(一般), 早稲田大学(東京), 2006年

last updated on 2015/4/29