研究活動

HOME > 研究活動 > 研究者検索 > 研究者検索 詳細画面

このページを印刷する

研究者検索 詳細画面

氏名 友常 勉
(TOMOTSUNE Tsutomu)
所属 職名 国際日本研究センター/准教授
E-mail ttomotsune@tufs.ac.jp
取得学位 博士(学術)(東京外国語大学)2004年
専門分野(科研費分類) 地域研究
思想史
研究キーワード 日本思想史  近現代部落史  宗教と芸能
Japanese Intellectual history, Modern history of Buraku, Religion and Traditional Performances
自己紹介
最終学歴 1989年3月 法政大学文学部哲学科卒業
2003年9月 東京外国語大学地域文化研究科日本地域研究中退
最近5年間の研究 ケガレと身分差別の比較研究
インド・プネーのダリトコミュニティ調査、日本の被差別部落、さらにこれまでのスペイン・バスク地方のアゴテの研究を踏まえて、現代におけるケガレと身分差別の国際比較研究を進めている。さらにインド・プネーのスラムや、日本の寄せ場、北米ロスアンジェルスのスキッド・ロウなど都市スラムとそれらの課題との歴史的関係も考察している。

生政治からみた近世・近代日本思想史
中世後期の禅仏教による儒教受容から近世における儒教の「日本化」および国学、水戸学までを読み直すことで、それらが明治近代の思想に与えた影響を考察している。

宗教神事の観点からみた門付け芸とスペイン・バスクの被差別民の文化運動の比較研究
日本とスペインの被差別民の実践の比較研究をとおして、その歴史性の差異を検討すると同時に、伝統文化の復活が地域文化に与える影響とグローバリゼーションの時代における意味を研究する。

戦後部落解放運動史
文化研究の方法論にもとづく、反差別闘争・同和行政から部落史研究の現在までふくんだ戦後部落解放運動史の調査・研究
所属学会 歴史学研究会
東日本部落解放研究所
社会思想史学会
アメリカ社会学会
アジア学会
民俗芸能学会
主要研究業績 【論文】
  • キュニコスの勝利, 文藝別冊, 173--180, 2013年
  • 雲から抵抗へ、ネクロフィリアの新しい生へ, 現代思想, 41巻6号, 132--140, 2013年
  • マルスとヴィーナス 石牟礼道子と水俣病闘争, ISBN978-4-309-74049-2, 155--166, 2013年
  • 労働・縁起・構想力――宮本常一、中上健次、サビエル・サンチョテナ, 現代思想, 39巻19号, 190--203, 2012年
  • 〈現在〉と詩的言語, 現代思想, 40巻8号, 2012年
  • 門付けの精神史――阿波の木偶箱廻しと出雲の大黒人の詞章・楽曲から, 東京外国語大学論集, 82号, 2011年
  • 狭山闘争の思想史・試論――戦後部落解放運動史のために, クァドランテ[四分儀]地域・文化・位置のための総合雑誌, 41256号, 87--102, 2011年
  • 中国木刻から版画へ――戦後日本の民衆版画運動・序説, 東京外国語大学論集 80号, 80号, 199--228, 2010年
  • 門付のフォークロア――阿波木偶箱廻しを中心に, 東京外国語大学「日本語教育年報」, 1巻14号, 99--107, 2010年
【著書】
  • 戦後部落解放運動史――永続革命の行方, 河出書房新社, 単行本(学術書), 単著, 2012年
  • 脱構成的叛乱――吉本隆明、中上健次、ジャ・ジャンクー, 以文社, 単行本(学術書), 単著, 2010年
  • 始原と反復 本居宣長における言葉という問題, 三元社, 単行本(学術書), 単著, 2007年
【研究発表】
  • Examining the Invention of Folklore Cultures and Beliefs through Minorities' Acts in the Globalization Periods, セッション「人種とマイノリティ」、アメリカ社会学会 第106年次大会, 国際会議, アメリカ社会学会, 口頭(一般), ラスベガス、ネバダ州, 2011年
  • 人間的自然と詩的想像力――ヴィーコと宣長, 表象文化論学会 第3回年次大会 パネル2「構想力と表象の臨界――言霊、芸術、人間的自然, 国内会議, 表象文化論学会, 口頭(一般), 東京大学駒場キャンパス, 2008年
【現地の調査・研究】
  • 伝統文化の現代化と地域文化の創造に関する研究, 徳島県、スペイン・バスク地方, 2008年-継続中
過去10年間に取得した科学研究費補助金・その他の競争的研究経費
  • 科学研究費 基盤研究(C) 伝統文化の現代化と地域文化の創造に関する研究(2010年度-2012年度)

last updated on 2013/12/21